水泳部

2018.06.18

関東学生リーグ戦 6月17日 千葉・秀明大ウォーターポロアリーナ

新潟産大と再び対戦し、リーグ戦2勝目!

TEAM 1P 2P 3P 4P
新潟産大
早大
▽得点者
百田3、塗師2、小泉1、菅野1、土屋1、松本1、
 

 関東学生リーグ戦(リーグ戦)は対戦を一巡し、この日から二巡目を迎える。今回は先週も対戦した新潟産大と再び一線を交えた。きのうの試合後、きょうの新潟産大戦について「前回10-5であまり得点差がつけられなかったので、ディフェンスをしっかりしてちゃんと勝つようにしたい」と小泉まお(教4=東京・中大付)は語った。前半から順調に攻め込み、中盤では少し失速が見られたものの9-4で勝利となった。

 第1ピリオド開始直後、土屋セナ(創理2=千葉・芝浦工大柏)のワンタッチで先制点を獲得した早大。その後も順調に点を重ねていく。時折相手がシュートを放つ場面も見られたが、松岡美有主将(スポ4=埼玉・秀明英光)の好セーブや、ゴール前のディフェンスで得点を許さない。第2ピリオド残り40秒で新潟産大の選手が放ったミドルシュートで1点を献上したものの、6-1と幸先のよいスコアで前半を折り返した。

早大最多得点をあげた百田恵梨花(社3=埼玉・秀明英光)

 このまま点差を広げていきたい後半戦。しかし修正を加えてきた相手に苦戦し、互いに一歩も譲らない時間が続く。試合が動いたのは第3ピリオド開始4分を過ぎたころ。相手のシュートが早大ゴールに吸い込まれた。その後、塗師葵(社1=東京・藤村女)が点を入れるも、第3ピリオドでの早大の得点はこの1点にとどまった。そして最終ピリオド開始直後、新潟産大の選手が永久退水(※1)(※2)を取られる。人数で優位に立った早大。この流れで攻め込んでいきたいところだったが、なかなか得点に結びつけることができず、さらには相手に1点を返される。しかし終盤、百田や菅野 瑛生(スポ2=東京・藤村女)が放ったシュートが得点につながり、9-4で試合終了となった。

終盤、シュートを決めた菅野

 新潟産大との2度目の対戦であっただけに、「ちゃんと勝つようにしたい」(小泉)と意気込んで臨んだこの試合。結果は9-4で、前回と同じ5点差での勝利となったが、失点を1点減らすことはできた。一方で、「思い通りに退水(※1)のオフェンスができなかったことが課題」と塗師は振り返る。リーグ戦も残すところあと2試合。さらなるレベルアップをしながら戦い抜いてほしい。

(記事・写真 池田春花)

※1重大なファウルを犯した選手は、20秒間ディフェンスに参加できない。
※2退水が累積3回となった選手は、残り時間出場できない。

塗師葵(社1=東京・藤村女)

――きょうの試合全体を振り返っていかがですか

勝ち切れたことはうれしかったんですけど、最後のあたりで一人(早大が)多くなった時に思い通りに退水のオフェンスができなかったことが課題だと思いました。

――相手に得点を決められた場面については

一つずつ下がってくるということができなくて、上から緩いシュートを打たれてしまったので、もうちょっとコミュニケーション取っていけたらいいと思いました。

――先日も対戦した相手でしたが、試合前はどのようなことを意識していましたか

前回は10-5で5点取られてしまったので、失点を少なくしようと思っていました。

――前半の失点を1点に抑えましたが、うまくいった点は

自分たちがすごく攻め込めていたから相手もあまりこれなかったのかなという部分はあります。ちゃんと一つずつ下がるというのが最初はできていたからかなと思います。

――大学に入ってから、成長を感じられた点はありますか

自分たちで考えてプレーをするというところです。練習とかも学生主体でやっているチームなので、人に言われてどう、とかじゃなくて自分で考えながらプレーするというところが少しずつできてきたのではないかなと思っています。