野球部

2018.07.30

夏季オープン戦 7月29日 安部球場

社会人相手に粘りの打撃。サヨナラ打で見事勝利!/JX-ENEOS戦

TEAM
JX-ENEOS
早 大 3×
(早)西垣、熊切、柴田、○早川-岸本
◇(本塁打)小太刀2号2ラン(2回)(三塁打)吉澤(二塁)黒岩

 台風の影響で試合開始時刻が遅れるかたちとなったが、国際大会に出場していた主力メンバーも帰国し、万全の状態で臨んだJX-ENEOS戦。1回表に先発の西垣雅矢(スポ1=兵庫・報徳学園)が大量失点するも、2回裏に小太刀緒飛(スポ4=新潟・日本文理)の本塁打で2点を返すなど3回までに6点を挙げ、逆転に成功。その後は投手陣がきっちりと抑え、このまま試合終了かと思われたが9回表、相手チームの猛攻で2点のリードを許す展開に。しかしその裏、早大も粘りの打撃で1点差まで追い上げ、2死満塁から黒岩駿副将(スポ4=長野日大)がサヨナラ打を放ち試合を決めた。

反撃ののろしを上げる本塁打を放った小太刀

 この日先発のマウンドに上がったのはルーキーの西垣。初回から社会人チームの強力打線に苦しみ、4本の二塁打を含む6安打を浴びていきなり5点を失う。一方の打線は、悪い流れを一切感じさせない。2回に岸本朋也副将(スポ4=大阪・関大北陽)が四球で出塁すると、続く6番の小太刀が初球を捉えた痛烈な打球は右越え本塁打となり、2点を返す。勢いそのままに3回も打線が爆発。3番・福岡高輝(スポ3=埼玉・川越東)が遊撃内野安打で出塁すると、加藤雅樹(社3=東京・早実)もそれに続き、中前に鋭い打球をはじき返した。そして前打席で本塁打を放った小太刀が死球で出塁し1死満塁となると、続く吉澤一翔(スポ2=大阪桐蔭)にあわや満塁弾の中越え3点適時三塁打が飛び出し、ついに同点に追い付く。その後敵失によってさらに1点を加え、逆転に成功。その後は両チームとも安打は出るも得点には結び付かない展開が続いた。

1回をピシャリと抑えた熊切達哉(スポ4=兵庫・尼崎小田)

 このまま逃げ切りたい早大は最終回に早川隆久(スポ2=千葉・木更津総合)を投入するも1死一、二塁のピンチを背負う。次打者に中越え2点適時打を浴びて逆転を許すと、その後さらにもう1点を献上し2点リードされるかたちで、最後の攻撃を迎えた。9回裏、1死から福岡が左前打を放つと加藤が四球で出塁。ここまで当たりがなかった岸本も2ストライクと追い込まれてから意地の初安打でなんとかつなぎ、1死満塁と好機を拡大する。この場面で好調の小太刀に打席が回ってきたが、きょう2つ目の死球を受けて押し出しとなり、思わぬかたちで1点を返した。このまま続きたい吉澤だったが、バットは空を切り2死満塁。ここで回ってきたのは8回から左翼手として出場していた黒岩。一打サヨナラの場面、2球目を捉えた打球は中堅手の頭上を越えた。この間に走者2人が生還し、ベンチは興奮に沸き返った。

劇的なサヨナラ打を放った黒岩

 7月31日からのブラジル遠征前最後の試合。打撃陣の活躍が目立った一戦となった。安打の積み重ねと相手の失策もあり終わってみれば9―8。投手陣も流れが断ち切れないという課題はあったものの、社会人相手に三振を奪うなどテンポの良い投球をする場面も多かった。遠征後は夏季オープン戦後半、そして東京六大学秋季リーグ戦での王者奪還に向け一回りも二回りも成長し、きょうのような、いやきょう以上の試合を見せてくれることを期待してやまない。

(記事 飯塚茜、写真 宅森咲子、宇根加菜葉)

関連記事

岩本、打って守って大活躍!主力不在の中、オープン戦連勝を収める/城西国際大戦(7/14)

稲穂打線が猛威を振るう。大量14得点で夏季オープン戦開幕!/明学大戦(7/07)

 

今後の1軍夏季オープン戦日程
日付 対戦相手 試合開始時間 場所
8/18(土) 関西学院大 10:00 安部球場
8/19(日) 東洋大 10:00 安部球場
8/21(火) 東北学院大 10:30 安部球場
8/24(金) 駒大 13:00 安部球場
9/1(土) 東芝 13:00 安部球場
9/2(日) Honda 13:00 安部球場
9/16(日) 専大 10:30 安部球場
10/20(日) 明治安田生命 13:00 安部球場