庭球部

2018.08.16

全日本学生選手権 8月15日 岐阜メモリアルセンター

波乱の3日目。前年度チャンピオンの清水がまさかの初戦敗退

 全日本学生選手権3日目は波乱の一日となった。この日も天候に恵まれず、行われたのは女子シングルス2回戦のみ。早大からは7人の選手が登場した。大矢希女子主将(スポ4=愛知・名古屋経大高蔵)、辻紘子(教4=東京・早実)の4年生コンビは快勝で3回戦進出を決めたが、4人が2回戦で姿を消す結果に。昨年度優勝者で今大会第一シードの清水映里(スポ2=埼玉・山村学園)も初戦敗退となり、早くもインカレに大番狂わせの風が吹き始めた。岐阜は明日も悪天候の影響でイレギュラーな試合進行が予想されるが、選手たちには気持ちを切らさずに試合に臨んでほしい。

(記事 松澤勇人)

★粘り見せるもまさかの初戦敗退

相手の力強いショットに苦しめられた清水

 昨年のインカレ覇者、清水映里(スポ2=埼玉・山村学園)がまさかの初戦敗退となった。

 対戦相手は予選から勝ち上がり、勢いがある宮田みほ(明大3年)。ファーストセットから、お互いにキープが続くハードなゲームになる。相手は清水の力強いボールにも難なく対応し、さらには鋭いカウンターショットで清水を苦しめた。タイブレークまでもつれ込んだ末に清水はこのセットを落とし、苦しい展開を強いられる。セカンドセットでは一転して4-0と試合を優位に進めるが、宮田が復調すると4-4と巻き返されてしまう。6-4で逃げ切り、セットカウントをタイに戻したが、清水が「第2セットで締めるところを締められれば良かった」と振り返ったように、流れを引き寄せるまでには至らなかった。ファイナルセットは先にブレークを許し、後がない状況に。勢いづいた相手のスーパーショットも飛び出し、清水は主導権を奪い返すことはできなかった。終盤も相手の流れを止められず、4-6で試合終了。悔し涙が光る、初戦敗退となった。

 「失うものはないくらいの強い気持ちでプレーしてくる相手に対して自分が弱気になってしまったのかな」。プレッシャーはなかったというが、チャンピオンとして臨むインカレの難しさを痛感したことだろう。シングルス連覇はかなわなかったが、清水にはまだダブルスが残っている。同じくシングルス2回戦で敗退した下地奈緒(社2=沖縄尚学)と共に、ダブルスに全てを懸ける。

(記事 佐々木一款、写真 松澤勇人)

★4時間45分の死闘。倉持は新進のリベンジならず

アクシデントに見舞われながらも奮闘した倉持

 試合時間4時間45分。フルセットの死闘の末、倉持美穂(商2=東京・早実)は2回戦で岐阜を去ることとなった。

 2回戦の相手は同学年の坂本はな(専大2年)。今年2月に行われた関東学生新進選手権(新進)でも敗れた相手で、リベンジを期して試合に臨んだ。両者共に安定したストロークが武器の選手であり、試合は開始直後から長いラリー戦となる。その中で、「少し焦って自分から打ってミスをしてしまう場面が多かった」と振り返るように序盤は倉持にミスが重なり、ファーストセットを3-6で落とした。気持ちを切り替えて迎えたセカンドセットはシーソーゲームとなるが、5-5で迎えた相手のサービスゲームで倉持が驚異的な粘りを発揮。0-30から4連続ポイントでこのゲームを奪い、勝負はファイナルセットに突入した。そのまま流れに乗っていきたいところだったが、ここで倉持にまさかのアクシデント。足をつってしまい、しゃがみ込んでしまう場面も。痛みをこらえながらもなんとかプレーを続けるが、相手に簡単にエースを取られてしまう苦しいポイントも増えた。それでも倉持は気迫で戦い続け、なんとかタイブレークまで突入。相手のマッチポイントを2本しのぐ粘りも見せたが、最後はタイブレーク7-9で力尽きた。

 2年目のインカレを振り返って、悔しさをあらわにした倉持。それでも、「体調を万全にして臨むことが一番大事だと気づかされた」と今後につながる大会となったようだ。次なる戦いは関東学生選手権。昨年のベスト16超えを目標に上位進出の機会をうかがう。

(記事、写真 松澤勇人)

結果

▽女子シングルス2回戦

〇大矢希女子主将6-1、6-0平松詩菜(東海学園大)

〇辻紘子6-1、6-1竹之内咲紀(西学大)

●森川菜花4-6、1-6伊藤沙弥(立命大)

●倉持美穂3-6、7-5、6(7)7坂本はな(専大)

●清水映里6(3)7、6-4、4-6宮田みほ(明大)

●下地奈緒4-6、1-6小松莉奈(東学大)

関連記事

全日本学生選手権展望(08/12)

関連特集

インカレ直前特集『SUMMER WARS』(08/09)

コメント

倉持美穂(商2=東京・早実)

――終盤はアクシデントがありましたが、足をつってしまったのでしょうか

そうですね。足と手です。

――つってしまったのはいつ頃でしょうか

ファイナル入ってすぐだったと思います。

――アクシデント前は、セカンドセットを奪っていい流れだったと思いますが

でもそう簡単に、上手くはいかないだろうなとは思ってました。

――アクシデント後のプレーは厳しいものでしたか

やっぱ動かされると痛くて、でもやれることはやろうと思って頑張りました。

――同期の皆さんの応援もありました

毎ポイント声を掛けてくれて、すごく心強かったです。

――ファーストセットを振り返って

つなげてくる相手なので、ああいった相手とやるときは焦ってはいけないんですけど、少し焦って自分から打ってミスをしてしまう場面が多かったですね。

――相手は関東学生新進選手権(新進)でも敗れた相手でしたが、勝ちたい気持ちは強かったですか

そうですね、新進のときも焦って負けてしまったので、簡単に勝てる相手じゃないとは分かってたんですけど、やっぱり勝ちたかったですね。

――2年目のインカレを振り返って

体調面の弱さが今回出てしまったので、悔しいですね。インカレの前からちょいちょいケガとかもあって、万全の状態で臨むことが一番大事だって気づかされましたね。

――来週の関東学生選手権での目標は

去年を超えたいです。超えられるように頑張ります!

清水映里(スポ2=埼玉・山村学園)

――今の率直な心境を教えてください

「悔しい」の一言です。

――宮田選手にはどんな印象を抱かれていましたか

試合前は、(相手の)1回戦は見ましたが特に意識はしていなかったです。宮田さんはガッツがある選手なので、向かってくるのは前から分かっていました。きょうは、いつもはミスをしてくれるボールもコースにしっかり返されて、サーブ力もあって、調子もよくて強かったです。

――第1シードであることにプレッシャーはありましたか

自分では意識していなかったですが、失うものはないくらいの強い気持ちでプレーしてくる相手に対して自分が弱気になってしまったのかなと思います。それがプレッシャーだったということなのかなと思いました。

――勝敗を分けた場面はありましたか

第二セットで4-0まで順調に行った後に4-4まで巻き返されてしまって、最終セットに余裕を持って臨むことが出来なかったので、第二セットで締めるところを締められれば良かったかなと思います。

――明日以降の意気込みをお願いします

まだダブルスがあるので、明日からはダブルスに気持ちを切り替えて頑張ります。