野球部

2018.06.04

東京六大学フレッシュリーグ 6月3日 神宮球場

同点本塁打を浴び悔しい引き分け/慶大戦

 ※連盟規定により8回打ち切り

慶大戦
早 大
慶 大
(早)森田、宮本、中野-尾﨑
◇(二塁打)尾﨑、八田(三塁打)杉浦

 もう一つの『華の早慶戦』が行われたきょうの東京六大学フレッシュリーグ。優勝を目指す若き早大ナインは、因縁の相手・慶大と相対した。6回まで投手戦の様相を呈していたが、7回表に打者一巡の猛攻で3点を奪取。しかし8回裏、救援の中野克哉(商2=早稲田佐賀)が慶大打線に捕まり、3点本塁打で同点に追い付かれてしまう。再びリードを奪いたいところであったが、規定によりこの回で試合終了。優勝のためには勝利したい試合だっただけに、悔しい引き分けとなった。

 先発のマウンドに上がったのは森田直哉(スポ1=早稲田佐賀)。打たせて取る投球で、慶大打線を次々と打ち取っていく。5回1死から登板した宮本茂樹(スポ2=奈良・一条)も、尾﨑拓海(社1=宮城・仙台育英)が二盗を刺すなど味方のプレーにも助けられ、6回まで無失点で抑えた。一方の打線は、相手先発・森田晃介(1年)の前に苦戦を強いられる。2回表には眞子晃拓(教2=早稲田佐賀)の右前打を契機に、5回表には尾﨑拓海(社1=宮城・仙台育英)の右越え二塁打を契機に、それぞれ三塁まで走者を進めたが、後続が三振に倒れ得点とはならず。ゼロ行進が続き、互いに我慢の時間が続いた。

先制の適時打を放った小松

 試合が動いたのは7回表。4番・眞子が右前打、続く尾崎が四球で出塁すると、6番・太田雅之(商2=東京・早大学院)が三塁側へセーフティバントを決め無死満塁とする。この好機で打席に立ったのは、今季初打席となった代打・小松正樹(スポ2=埼玉・早大本庄)。初球を中前へはじき返し、2点適時打で先制に成功した。なおも無死一、二塁と好機は続き、代打・八田敦司(人2=岡山・金光学園)が中堅手の頭上を越える適時二塁打で1点を追加。これで3―0とし、勝利は目前かに思われた。しかし8回裏、救援の中野が先頭打者に四球を与えると、2番の福井章吾(1年)に内野安打で出塁を許し、1死1、2塁のピンチを背負う。迎えた打者は3番・若林将平(1年)。高く浮いたシンカーを左翼席に運ばれ、3点本塁打を浴びてしまった。その後は粘りの投球で抑えたが、ここで試合時間が2時間となり、無念の試合終了。土壇場で追い付かれ、白星を挙げることはかなわなかった。

勝利目前で同点となる3点本塁打を浴びた

 7回表では全員野球で得点を重ねたが、好機で1本が出ない場面が散見された。早い段階で先制しリードを広げるためには、『あと1本』が必要だ。とはいえ、7回の攻撃は理想的なものだったといえるだろう。暫定1位の明大の結果によっては優勝も見えてくる。早大の最終戦となる東大戦で、理想的な試合運びを見せ、勝利を飾りたい。

(記事 村田華乃、写真 中澤紅里)

関連記事

瀧澤の巧打で法大を粉砕!好試合を制す/法大戦(5/20)

コメント

小松正樹(スポ2=埼玉・早大本庄)

――代打での出場となりました。どのような準備をしていましたか

先発したバッター陣の状況を見て、この回のあたりで(出場が)あるかなというのを予測しながら準備をしていました。代打で出場した前の回に、コーチの太郎さん(鈴木、スポ3=静岡)が「次の回に行くぞ」とおっしゃってくれたので、準備しやすかったです。

ーー打席に入った時に意識していたことは

前の三人がいい流れをつくってくれたのでなかなか点が入らない状況ではあったんですけど、自分のスイングをしようという気持ちでした。前の三人の流れに乗って打てたかなと思います。

ーー狙い球などはありましたか

特になかったです。来た球を打とうという感じでした。打った球はストレートです。

ーーフレッシュリーグはまだ続きますが、どのようなアピールをしていきたいですか

まだ東大戦があって、きょう勝ってたら優勝が近づいてたとは思うんですが。まだ優勝がわからない状況なので、東大戦勝つことに自分が貢献できるように、またあすしっかり準備して頑張りたいと思います。

中野克哉(商2=早稲田佐賀)

――3点リードで抑えとして出場しましたが、緊張などはしましたか

今まで2試合投げてきたのとやっぱり雰囲気が違って、自分のピッチングができなかったっていうのがありました。

――同点の3点本塁打を打たれてしまいましたが、打たれたのはどういう球でしたか

シンカーを投げたんですけど、低めを狙ったシンカーが高めに浮いて、それを持ってかれたっていう感じです。

――その後は安打は打たれつつも抑えました

その時1時間56分くらいで、2時間いってしまうと次の回に行けないので、何としても早く終わらせたかったんですけど、2時間いってしまったので、本当に申し訳ないです。

――東大戦への意気込みをお願いします

もう優勝はなくなってしまったんですけど、まだ負けてないので、もう一度チーム全員で気を引き締めて、全力で勝利を目指して頑張りたいと思います。

森田直哉(スポ1=早稲田佐賀)

――きょうの登板で目標はありましたか

きょうは調子は悪かったんですけど相手投手も自分と同じ名字の森田(晃介、1年)だったので、少しは意識しました。先に点をやらないというのを意識していました。

――前回登板では失点する場面もありました。きょう無失点で抑えた感想はいかがですか

点をやらなければ、チームは負けないのでその点で抑えられて良かったと思います。

――きょうの投球で良かった点を教えてください

ストレートは良くなかったんですけど、チェンジアップやスライダーが良くて打ち取れたと思います。

――ピンチの場面で意識されていたことはありますか

ボールを低めに投げて絶対高めに浮かないようにというのは意識しました。

――今後に向けて意気込みをお願いします

西垣(雅矢、スポ1=兵庫・報徳学園)が上に上がって同じ一年生が活躍しているので、自分も早く一軍に上がって活躍できるようにしたいです。