ソフトボール部

2018.07.09

東日本大学選手権  7月8日  東京・町田市民球場

富士大に雪辱!前回女王も撃破で準決勝へ

 東日本大学選手権(東日本)2日目。この日、早大ナインにとって絶対に負けられない試合が東京・町田市民球場で行われた。対戦相手は、昨年東日本と全日本大学選手権(インカレ)の二度にわたって早大の前に立ちはだかった宿敵・富士大。「全身全霊をかけて頑張っていきたい」(廣瀬夏季、スポ3=北海道・とわの森三愛)と選手も意気込んだこの一戦だったが、序盤から先制を許す厳しい展開になる。しかしその後、落合未稀(人4=栃木・大田原女子)の活躍で同点に追いつくと、終盤には勝ち越しに成功。そのままリードを守り、見事一年越しのリベンジを果たした。勢いそのままに臨んだ次戦では、昨年の大会覇者である城西大を撃破。強敵相手に2連勝を飾り、優勝までのマジックナンバーを『2』とした。

 ★富士大に勝利!一年越しの雪辱を果たす<
東日本大学選手権
早 大
富士大
投手…〇伊藤、増田-加藤、手塚
◇(本塁打)なし

同点打を放ち、塁上でガッツポーズをする落合

  1試合目、重要な戦いの先発を任されたのは、昨年のインカレでもスターターを務めた伊藤貴世美(スポ2=千葉経大付)。初回からピンチを招くも、「警戒すべき相手をしっかり分析して、一人一人特徴を見て投球できるように(意識していた)」と落ち着いた投球を見せ、無失点で切り抜ける。しかし2回、2死から四球と長打で1点を失うと、続く相手一番打者にチェンジアップを拾われ計2失点。好投手を擁する富士大相手に、痛い先制点を奪われてしまう。嫌な雰囲気が漂う中、空気を一変させたのは、昨年の悔しさを忘れなかった最上級生だった。3回表、岡田夏希(社3=神奈川・厚木商)が死球で出塁すると、その後野選と進塁打で一、三塁の好機をつくる。続く打者が打ち取られ、二死の場面で打席には4年生の落合が入った。「勝ちたいという気持ちが強すぎて、ちょっと力が入ってしまった」と振り返ったが、相手投手の7球目を振り抜いた打球は左翼手の頭上を越え、同点適時二塁打に。一年分の思いを込めた一打を放った落合は、塁上で会心のガッツポーズを決めた。

 その裏を伊藤が無失点に抑えると、続く4回、早大は早くもクローザーの増田侑希(スポ1=香川・高松南)を投入する。驚異的なキレのストレートで相手打者を圧倒し、この回を三者凡退に切って取ると、直後の5回表に打線がまたも火を吹く。四球と手塚麻菜美(スポ4=北海道・とわの森三愛)の二塁打で二、三塁の好機をつくると、二死ののち、打席にはまたしても落合。失投を逃さず捉え、右中間に「イメージ通り」(落合)の適時三塁打を放つと、中継がもたつく間に自身も生還。一挙3点を奪い、勝ち越しに成功した。5回裏には増田が連打と犠飛で一点を失うも、後続を断ち最小失点で切り抜ける。炎天下でのロングリリーフとなったが、「あまり疲れは感じなくて」と6回、7回を三者凡退に打ち取り、試合終了。つけ入る隙のない投球で勝利を飾り、ようやく雪辱を果たした。

(記事 望月優樹、写真 山田流之介、尾崎克)

 ★前回大会女王を撃破!頂点まであと2勝
東日本大学選手権
早 大
城西大
投手…〇廣瀬、伊藤、増田-手塚、加藤
◇(本塁打)なし

城西大を2回無失点に封じた増田

  3回戦へと駒を進めた早大は、続いて前回大会王者の城西大と対戦した。初回、相手投手の立ち上がりを攻め、1番・神樹里乃(スポ3=北海道・とわの森三愛)と2番・落合の連打で無死一、三塁の好機を演出する。この好機を逃すことなく、次打者・丹野ちさき(人2=岩手・一関一)が右翼へ犠飛を放ち、早くも先制に成功。なおも1死二塁の得点機で後続の川崎楽舞(スポ3=千葉・木更津総合)、増子奈保(スポ3=東京・日出)が連打で畳み掛け、さらに2点を追加した。序盤に3点のリードを奪って流れを手繰り寄せると、先発の廣瀬夏季(スポ3=北海道・とわの森三愛)も1、2回を三者凡退に切って取る。3回には1死三塁からの内野ゴロで1点を許したものの、先発投手としての役目を果たし、マウンドを伊藤に託した。

 廣瀬からマウンドを継いだ伊藤。冷静に二つのアウトを重ねるが、その後四球と安打が絡み満塁のピンチを招く。続く打者に投じた2球目が投手強襲の内野安打となり、相手に2点目を与えてしまう。依然として二死満塁。一打出れば逆転となる正念場で、伊藤は目の前の打者だけに集中した。「打たれるという気持ちはなかった」(伊藤)。後続を中飛に打ち取り、わずか1点のリードを守り抜く。一方の打線は2回以降、調子を取り戻した相手投手に苦戦。5回は2死二塁から丹野の左前打で、神が一気にホームを狙う場面も見られたが、好返球に阻まれて間一髪タッチアウト。好機はつくるものの追加点を奪えず、歯がゆい展開の中で迎えた最終回の攻撃。先頭打者の岡田夏希(社3=神奈川・厚木商)と続く加藤の連打で無死一二塁とする。後続が倒れ2死となるが、打席には富士大戦で4打点を挙げた落合が入った。追い込まれてからファールで粘り、追加点への執念を見せる。しかし投じられた10球目、高めの球にバットは空を切ってしまい、またも好機を生かすことができなかった。嫌な流れのままに、3−2と1点差のまま迎えた最終回裏。守護神・増田が6回から引き続きマウンドに立った。先頭打者は打ち取ったものの、その後連打を浴び1死一二塁と、逆転サヨナラの危機を迎える。ここで野手からは「バッターだけ(に集中しよう)」との声が。その言葉を信じ、増田は後続を二直、中飛に打ち取って試合終了。城西大の追い上げをかわし切り、見事準決勝進出を決めた。

2試合目の得点時、肩を組んで『紺碧の空』を歌う早大

 強豪相手に連勝を決め、波に乗る早大。打線は2番・落合が機能し、得点力が格段に上がっている。一方投手陣は、ゲームメイク能力に長けた伊藤、廣瀬に加え、絶対的守護神である増田をも擁する。投打ともに力をつけ、次に臨むのは準決勝の舞台だ。壁は高いが、打ち破る力は十分にあるだろう。『頂』まではあと2勝。進化著しいワセダナインが、東日本の覇者となる。

(記事 中澤紅里、写真 望月優樹)

関連記事

順当にコールド勝ち!いざ一年越しの雪辱を/東日本大学選手権(7/09)

コメント

伊藤貴世美(スポ2=千葉経大付)

――前回大会から修正した点は

前回は投げたい球を投げられずに終わってしまっていたので、今回は自分の持っている球を生かせるように配球を組んだりとかしました。前回は調子が悪くて、ストライクを取りたくても(球が抜けてしまって)取れなかったことが多かったんですけど、そこに関してはストライクを取りに行こうとして取れたのでよかったのかなと思います。ただ、少し失投があったので、そこは課題かなと思います。

――富士大戦は先発でしたが、試合の入りで気をつけていた点は

昨年のインカレと東日本で富士大と対戦していたので、その点で警戒するべき相手をしっかり分析して、一人一人特徴を見て配球できるようにするというのと、そこで失投が無いように、というのを意識していました。あとは少し厳し目になってしまったんですけど、積極的に振りにくるチームだったので、攻め気で投げるというのを意識しました。

――富士大についてはどのように分析していたのでしょうか

すごい細かくではないですが、警戒する相手とか、チームの特徴、投手の特徴とか分析してました。昨年の試合のビデオや練習風景を見たりとか、他チームからの情報を仕入れたりしました。

――2試合目は1点を与えてなおも一打逆転のピンチでしたが、気持ちの面ではいかがでしたか

ツーアウトから走者をためてしまって、エラーや四球があったのは反省だったんですけど、その時は打たれるという気持ちはなくて、ただしっかりピンチの場面でも打者集中でやれば抑えられると思ったので、そこに集中して投げ込むことを意識しました。

――次戦への意気込みをお願いします

あすは無失点で抑えられるように、他の投手とも連携をとって、優勝できるように頑張りたいと思います。

増田侑希(スポ1=香川・高松南)

――二試合とも勝利となりましたが、試合を終えられて率直な感想はいかがですか

とりあえず今思っているのは「良かったな」ということで、安心しました。一試合目の相手(富士大)が、(早大が)2連敗していた相手で。よく打つし走るチームだと聞いていたので、自分の力でいけるのかと思ったんですけど、キャッチャーの方のリードも凄く良かったので、自分なりに良いピッチングができたんじゃないかなと思います。1試合目も2試合目もそうなんですけど、野手の方、先輩たちにすごく助けられたので、やっぱり「先輩は凄いな」と感じました。

――1試合目では、リーグ戦中あまり機会の無いロングリリーフでの登板だったと思います。終盤になるにつれて疲れなどはありましたか。

あまり疲れは感じなくて。ただずっと楽しんでいました。

――2試合目は走者を背負う場面が多い中での登板となりました。どういった心境で打者と対峙していたのでしょうか

野手の先輩たちが「バッターだけ、バッターだけ(に集中しよう)」と言ってくれていたので、じゃあもうランナーのことは先輩たちに任せようと思って。自分はもう、バッターを抑えにいくことだけを考えられたので、そこが多分良かったんだと思います。

――GEM3(U19)日本代表として先日まで海外に遠征されていましたが、そこでの経験で今日に活かされたものはありますか

U19のときは決勝で、一人で全部投げさせてもらえて。そこで学んだのは、最後までずっと強気で攻めていくピッチングをすれば、どんな場面でも切り抜けられるんだということでした。なので、今回もランナーを背負う場面が多かったんですけど、そのときに、学んだ『攻めていく姿勢』が活きました。

――連戦が続くなかでの明日の試合ですが、意気込みをお願いします

私は今抑えとして投げさせてもらえているので、その抑えという責任をもって。先輩の次に自分の力を出し切れるようなピッチングができるように、頑張っていきたいと思います。

落合未稀(人4=栃木・大田原女子)

――1試合目の第3打席、勝ち越し三塁打を放ちました。どういうことを考えて打席に立ちましたか

昨日全体でミーティングするなかで、一人一人先生と「明日はどういう風に打ちます」という宣言をして、今日(の試合に)入って。そのミーティングで自分のイメージが確立されて、イメージ通りに右中間に打てたので。

――打った時の感触はどうでしたか

芯で捉えることをすごくイメージしていたので、真芯で捉えられたという感じでしたね。

――相手の富士大は去年からの因縁の相手でしたが、それについて特別な思いなどはありましたか

チームとしても2連敗していて、私も地元の知り合いなども(富士大に)いて、「勝ちたいな、絶対負けられないな」という気持ちで臨んだので。勝ちたいという気持ちが前に出過ぎて、ちょっと力が入ってしまったかなというところもあったんですけど。勝ててよかったと思います。/p>

――春季リーグ戦までは打順が3番でしたが、今回の試合では2番でした。打順に関して思うことはありましたか

私たちの打順の組み方的に、最初の方で点を取ってしまおうという。初回から先頭打者が(塁に)出て、私も出るか、私で(走者を)返すかという気持ちで(打席に)入っているので。一、二番でしっかり点を取りたいなっていう風に思っているので、一番が生きて、私も生きてというかたちをつくりたいなと思っています。

――最後に、これからの意気込みをお願いします

最近ワセダは東日本でもインカレでも全然勝てていないので、そこで結果を残して。まだインカレが残っているので、この東日本で結果を残して、勢いをつけて練習にも取り組んでいきたいと思っているので。まずは明日の試合を全力で取り組んでいきたいと思います。