卓球部

2018.06.22

関東学生選手権 6月22日 埼玉・所沢市民体育館

8人がランク入りを達成!

 関東学生選手権は2日目を迎え、男女シングルスのランク入り(ベスト16)決定戦までが行われた。昨日結果が振るわなかった男子は平野晃生主将(スポ4=山口・野田学園)、硴塚将人(スポ3=東京・エリートアカデミー/帝京)、緒方遼太郎(スポ2=東京・エリートアカデミー/帝京)の3人がランク入りを決めた。女子シングルスは阿部愛莉(スポ4=大阪・四天王寺)、徳永美子女子主将(スポ4=福岡・希望ヶ丘)ら主力選手が順調に勝ち上がった。

 男子シングルスでは春季関東学生リーグ戦での主力メンバーが力を発揮する。シード選手として4回戦から出場した硴塚は初戦から動きがきれ、3-1で勝利。続く試合もコースをついたバックハンド、安定感のあるブロックが冴え渡りランク入りを果たした。一方同じシード選手の平野は初戦で手間取る。回転がかかった両ハンド攻撃に苦しみ、1ゲーム目を落とし、2ゲーム目も得点を先行される。だが経験豊富な平野は修正力も高かった。先に攻める展開を作り、持ち前の速攻攻撃で得点。カウンターも次々に決めて逆転で勝利した。5回戦では明大、6回戦は専大と強豪との対戦だったが、1ゲームも与えることなく圧倒。主将として強さをみせつけた。早大から最後に登場した緒方は試合時間の関係上、休憩が短い間隔での試合となるが、疲れを見せないプレーで明日のラウンドに駒を進めた。また敗れはしたものの村上奨記(社3=岩手・高田)が第1シードの田添響(専大)とフルゲーム、飯沼周也(社2=岐阜・富田)もランク入りにあと一歩と迫り、リーグ戦で出場がなかった選手が活躍。チームとして底上げができていることを証明した

安定した強さを見せランク入りした平野主将

 女子シングルスでは阿部が4回戦で2ゲームを取られる苦しい展開になる。それでも2年前の優勝者は慌てない。相手のスマッシュをそのままの威力で跳ね返すなどの高度な技術も見せ、フルゲームまでもつれた熱戦を制した。勢いに乗った阿部に死角はなく、6回戦も危なげなく突破を決めた。今大会初出場となった笹尾明日香(社1=神奈川・横浜隼人)は春季関東学生リーグ戦で無敗という実力を今大会でも発揮する。機をみてのレシーブ強打、速度の速いスマッシュは威力抜群。相手に付け入る隙を与えなかった。徳永も危なげない試合展開で押される場面を作らせず、勝ち上がる。金子碧衣(スポ3=愛知みずほ大瑞穂)、加藤結有子(スポ2=東京・エリートアカデミー/帝京)の2人も続き、合計5人がランク入り。昨年のランク入り2人から大幅に人数を増やし、1年間での成長を感じさせた。

勝負強さを見せて自身初のランク入りを達成した加藤

 女子は苦戦したものの勝ち切り、相変わらずの盤石の強さを誇る。男子もランク入りした選手は3人となり、勝ち残れなかった選手も強豪相手に奮闘。男女ともに良い雰囲気のなかで試合ができている。明日も実力者たちを相手にしっかり勝ち切り、優勝に向けて歩を進めたい。

(記事 喜柳純平、写真 吉田寛人)

関連記事

ダブルスは男女で明暗が分かれる結果に/関東学生選手権(6/21)

結果

▽男子シングルス

4回戦

○平野3-1藤本(駒大)

○緒方3-0南波(法大)

○五十嵐3-0渡辺(法大)

○硴塚3-1田中(日体大)

○葉波3-1田口(日大)

○福田3-0赤松(慶大)

○村上3-2大槻(法大)

○飯沼3-2出雲(中大)

●泉0-3青山(法大)

●伊志嶺1-3村田(筑波大)

5回戦

○平野3-0稲津(中大)

○川上3-1岩城(中大)

○緒方3-0渡辺(専大)

○五十嵐3-1羽佳(明大)

○硴塚3-0和田(中大)

○葉波3-0関口(東京経済大)

●福田0-3龍崎(明大)

●村上2-3田添(専大)

●飯沼2-3佐藤(法大)

6回戦(ランク入り決定戦)

○平野3-0吉田(専大)

○硴塚3-1遠藤(明大)

○緒方3-2菅沼(明大)

●葉波0-3酒井(明大)

●川上2-3渡井(駒大)

●五十嵐2-3高橋(中大)

▽女子シングルス

4回戦

○徳永3-0小島(国学院大)

○阿部3-2宇田(専大)

○金子3-1田中(中大)

○林3-1三條(青学大)

○加藤3-0伊藤(中大)

○笹尾3-1菊池(東京富士大)

●鎌田2―3竹前(日体大)

●岩越0-3中村(中大)

●須黒1-3金原(日大)

5回戦(ランク入り決定戦)

○徳永3-1梅村(中大)

○阿部3-0滑川(東京富士大)

○金子3-1陳(大正大)

○加藤3-1李(東京富士大)

○笹尾3―1竹本(淑徳大)

●林1-3田口(筑波大)