軟式庭球部

2018.08.08

全日本大学対抗選手権 8月7日 岡山・浦安総合公園テニスコート

7連覇に向け順風満帆!

 現在のチームになってからも団体戦では無敵の早大。今年の全日本大学対抗選手権(インカレ)で優勝すると、男子部では大会史上初の7連覇となる。この日は名大、岡山大、中京大と対戦し、1試合も落とさない確かな実力を見せつけベスト8進出を決めた。

勝利を喜ぶ安藤

 このインカレは通常の団体戦とは異なり、最大で5試合の殲滅(せんめつ)戦(※1)である。シード校である早大は、初戦(2回戦)の相手である名大を一次戦で下した。1番の長尾景陽(社3=岡山理大付)・松本倫旺(スポ3=熊本・済々黌)組、続く船水颯人主将(スポ4=宮城・東北)・上松俊貴(スポ2=岡山理大付)組が安定したプレーで勝ちを重ね、3番には安藤優作(社4=岐阜・中京)・内田理久(社2=三重)組が出場。なんとこの試合、1ポイントも取られることなくストレート勝ちを決め、圧倒的な力を見せた。3回戦の対戦校は地元開催で応援にも力が入る岡山大だ。早大はオーダーを変え、1番には内本隆文(スポ3=大阪・上宮)・松本組を送り出す。左右に振られ思うように流れをつかめずファイナルまでもつれ込んだものの、最後には松本がボレーショットをしっかりと決め白星を得た。結果この試合も一次戦のみで終わり、順調に4回戦へと駒を進めた。

得意のボレーでポイントを重ねた松本

 4回戦の相手は中京大だ。3回戦から3時間以上空いた試合だったが、早大の勢いはとどまることを知らない。1番の長尾・松本組は、パワーのあるストロークやラインぎりぎりを狙う鋭い球を用いて相手を翻弄(ほんろう)。終始主導権を握り続け4-0で制した。2番の船水・上松組も快勝すると、最後は安藤・内田組だ。2ゲームを落としたものの、内田のスマッシュや安藤の相手のミスを誘うプレーで勝利。この日は二次戦を迎えることなく試合を終えた。

 あすはいよいよ8強が集う力の見せ所。注目はやはり岡山出身である上松だ。今大会の看板を飾るほど地元からの期待も高い。強豪校との対戦では上松の活躍が必須だ。また、4年生と共に全国規模の団体戦に挑むのもあすが最後となる。「(4年生には)ちゃんと笑顔で、最後を優勝で飾らせてあげたい」(松本)。果たして団体戦を大団円で締めくくることができるのか。あすも闘志満々の早大から目が離せない。

試合前チームで円陣を組む

※1 3ペア出場の殲滅(せんめつ)戦形式で、第3試合までが一次戦、第4試合は二次戦、第5試合を三次戦と呼ぶ。

(記事 今山和々子 写真 山浦菜緒 吉岡拓哉)

結果

▽二回戦

○早大 3-0 名古屋大

1次戦

〇長尾・松本 4-0 丸山・渡邊

○船水・上松 4−1 小林・松田

○安藤・内田 4-0 武田・金森

▽三回戦

○早大 3-0 岡山大

1次戦

○内本・松本 4-3 西川・神保

○船水・上松 4−0 津田・芳野

○安藤・内田 4-0 堀田・日笠

▽四回戦

○早大 3-0 中京大

1次戦

○長尾・松本 4-0 森江・加藤(稜)

○船水・上松 4−0 加藤(裕)・寺窪

○安藤・内田 4-2 石川・松山

コメント

小野寺剛監督(平元教卒=東京・巣鴨学園)

――インカレに向けてどのような調整を行いましたか

いつもと変わらないですね。監督よりはマネージャー、キャプテンがチームを引っ張るのがうちの伝統なので。今日はちょっと就職試験で佐々木(一輝、人4=埼玉・早大本庄)がいませんけど。普段通り、キャプテンの船水(颯人、スポ4=宮城・東北)とマネージャーの佐々木で調整してくれたみたいです。優作(安藤、社4=岐阜・中京)もいるので何の心配もなく任せられています。キャプテンがストイックな颯人ですからチームの言葉も引っ張って背中も引っ張ってくれるタイプなのでそういう意味ではここまで順調にきてると思います。

――今日の試合振り返っていかがでしょうか

ちょっと颯人が空回りしてる部分がありましたね。でもやればだんだん良くなってきて、最後の試合なんかは一番出来が良かったので。上がってくると思うので、明日の準々決勝の日体大戦、向かっていってやってければいいかなと。今日の出来としては何の問題もなかったですね。

――岡山大戦では少しオーダーが変わりましたが

あれは長尾(景陽、社3=岡山理大付)・松本(倫旺、スポ3=熊本・済々黌)の正規のペアで、内本・星野(慎平、スポ4=奈良・高田商)の星野が病気で出れないので。その両ペアが同じくらいなので、キャプテンの船水が長尾、内本は使っていこうという話だったので予定通りのオーダー変更で。3試合目はどっちを出してもよかったんですけど、内本が岡山に来る前に体調が悪かったこともあって、3試合目は長尾でいきました。明日はまだどうするか決めてないです。

――4年生最後のインカレですか監督としてどのような思いがあるでしょうか

(今の4年生は)去年も上級生を優勝させようと出て頑張ってくれたんですけど、昨日の夜のミーティングでも話してたんですけど、今年は自分たちが全力でやると言っていたので、そういう意味では颯人と優作は一年間ずっと全試合出てますので(インカレが)最後の試合だなあと思ってみてました。もうあとやっても3試合しかできないので感慨深いものを感じましたね。少しでも早く試合は終わってほしい気持ちもあるんですけど、少しでも長く試合を見ていたい気持ちもあります。

――監督から見て調子の良い選手などいらっしゃいますか

安藤・内田(理久 社2=三重)はいいですね。長尾もよかったし、一番もたついたのはキャプテンの船水くらいでしたね。松本がペアリングが変わって少しバタバタしましたが難しいところもあったので予定通りで。みんな調子いいですね。8/2から合宿に入ってるんですけどキャプテンの船水が「調子いいです」って言ってたのでなんの心配もしてないです。順調にきています。

――最後に明日に向けて

順調でも試合は7ゲームという短いゲームということもあってどうなるかはわからないですけど、もちろん優勝は狙いますが、勝ち負けというよりもしっかり自分たちのテニスをやってそれを上回られたら仕方ないと。まあ上回られることはないと思うんですけど。変なプレッシャーとか向かってくるのを受けるだけじゃなくて自分たちから向かうテニスをしようと話そうと思ってます。

長尾景陽(社3=岡山理大付)・松本倫旺(スポ3=熊本・済々黌)組

――インカレ(全日本学生選手権)に向けての調整はいかがでしたか

松本インカレは星野さん(慎平、スポ4=奈良・高田商)がけがをしていて、このペアで臨むのは前から分かっていたんで、やはり出るからには誰かの代役ではなくて、レギュラーだという気持ちで頑張ろうと思いました。

長尾内本(スポ3=大阪・上宮)が昨年からずっと出ていて、ペアだった慎平さん(星野)がいないということで、どちらを出すかということになっていたので、いつでも出られるように合宿前から準備はしていました。

――きょうの試合を振り返っていかがですか

松本1試合目と最後の3試合目は特に思いつくことはないんですけど、2試合目でペアが長尾ではなくて内本に代わったときに、普段と違う感じになっていつも通りにできなかったので、もしこれからもペアが代わることがあったら、そういうときはいつもと同じようにできるようにしたいなと思いました。

長尾3試合目の中京大戦では、試合前の空き時間が長かったので体が硬くなってしまいがちなんですが、1番ということだったのでしっかり体を動かせる万全な状態にしてから試合に臨めました。

――インカレの団体戦出場は初めてでしたが、重圧はありましたか

長尾そうですね。でも強い4年生がいるので、負けてもいいわけではないですけど、リラックスした感じで試合には臨めていますね。

松本僕は一応1年生のときにはインカレに出たので、そこまで緊張感はなくて、やはりインカレの雰囲気を最初に味わう1試合目が一番緊張したかなと思います。

――4年生は今回が最後のインカレで引退が近いですが、何か思い入れはありますか

松本3年生と4年生なので、やはり一番4年生とは同じ時間を過ごしているので、あと(引退までの)3試合は4年生のために、最後は笑顔で(終われるように)、優勝で飾りたいなと思います。

長尾4年生にとってインカレが一番大事な大会なので、今までずっと勝ってきてお世話になった4年生に最後は優勝させてあげられるように明日から頑張りたいと思います。

――明日に向けての意気込みをお願いします

松本明日の初戦が日体大戦なので、初戦から厳しくなるとは思います。あと3試合で楽な試合はないと思うので、いくらワセダが強いと言われていても相手は向かってくるし、何が起こるか分からないと思うので、気を引き締めて優勝を目指したいと思います。

長尾明日自分が出るかは分からないですけど、いつでも出られる準備をしておいて、松本も言ったように何が起こるか分からないので、そんなに気負わずにいつも通りやっていきたいと思います。