ア式蹴球部

2018.05.31

第92回関東大学リーグ戦 5月30日 神奈川・法大多摩キャンパス城山地区サッカー場

後半に逆襲の4発!今季最多得点で法大に快勝

 関東大学リーグ戦の第7節が行われ、前節首位に再浮上した早大は、敵地での法大戦に臨んだ。この日は立ち上がりから主導権を握られる中、41分に先制したが、前半終了間際に振り出しに戻されてしまう。しかしハーフタイムにFW岡田優希主将(スポ4=川崎フロンターレU18)を投入すると、その岡田のゴールをきっかけに攻勢に回って4得点。今季最多得点で勝利し、首位をがっちりキープした。

 この日の早大は4-1-4-1の布陣を採用。ディフェンスラインにケガ人が出て、DF工藤泰平(スポ2=神奈川・日大藤沢)、DF大里優斗(社3=鹿島アントラーズユース)が先発し、公式戦初出場となった。早大のキックオフで試合が始まったが、すぐに法大の鋭いプレスでボールを失い、そこから立て続けにシュートを許してしまう。開始1分で3本のシュートを許し、そのまま受けに回ってしまった早大は、5分を過ぎると早々に並びを修正。「自分たちで話し合って、自分が少し降りることにした」(MF金田拓海、社3=ヴィッセル神戸U18)とボランチを1枚から2枚に変更し、少しずつ落ち着きを取り戻す。それでも、代表招集でエースのFW上田綺世(2年)、ルーキーのFW飯島陸(1年)が不在の中、トップに入ったFWディサロ燦シルヴァーノ(4年)を中心に攻撃を展開した法大が主導権を握る時間帯が続くと、最大のピンチは31分。CKでニアサイド、ファーサイドと揺さぶられ、中央のDF加藤威吹樹(3年)に強烈なヘディングシュートを打たれたが、GK小島亨介(スポ4=名古屋グランパスU18)のビッグセーブで難を逃れる。その後も攻め立てられたが、先にスコアを動かしたのは早大だった。41分に最後方からボールをつなぎ、MF相馬勇紀(スポ4=三菱養和SCユース)が左サイドを突破。グラウンダーのクロスに、相手DFのマークを外してゴール前に入ってきたFW武田太一(スポ3=ガンバ大阪ユース)が合わせ、この日2本目のシュートで先制に成功した。しかし喜びもつかの間、45分にクロス攻撃からスーパーなシュートを決められ、試合を振り出しに戻されて前半を終えた。

31分に決定的なシュートをセーブした小島。劣勢を耐え抜き先制につなげた

 守勢の色を振り払うべく、ハーフタイムの交代でトップ下に岡田が投入されると、わずか3分で空気を変えた。工藤からのロングボールを岡田が追うと、DFと飛び出してきたGKが連携ミス。こぼれ球を岡田が回収して無人のゴールに蹴り込み、主将の4戦ぶりの得点でリードを奪う。これで勢いに乗ると、さらに2分後、相馬の折り返しから金田拓がコントロールショットを沈め、たたみかけにも成功した。その後、法大が交代を使いながら反撃に出てくると、58分にディサロに当てるシンプルな攻撃から失点し、1点差に詰め寄られてしまう。しかし、64分のピンチを小島のセーブでしのぐと、それ以降は法大にチャンスらしいチャンスをつくらせることなく時間を進めた。相手が前がかりになると、待望の追加点は74分。MF藤沢和也(商3=東京・早実)のロングボールに相馬がオフサイドラインぎりぎりから飛び出し、GKをかわしてゴールに流し込む。87分にもカウンターから岡田が左サイドに流れ、狙いすましたクロスにフリーの武田が頭で合わせてダメ押し。終わってみれば、上位進出を狙う相手を快勝で下してみせた。

岡田主将(写真右)が投入3分で勝ち越し弾を決め、喜びを爆発させる選手たち

 前節までに4勝を挙げていたが、全てが1点差勝利とまさに薄氷を踏むような試合を続けていた早大。この日はリードを奪った後も効果的に得点を加え、ついに相手をノックアウトさせることに成功した。今節を終え、2位以下との勝ち点差は4。このまま首位独走態勢に入りたいが、今後はさらにマークが強くなることが予想され、速攻以外に立ち返ることができる『形』をつくれるか否かがカギになる。この日、テーマとして掲げられていたのは『相手の戦術に合わせず、能動的な攻撃をする』こと。序盤から主導権を握ることはかなわなかったが、特に最終ラインから丁寧なビルドアップで前進してゴールにつなげた先制弾は、自信につながったはずだ。勝ち点を積み重ねながら、その強さを確固たるものにできるか。リーグトップクラスの矛を持つ順大を集中応援の西が丘で相手取る次節、エンジイレブンはどんな戦いを見せてくれるだろうか。

スターティングイレブン

 

(記事、写真 守屋郁宏)


JR東日本カップ2018 第92回関東大学リーグ戦 第7節
早大 1-1
4-1
法大
【得点】
(早大)41’、87’武田 太一、48’岡田 優希、50’金田 拓海、74’相馬 勇紀
(法大)45’末木 裕也、58’青柳 燎汰
早大メンバー
ポジション 背番号 名前 学部学年 前所属
GK ◎1 小島 亨介 スポ4 名古屋グランパスU18
DF 20 牧野 潤 スポ3 JFAアカデミー福島
DF 23 工藤 泰平 スポ2 神奈川・日大藤沢
DF 大桃 海斗 スポ3 新潟・帝京長岡
DF 37 大里 優斗 社3 鹿島アントラーズユース
→HT 29 岡田 優希 スポ4 川崎フロンターレU18
MF 鍬先 祐弥 スポ2 東福岡
→76分 12 小笠原 学 社4 青森山田
MF 14 藤沢 和也 商3 東京・早実
→88分 30 梁 賢柱 スポ2 東京朝鮮高
MF 金田 拓海 社3 ヴィッセル神戸U18
MF 栗島 健太 社3 千葉・流通経大柏
MF 11 相馬 勇紀 スポ4 三菱養和SCユース
FW 武田 太一 スポ3 ガンバ大阪ユース
◎=ゲームキャプテン
監督:外池大亮(平9社卒=東京・早実)
関東大学リーグ戦1部 順位表
順位 大学名 勝点 試合数 得点 失点 得失差
早大 16 15 10 +5
順大 12 18 10 +8
駒大 12 16 10 +6
明大 12 10 +4
専大 12 11 -4
桐蔭横浜大 10 11 10 +1
流通経大 10 12 12  0
法大 10 11 13 -2
筑波大 11 -2
10 東京国際大 12 -5
11 東洋大 12 -7
12 国士舘大 12 -4
※第7節終了時点
関連記事

2分間の奇跡!伏兵・藤沢の値千金弾でドローに持ち込む(5/21)

コメント

MF金田拓海(社3=ヴィッセル神戸U18)

――試合を振り返っていかがですか

いつもは相手のスタイルによって、自分たちのやり方も変えているんですけど、今回はオフシーズンに、シーズンの始まる前からやっていた『ボールを保持しながら前に攻めていく』という戦略でやっていこうということになっていました。でも前半はうまいこといかなくて、相手にボールを持たれるシーンも長かったです。そういう中でも、最近はショートカウンターで得点していますけど、その形で前半に点を取れたということは良かったと思います。後半は自分たちのリズムができて、今年初めて5点も取れたということは良かったと思います。

――そのうまくいかなかった要因はどんなところにあったのですか

4-1-4-1でやっていたんですけど、間のスペースに相手のFWが落ちてきたりというところを捕まえきれなくて、相手に(ボールを)保持されるというところはありました。その中で、前半に自分たちで話し合って、僕とクリ(MF栗島健太、社3=千葉・流通経大柏)のシャドーだったのを、僕が少し降りて、4-2-3-1の形でやるということにしてから、少し良くなったかなと思います。

――後半に主導権を握れた要因は

岡田くん(FW岡田優希主将、スポ4=川崎フロンターレU18)が入ってリズムができたというのもあると思います。前半に我慢ができたので、後半に絶対チャンスが来るということで、しびれを切らすことなくできたことが良かったと思います。

――今季初得点がありました。得点シーンを振り返っていただけますか

いつも決めるという気持ちでやっているんですけど、チャンスが多くあった中で決めきれていなかったので、今日は強い気持ちでシュートを打てたと思います。相馬くん(MF相馬勇紀、スポ4=三菱養和SCユース)がボールを持った時に中に入っていくということを練習でしっかりやってきていたので、あそこ(ボックス付近)まで入れたことは良かったと思います。

――前節劇的に勝ち点を拾った流れで、今日3試合ぶりの勝利をできたことは大きいのでは

前回負け試合かもしれないですけど、ああいうふうに同点に追いついて首位に立てて、今日も勝たないと首位でいられないと思っていたので、勝てたことは本当に大きいと思います。

――次節に向けて

中2日で厳しいと思いますけど、修正できるところは修正して、良い準備をして勝てるようにやっていきたいと思います。

FW武田太一(スポ3=ガンバ大阪ユース)

――今日の試合を簡単に振り返っていただけますか

自分たちのサッカーを貫くというのが今日のポイントでした。前半は相手に押され気味だったんですけど、焦れずに最後まで戦えてよかったかなと思います。

――試合の序盤は前線の選手としては結構つらい展開だったのではないですか

そうですね。収めてあげないとと思いつつも、全部(後方から)蹴って収められないという状況が続いていたので、どこかでポイントつくってあげないとダメだなと思っていました。相馬くんの抜け出しから1点取れて、おっつけたかなというのはちょっとありました。

――ご自身の2得点を振り返っていただけますか

1得点目は、クリ(栗島)から相馬くんに出ると思った瞬間から抜け出していたので、ドフリーで相馬くんのクロスに合わせるだけだったので、うまい形でいけたかなと思います。2点目はサイドで岡ちゃん(岡田)が起点をつくった時に、自分はちょっと遅れて後ろでサポートしていたんですけど、マークにつかれていないというのが自分でわかっていたので、動いたら出てくるかなと思ったらドンピシャで合わせてもらったという感じですね。

――後半はうまく試合を運べたという間隔もあったと思いますが、前半とどんな違いがありましたか

前で余裕をつくれたということだと思います。岡ちゃんが入って、献身的な岡ちゃんの守備から奪って攻撃というのが続いて、相手も焦れて、うまく回ってきたなというのがありました。

――これでチーム内トップの6得点です。チームの成績もついてきていますが、今のご自身の結果についていかがですか

チームがまず優先だとは思っています。自分が点をとってチームが勝っているという状況なので、このままチームのために点を取って、結果的に自分が得点王になれたらいいかなというのがあります。

――次節までの間隔は短いですが、意気込みを教えてください

自分の仕事をするだけだと思っているので、今日みたいに前から守備して、裏に走ってということを続けていこうと思います。