野球部

2018.05.21

東京六大学春季リーグ戦 5月20日 神宮球場

好守に阻まれ完封負け。天王山の決着は3回戦へ/明大2回戦

明大2回戦
慶 大
明 大 ×
(慶)●菊地、髙橋佑、田中裕-郡司
◇(二塁打)中村

 わずかなミスが命取りとなった。1回戦で先勝を収め、その勢いのままに臨んだはずの明大2回戦。勝てば秋春連覇が決定する大一番であったが、この日慶大に歓喜の瞬間が訪れることはなかった。初回に死球に失策が絡み先制を許すと、打線が明大先発・伊勢大夢(3年)の前に沈黙。投手陣が7回に追加点を許した一方で、その後も打線は得点を奪えず、0-2で敗北を喫した。

 慶大の先発は、開幕からここまで2戦2勝と波に乗る菊地恭志郎(4年)。しかし初回、先頭打者にいきなり死球を与えると、犠打と進塁打で2死三塁のピンチを招く。ここで明大4番の越智達也(4年)を三ゴロに打ち取ったが、これを三塁手・内田蓮副将(4年)がまさかの失策。被安打0のまま先制点を奪われてしまう。すぐさま追い付きたい打線だったが、明大先発の伊勢を相手に突破口を開けない。140キロ台中盤の直球と小さく変化するツーシームのコンビネーションに幻惑され、4回には自慢のクリーンアップである3番・柳町達(3年)、4番・郡司裕也(3年)が連続三振を奪われるなど歯が立たず。5回まで散発2安打、5つの三振を喫するなど厳しい展開が続く。

菊地はきょうも最上級生としての意地を見せた

 打線が封じ込められる一方で、初回に失点を喫した菊地は、2回以降快投を披露。自慢のフォークが冴えわたり、5回まで明大打線を無安打に抑える。6回にこの日初めて安打を浴びたものの、この走者を捕手・郡司がピンポイント送球で盗塁刺殺し、流れを渡さない。続く7回に四球と安打で1死一、三塁のピンチを招くと、ここで菊地はお役御免。マウンドには火消し役の髙橋佑樹(3年)が上がった。初球のカーブが外れ、カウント0-1から投じた2球目。捕手の郡司はまたもカーブを要求するが、明大・高瀬雄大(4年)にうまく左前に運ばれ、与えたくなかった追加点を献上してしまう。打線はなんとか反撃を試みるも、二塁手の吉田有輝主将(4年)ら明大野手陣の、再三にわたる好守に阻まれ得点を奪えず。最後は郡司が伊勢の135キロのツーシームを打ち損じ、遊ゴロで試合終了。完封負けとなり、今カードの決着は次戦へ持ち越しとなった。

今週の優勝は消滅した慶大。あす、勝ち点をもぎ取りにいく

 決してこの日の慶大が精彩を欠いていたわけではない。両校がベストを尽くした結果、明大の力がわずかに上回ったという試合だった。特に反撃の糸口をつかもうとする慶大打線と、それを許さない明大野手陣の守備との攻防は圧巻である。6回表には1イニングに2度も好守が飛び出すなどまさに熱戦が繰り広げられ、1つのミスが勝敗を分ける展開となった。また、この日の慶大の敗北によって、決着は第三戦までもつれ込むこととなった。次戦に勝利したチームが優勝へ大きく近づくこととなるのは、言うまでもないだろう。熱戦を制し、『頂』への道を切り開くのは果たして慶大か明大か。開戦の時は、もう目の前に迫っている。

(記事 望月優樹、写真 江藤華、宇根加菜葉)

関連記事

郡司が決めた!驚異の粘り勝ちで優勝に王手/明大1回戦