準硬式野球部

2018.06.02

6月2日 木村杯新人戦準決勝 東京・法大多摩グラウンド

強いぞワセダ!早慶戦を制し、いざ決勝戦へ

準決勝
慶大

早大 × 12
(早)〇大津、福島、池田、片岡、横島-福本、三上、田中
♢(二塁打)福本、須能、竹本 

 きょう早慶戦が行われたのは神宮球場だけではない。この法大多摩グラウンドでも準硬式野球の木村杯新人戦(新人戦)が行われ、準決勝からの出場となった早大は、初戦で慶大と対戦した。きょう先発の大津杜都(文構2=東京・宝仙学園)が6回2失点と好投を見せると、その後は無失点リレーでつないだ。一方の打線は2回、福本恭介(教2=石川・小松)の適時打で先制すると、きょうはこれを皮切りに10安打12得点。慶大に圧倒的な差を見せつけて、あすの決勝戦に駒を進めた。

 2回、この試合背番号10を背負い、4番に入った竹本周平(人2=鳥取・米子東)が敵失で出塁すると、宮崎翔(商2=埼玉・早大本庄)がしっかりと犠打を決め、1死二塁となったところで打席には福本。「絶対打ってやろう」と考えていたという福本の打球は、中堅への適時打に。いい形で先制に成功する。そして、この回は8番の木村颯太(商2=埼玉・早大本庄)の犠飛もあわせた2点を追加した。続く3回、先頭の中村康祐(教2=早稲田佐賀)が四球で出塁し、その後、敵失と四球で満塁とすると、宮崎の内野安打で追加点を入れることに成功。1点を入れてなおも満塁の場面で打者は福本。振り切った打球は右中間を破る走者一掃の適時二塁打となり、この回一挙4点を獲得した。5回にも福本の活躍などで2点を追加し、7回、投手の打席で代打・須能浩太郎(商1=東京・早実)。早大準硬式野球部が誇る期待のニューヒーローはこの打席が大学入学後公式戦初の打席に。「緊張した」と語った須能であったが、そのようなことを微塵も感じさせない打撃を見せ、初安打が左中間を破る鋭い二塁打となった。そして、打順は上位に返り、中村康と池澤一真(スポ2=栃木・大田原)の適時打で得点を重ねる。最後は、4番・竹本の適時二塁打で走者が全員生還し、この回を通して駄目押しの4点を追加。最終的には12点もの大量得点を入れ、若き精鋭たちが初戦を制した。

5打点目となる適時打を放つ福本

 きょう先発したのは、大津。東京六大学春季リーグ戦(春季リーグ戦)でも上級生と共に活躍し、先週には初先発を果たした大津が、きょうは6回2失点と好投を見せた。コントロールに課題を指摘されがちな今年の早大投手陣だが、この試合大津が出した四死球は6回の死球ただ一つ。「まっすぐも変化球もしっかりカウントが取れて、自分も組み立てやすくて」(福本)。いい投球ができたのではないだろうか。大津の後は、四人の投手が無失点での継投を見せた。2番手でマウンドに上がった福島英之(教2=埼玉・早大本庄)は途中、連続四球などで2死満塁のピンチを背負ったが、続く打者を見事二ゴロに抑え無失点で切り抜けると、笑顔もこぼれた。また、3番手の池田司(政経2=埼玉・早大本庄)は8回を3人で抑える好投を見せた。試合を通じて見られた早大と慶大との差は、打撃面はもちろんだが、守備力であるように思われた。この日、早大は失策が原因での失点がなし。春季リーグ戦で早大ナインが苦戦した難しい土のグラウンドで、野手陣が下級生でありながら、確実な守備を見せたことは素晴らしいことだと言える。

大学入学後、初出場初打席初二塁打の須能

 過去3大会を優勝で飾っており、あす勝てば4連覇という偉業を成し遂げることになる早大。次戦の相手は六大学の雄・法大だ。きょうの第一試合で13点を取り明大を下した法大を福本は、早大よりも格上の相手であると評価し、「挑戦者の気持ちでぶつかっていこうと思います」と言う。簡単に勝てる相手ではないだろうが、負けるわけにはいかない。「終わった後に、4連覇という形にしたい」(須能)。あまり気負わずに、優勝へダッシュワセダ。

(記事、写真 金澤麻由)

コメント

福本恭介(教2=石川・小松)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

きょうは、新人戦ということで、今まで(公式戦に)メンバーとして出ていなかった選手が出場したので、どうなるのだろう、と感じていた部分もあったのですが、試合の始まる前からチーム全体が一体となって、(試合に)出ている選手、出ていない選手関係なく(チーム)一体となって試合に臨むことができたので、いい入りができて、こういう結果につながったのかな、と思います。

――きょうは4打数3安打5打点の活躍でしたが、いかがでしたか

今まで、上級生の方に練習などでバッティングを教わったりして、たくさんアドバイスを貰ってきたので、それが自信になりましたし、打席では絶対打ってやろう、と他のことを何も考えずにそれだけを考えて入った結果が、あのような結果になったのかな、と思います。

――きょうの投手陣はいかがでしたか

大津が先発で、3日前くらいから決まったのですが、平日のあまり時間がない中でもいい準備をしてくれたと思いますし、きょうはまっすぐも変化球もしっかりとカウントが取れて、自分も組み立てやすくて、いいピッチングをしてくれたかな、と思います。

――最後に、あす勝てば新人戦4連覇が決まりますが、意気込みをお願いします

今まで先輩方が連覇、連覇ときている中でのプレッシャーというのは多少はあるのですが、相手は法政ということで、自分たちよりも力は確実に上だと思うので、挑戦者の気持ちでぶつかっていこうと思います。

大津杜都(文構2=東京・宝仙学園)

――きょうの投球を振り返っていかがでしたか

新人戦ということもあり、普段よりは気持ちが楽だったのですが、流れを持ってこれるようなピッチングができたので良かったと思います。

――先週の登板(春季リーグ戦の法大2回戦での初先発)に比べていかがでしたか

この新人戦は4連覇も懸かっているので、そういうプレッシャーもあったのですが、あまり深く考えずに、自分のできることを、と思いやっていました。

――きょうはボールが決まっており、カウントが取りやすかったと捕手の福本選手が言っていましたが

きょう普段あまり決まらないカーブが決まって、自分の持っていきやすいカウントができたので良かったです。

――あすは登板されるかはわかりませんが、次の試合に勝てば4連覇が決まります。いかがでしょうか

自分が投げる機会があればもちろん勝ちにつながるようなピッチングがしたいですし、登板がなくても、チーム全体で4連覇を達成できればいいと思います。

須能浩太郎(商1=東京・早実)

――準硬式野球部に入ったきっかけを教えてください

早実野球部出身の先輩がたくさん入っていたので、誘われて入ることになりました。

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

初めての公式戦だったので、緊張したのですが、うまく打ててよかったです。

――ご自身のアピールポイントを教えてください

バッティングです。

――あす勝てば4連覇が決まりますが、意気込みを教えてください

まだ実感が湧いていないので分からないのですが、勝てる試合をしっかり勝って、終わった後に4連覇、という形にしたいです。