メニュー

野球部

2018.08.21

夏季オープン戦 8月21日 安部球場

再三の好機生かせず…連敗で全早慶戦へ/東北学院大戦

TEAM
東北学院大
早 大
(早)●今西、藤井寛、柴田-重田、岸本
◇(二塁打)小太刀、黒岩×2

 前戦で夏季オープン戦の連勝がストップした早大。この日は東北学院大と一戦を交えた。序盤に先発・今西拓弥(スポ2=広島・広陵)が3点を奪われ、劣勢の展開を強いられる。その後投手陣は無失点を続けたが、打線の援護に恵まれず。毎回走者を出しながらも得点は最終回の1点のみに終わり、1-3で夏季オープン戦2つ目の黒星を喫することとなった。

2回に左前適時打を浴びる今西。序盤の失点が尾を引いた

 この日先発のマウンドに上がったのは、ブラジル遠征後初登板となる今西。初回、テンポよく2死とするが、その後3、4番の連打で一、二塁のピンチを招く。続く5番打者にはファールで粘られた末に中前適時打を浴び、先制点を献上。さらには2回、再び2死としてから9番打者に右越え二塁打を許すと、次打者には左前適時打を浴び2失点目。その際、左翼手から返球を受けた三塁手・福岡高輝(スポ3=埼玉・川越東)が一塁へ悪送球し、打者走者を三塁にまで進めてしまった。悪い流れを断ち切りたい早大だったが、後続の打者が放った遊ゴロを檜村篤史(スポ3=千葉・木更津総合)が一塁へ痛恨の悪送球。野手の度重なる失策により三塁走者は生還を果たし、生まれるはずのなかった3点目を与えてしまった。それでも、その後今西は立て直しに成功し、3回から6回までを被安打1に抑える好投を見せる。さらに、7回以降も救援2人の活躍で、スコアボードに0を並べた。

第1打席で左中間二塁打を放つ小太刀。3安打と気を吐いた

 一方、ここまで好調だった打線は鳴りを潜めた。小太刀緒飛(スポ4=新潟・日本文理)の3安打や黒岩駿副将(スポ4=長野日大)の2本の二塁打などで、毎回のように走者は出すものの得点に結び付けることができず。ヤマ場は4回だった。四球と連打で無死満塁の絶好機を演出すると、3戦ぶりのスタメン出場となった7番・金子銀佑(教2=東京・早実)が打席へ。結果を残しアピールしたい金子だったが、相手左腕・小野寺祐人(4年)の前に空振り三振を喫する。さらに、続く重田慎太郎(文構3=佐賀西)は手痛い併殺打に倒れ、絶好機をものにできなかった。その後も本塁を陥れることができずにいたが、8回に再び早大にビッグチャンスが訪れる。1死から4番・加藤雅樹(社3=東京・早実)が内野安打で出塁すると、5番・吉澤一翔(スポ2=大阪桐蔭)が放った三塁への鋭い打球が敵失を誘う。次打者の小太刀は冷静に四球を選び、1死満塁。ここで金子の代打として登場した三木雅裕(社4=東京・早実)は空振り三振に倒れ、望みは途中出場の岸本朋也副将(スポ4=大阪・関大北陽)に託された。岸本が初球を捉えた打球はライナー性の鋭い打球となったが、その先は惜しくも右翼手の正面。またしても得点はならなかった。結局早大の得点は、最終回1死二、三塁の場面で、相手投手の暴投により得た1点のみ。終始流れをつかむことができず、後味の悪い敗戦となった。

最後まで打線はつながりを欠き、12残塁を喫した

 攻守ともに課題は山積みである。守備においては内野手の悪送球に加え、記録に残らない邪飛の落球もあった。打撃では9回のうち、実に7回も得点圏に走者を進めながら、奪った得点はわずかに1点。このような試合を続けていれば東京六大学制覇は見えてこない。次戦は戦いの舞台を岐阜・長良川球場に移し、全早慶戦を迎える。宿敵・慶大を撃破し、東京六大学秋季リーグ戦への好材料としてほしい。

(記事 中澤紅里、写真 池田有輝、河合舞花)

関連記事

小島が力投も、好機を生かせず連勝ストップ/東洋大戦(8/20)

西垣が粘投!打線で後押しし、快勝を収める/関学大戦(8/18)

社会人相手に粘りの打撃。サヨナラ打で見事勝利!/JX-ENEOS戦(7/30)

 

今後の1軍夏季オープン戦日程
日付 対戦相手 試合開始時間 場所
8/24(金) 駒大 13:00 安部球場
9/1(土) 東芝 13:00 安部球場
9/2(日) Honda 13:00 安部球場
9/16(日) 専大 10:30 安部球場
10/20(日) 明治安田生命 13:00 安部球場