庭球部

2018.05.14

第100回早慶対抗試合 5月12・13日 神奈川・慶大日吉蝮谷コート

100回目の伝統の一戦で白星/女子

 両校の意地がぶつかり合う伝統の早慶対抗試合(早慶戦)。今年はアウェーの慶大日吉蝮谷コートで行われた。1日目のダブルスを1-1のイーブンスコアで終えると、2日目のシングルスでは4-1とライバルを圧倒。第100回の記念大会を勝利で飾り、早慶戦5連覇を果たした。

フルセットの接戦を制した大矢(右)・上組

 女子の団体戦において重要となるのがダブルス。2-0にできればチームの勝ちを大きく引き寄せられる一方、0-2になれば窮地に立たされる。早慶戦でももちろん2-0をつけるべく、2ペアを送り込んだ。ダブルス2に入ったのは大河真由(スポ3=千葉・秀明八千代)・清水映里(スポ2=埼玉・山村学園)組。関東学生トーナメント(春関)でベスト4入りした大河の調子の良さを買っての起用となった。「悔いの残らない試合にしたい」と初めての早慶戦に意気込んでいた大河。しかし、アウェーでの早慶戦は初めてであった清水と共に序盤は緊張からか思うようなプレーができず、苦しい展開となった。なかなかサービスキープができず、ファーストダウンで迎えたセカンドセットでは強気なプレーでブレークバックする粘りを見せるも、差を詰めるまでには至らず。最初の勝ち星を持ち帰ることはできなかった。「隣の流れがよくないことは分かっていた」とこの状況を感じ取っていたダブルス1の大矢希女子主将(スポ4=愛知・名古屋経大高蔵)・上唯希副将(スポ4=兵庫・園田学園)組。セカンドセットで追いつかれるも、終盤は上のストローク、大矢のボレーが冴えわたり、接戦をものにした。経験豊富なエースペアがチームに最初の白星をもたらし、ダブルスは1-1。痛み分けという結果で初日を終えた。

ガッツポーズを見せる田中

 2日目のシングルスでは、主将の大矢とルーキーの田中李佳(スポ1=兵庫・相生学院)がチームを勢いづけた。試合は両者とも第1セットを奪われる劣勢の展開からスタート。このまま白星を二つ献上すると非常に苦しい状況になりかねなかったが、「私が取らなきゃダメだ」(大矢)と奮起した。第2セットを6-0で取り返すと、最終セットでもラリー中に前へ出てきた相手の頭上を抜くロブショットでポイントを取るなど、冷静なテニスを披露。主将らしい戦いぶりで、一勝を持ち帰った。隣のコートで試合をしていた田中李も徐々に調子を上げる。こちらも第2セット以降はロースコアで奪い、総合優勝へ王手をかけた。優勝を決めたのはシングルス2の上。期待の1年生、黒須との対戦だったが、4年生の貫禄を見せつけ、6-2、6-1と圧倒した。シングルス1の清水もエースたる強さを遺憾なく発揮し、快勝。シングルス3の大河は惜しくも敗戦したが、1セットダウンからタイブレークでイーブンに戻すなど粘り強さも見せ、収穫のある試合となった。

最後は上が勝負を決めた

 「7-0を目標としていたので、うれしいようなうれしくないような感じ」(大矢)。2日間を振り返った大矢は、まず初めに複雑な思いを口にした。全日本大学対抗王座決定試合(王座)での優勝を最終目標としている早大。現在12連覇という華々しい功績を誇っている絶対王者だからこそ、一瞬たりとも隙を見せない盤石の戦いを目指していた。しかしその飽くなき向上心が早大の強さを表しているのだろう。次の団体戦は秋の関東大学リーグ。ここからは夏の全日本学生選手権(インカレ)へ向けて、個人戦が続く。この春は春関で無冠に終わるなど、悔しさも味わった。それぞれが見つかった課題を克服し、万全の状態で夏、秋を迎えたいところだ。

(記事 吉田優、松澤勇人 写真 佐々木一款、吉田優)

結果

○早大5-2慶大



ダブルス1
〇大矢希女子主将・上唯希副将6-4、3-6、6-3押野紗穂・西田奈生
ダブルス2
●大河真由・清水映里2-6、4-6黒須万里奈・末野聡子

シングルス1
○清水映里6-2、7-6(1)押野紗穂
シングルス2
○上唯希6-2、6-1黒須万里奈
シングルス3
●大河真由3-6、7-6(4)、1-6
シングルス4
〇大矢希女子主将3-6、6-0、6-2末野聡子
シングルス5
○田中李佳5-7、6-1、6-1平田歩

※通算成績=60勝40敗、6連勝


コメント

※1日目終了時

大矢希女子主将(スポ4=愛知・名古屋経大高蔵)

――相手のオーダーを見た時はどう感じましたか

相手の予想オーダーは結果的には違ったんですけど、組み合わせが違うだけで出た選手は一緒だったので、自分的にはオーケーでした。どう組んでるかは分からないよねとは話していたので、そんなに驚きとかはなかったですね。

――ダブルス2に大河真由選手(スポ3=千葉・秀明八千代)、清水映里(スポ2=埼玉・山村学園)選手を起用した理由は

大河が春関で勝ち上がってベスト4という結果を出したので、その勢いを買ってということと、清水もパワフルなプレーが出る選手で勢いもあるので、その二人で勢いよく行ってこい!という思いで出しました。

――相手はインカレインドア、春関からペアを崩して左利きの選手を入れてきました。なにか対策などは話合いましたか

以前練習試合をさせてもらった時にも、私と上で押野さん西田さんと対戦していたので、イメージはできていて、ファーストサーブで攻めてボレーで決めるというのが一番有効だと分かっていたので、そこはペアが変わったというのは変に意識することなくできました。

――セカンドセットを落としてファイナルセットに入ってしまった時の心境は

隣の流れがよくないことは分かっていましたし、こっちの方が経験もある分、こっちが速く終わらせて向こうにいい流れを持っていきたかったというのもありますし、初めて組むペアリングで緊張もしていたと思うので、気持ち的に楽にしてあげたかったんですけど、それができなかったのは残念ですね。1-1になってしまったのはダブルス1がもつれてしまったことも要因の一つかなと思います。

――終盤はボレーが冴えわたっていましたが

どうだったかな(笑)。ボレーが増えていたのは分かっていて、なんとなく試合をしていく中で、こうフェイントかけたら相手がストレート打ってくるんだなとか、こう構えてたらクロス打つなとかが分かってくるんですよ。その癖をもっと早く見破れていたら、セカンドセットでもっとボレーでポイントできたのかなとも思うので、そこはちょっと反省ですね。

――明日のシングルスへの意気込みをお願いします

ダブルスは1-1ですけど、ここからもワセダの強いところが出ていくと思うので、明日はシングルス5-0付けられるようにチーム一丸となって頑張ります!

大河真由(スポ3=千葉・秀明八千代)

――清水映里選手(スポ2=埼玉・山村学園)とのペアでしたが、これまで組まれたことはありましたか

なかったです。今回初めて組みました。それもあって、コンビネーションの部分では相手よりも劣っていたかなと思います。

――早慶戦には初出場となりましたが、どんな意気込みで臨みましたか

ずっと出たいと思っていて、夢だったので、悔いの残らないような試合にしたいなとは思っていました。

――緊張はしましたか

自分としてはあまり緊張していたつもりはなかったんですけど、周りから見たら緊張してるように見えてたのかなあとも思いますね。

――きょうの試合は全体的にサービスキープに苦しんだ印象ですが

そうですね。相手のリターンがよくて、すごく工夫してきたので、もう少しサーブで押せたら結果も違ったかなと思います。

――ダブルスとしての今後への意気込みは

春関、早慶戦と続けてたくさんダブルスをやらせてもらって、少し自分の中でのダブルスの考え方というか、プレースタイルも変わってきているので、大学生活あと半分なんですけど、ダブルスでも頑張っていきたいと思います。

――明日のシングルスへの意気込みをお願いします

もし出させていただけるのなら、ダブルスの借りを返せるように全力で戦いたいと思います。

※2日目終了時

大矢希女子主将(スポ4=愛知・名古屋経大高蔵)

――5-2という結果についてはいかがですか

うれしいようなうれしくないようなって感じですね。7-0を目標としていたので、2つ取られてしまったというのは、それは準備不足だったのかなとも思います。

――シングルス4,5が共にファーストダウンでしたが、焦りはありませんでしたか

私もファーストダウンで、隣の田中もファーストダウンだったので、このまま二人とも取られるのはまずいなと思ったんですけど、そこで私が取らなきゃダメだって気持ちが強くなっていいプレーができてきたと思います。

――ご自身の試合を振り返って

最初は相手のいいプレーが多くて私の持ち味を生かせるところが少なかったんですけど、徐々に慣れてきて自分の良いところを出すことができたので、自分のペースを取り戻せたかなと思います。

――シングルス4,5で勝てたことが大きかったでしょうか

そうですね。先に王手をかけられたことで慶應にプレッシャーをかけられたと思うので、大きかったですね。

――シングルス1、2、3を振り返って

大河がすごく頑張ってくれたんですけど、負けてしまって、でも本人もすごく収穫のあった試合になったと言っていましたし、今後も団体戦に出ていくメンバーだと思うので、もっともっと成長してほしいなと思います。上は相手の期待のルーキーに対してロースコアで勝ってくれて、これからもこの調子で行ってほしいと思います。清水もエースとして立派に勝ってくれたので、これからも自分たちの中で高めていけたらいいなと思います。

――学生大会は間が空くと思います。今後チームとしてはどのように進んでいきたいですか

チームとしては次はリーグになるので、今回チームとしての改善点がたくさん出たのでそこを克服して、バッチリな状態で試合に入れるようにしたいと思います。