野球部

2018.06.01

東京六大学春季リーグ戦 6月2、3日 神宮球場

覇者『ワセダ』の意地に懸け、完全優勝をもくろむ宿敵を倒せ/早慶戦展望

 ことしもこの季節がやってきた。毎年、東京六大学春季リーグ戦(春季リーグ戦)最終週に行われる華の早慶戦。今季は第7週の時点で慶大の2季連続36回目の優勝が決まったが、両校の意地がぶつかり合う早慶戦は別物だ。覇者ワセダの意地に懸けて、宿敵の『完全優勝』は何としてでも阻止しなければならない。

 ここまでチーム防御率リーグトップと抜群の安定感と層の厚さを誇る慶大投手陣。第1先発には髙橋亮吾(3年)の起用が予想される。1年秋から登板を重ねている経験豊富な投手だ。今季はリーグ2位の防御率1.52をマークするなど、安定感が際立つ。第2先発は速球とフォークを武器とする菊地恭志郎(4年)。こちらも防御率1点台を誇り、打ち崩すことは容易ではなさそうだ。この2投手以外にも、今季ピンチの場面で火消し役を任されている髙橋佑樹(3年)や抑えの石井雄也(3年)がおり救援陣も盤石だ。

 早大打撃陣では福岡高輝(スポ3=埼玉・川越東)加藤雅樹(社3=東京・早実)岸本朋也副将(スポ4=大阪・関大北陽)のクリーンアップが打率リーグトップ10に入っており、好調を維持している。だからこそ、慶大投手陣を打ち崩すには1、2番の出塁がカギとなるであろう。1番には池田賢将(スポ4=富山・高岡南)の起用が予想される。池田は春季オープン戦から好調をキープし開幕当初は1番に座っていたが、その後不振に陥り明大3回戦からはスタメン外。1年生に活躍の場を譲ることもあった。しかし、法大2回戦から再びスタメンに復帰し、復帰戦では2安打を放つなど徐々に調子を取り戻しつつある。2番には檜村篤史(スポ3=千葉・木更津総合)が入ることになるだろう。現在打率は3割ジャスト。今季の目標である3割打者に向けても、活躍が期待される。1、2番が出塁し、好調のクリーンアップで走者を返す理想の攻撃で先制できれば、勝機が見えてくる。少ない好機をいかにモノにするかが、勝敗を分けるだろう。

小島の好投は勝利への絶対条件となるだろう

 早大の第1先発は絶対的エースの小島和哉主将(スポ4=埼玉・浦和学院)。法大1、3回戦では自身初の同一カード2勝を挙げるなど、調子は上向いている。2回戦では今西拓弥(スポ2=広島・広陵)の先発が予想される。東大戦まではリリーフに回っていたが、法大2回戦では先発に抜てき。スタミナ面での懸念が残るため、2巡目以降、どのように打者を抑えていけるかがカギになるだろう。救援陣では法大2回戦で好投を見せた西垣雅矢(スポ1=兵庫・報徳学園)、高校時代から大舞台での勝負強さが光る徳山壮磨(スポ1=大阪桐蔭)らルーキーの早慶戦デビューにも注目したい。

抜群の勝負強さを誇る慶大の新4番・郡司

 対する慶大打線は抜け目がない。特に警戒すべきは、ここまで打率4割をマークしている4番・郡司裕也(3年)。4番として高打率を残しているが、何よりも注目すべきは、勝負どころで走者を返す決定力だ。その他にも、打率リーグ2位の河合大樹主将(4年)、今季レギュラーをつかみ郡司と並ぶ9打点を挙げている嶋田翔(2年)、昨年の早大1回戦で逆転満塁本塁打を放った柳町達(3年)など手ごわい打者が並ぶ。また明大1、3回戦ではサヨナラ勝ちを収めるなど、地力に加え、チームとして劣勢を跳ね返す力も備えており、リードした展開でも決して油断はできない。

 投打共に高いレベルを誇る慶大から勝利を挙げるのはそうたやすいことではないだろう。それでも早大はここ2カード連続で勝ち点を奪取するなど、チーム状態は上向いてきている。強敵相手にも投手が最少失点で抑え、打者が少ない好機をモノにする『守り勝つ野球』を体現できればおのずと勝利は見えてくる。現在全早慶戦も含め、慶大に6連敗中の早大。今季こそは、必ず宿敵を倒し、満員の神宮球場に『紺碧の空』を響かせる。

(記事 岡田静穂、写真 中澤紅里、皆川真仁)

東京六大学春季リーグ戦星取表
順位   慶 大 立 大 明 大 早 大 法 大 東 大 勝ち点 勝率
慶 大 ●2-3
○1-4
○7-1
○4-3
●0-2
○5-4
6/2
6/3
○6-3
○5-4
○15-3
○5-1
.800
立 大 ○3-2
●1-4
●1-7
○4-3
●6-8
●1-3
○2-1
○4-2
○3-2
△5-5
○2-1
○7-1
○4-1
.667
明 大 ●3-4
○2-0
●4-5
●3-4
○8-6
○3-1
●2-3
○15-3
○9-4
●5-6
●3-4
○9-2
○7-0
.538
早 大 6/2
6/3
●1-2
●2-4
○3-2
●3-15
●4-9
○5-1
●2-4
○2-1
○1-0
○5-3
.500
法 大 ●3-6
●4-5
●2-3
△5-5
●1-2
○6-5
○4-3
●1-5
○4-2
○17-1
○10-2
.455
東 大 ●0-15
●1-5
●2-9
●0-7
●1-7
●1-4
●0-1
●3-5
●1-17
●2-10
10 .000

※【早大の最終順位】
早大2勝0敗→3位 
早大2勝1敗→明大と同率3位 
早大1勝2敗→4位
早大0勝2敗→5位