卓球部

2018.05.13

春季関東学生リーグ戦 5月13日 埼玉・所沢市民体育館

大接戦を制して全勝キープ!

 春季関東学生リーグ戦(春季リーグ戦)もいよいよ後半戦へと突入した。開幕3連勝と好調な早大は専大、日大と対戦した。専大戦は第7試合までもつれる大接戦となったが総合力で逆転勝利を収め、続く日大戦でも勝利。5連勝で優勝へとまた一歩前進した。

 大きな大きなヤマ場を乗り越えた。接戦が予想されていた専大戦、しかし想定外だったのはエース阿部愛莉(スポ4=大阪・四天王寺)の敗戦だ。同じ高校の後輩の積極的な攻撃に対して受け身になってしまい、なかなか流れを掴むことができなかった。阿部の敗戦で団体戦スコア0-2となり暗雲が立ち込めたが、流れを変えたのは最上級生のエースペアだ。阿部は直前のシングルスを引きずることなく徳永美子女子主将(スポ4=福岡・希望が丘)と抜群のコンビネーションを見せ、相手を左右に揺さぶっていく。第1、2ゲームは相手に粘られてジュースに持ち込まれたが、要所で徳永がサーブポイントを挙げるなど、戦術の幅広さも見せた。第4セットは連続得点で相手を圧倒しゲームスコア3-1で逃げ切った。団体戦におけるダブルスの重要性を痛いほど分かっている2人の執念で貴重な1勝をもぎ取った。

逆転勝利のきっかけを作った阿部・徳永組

 その後1試合ずつを奪い合い、団体戦スコア2-3.早大の命運は好調なルーキー2人に託されることとなった。笹尾明日香(スポ1=神奈川・横浜隼人)は2日連続でカットマンとの対戦。相手の粘り強いカットや隙を突いた攻撃に苦しみリードを許すが、焦ることなく相手を前後に揺さぶって得点を重ね見事逆転勝ちを飾った。第7試合に登場した岩越帆香(スポ1=福岡・希望が丘)はラリー戦で強さを見せ2セットを先取する。一気の勝ち切りたいところだったが、第3ゲーム以降相手の異質ラバーに苦労して流れを失ってしまう。2セットを奪い返され、最終セットも3―6とリードを許す苦しい展開。下を向いてもおかしくない状況の中、ベンチから岩越を信じて必死に応援する先輩選手たちの大きな声が飛ぶ。「大丈夫、大丈夫!」、「強気でいくよ!」この声に呼応するように岩越は驚異の精神力を見せる。左右に振られてもなんとか食らいついてラリーを制し、5連続ポイントで一気に逆転した。最後も相手の強打を連続で拾ってミスを誘い、団体戦スコア4-3の大逆転勝利を収めた。続いて行われた日大との全勝対決でも各選手が思い切りのよい卓球をして団体戦スコア4-2で勝利、見事開幕5連勝を飾った。

5戦5勝と絶好調の笹尾

 強豪相手の苦しい試合をチーム力で見事勝ち切り、全勝をキープした早大。1週間の休養を経てついに勝負の残り2試合へと向かっていく。選手全員でチームを支え合い、栄冠へと突き進んでほしいところだ。

(記事 吉田寛人、写真 新藤綾佳、吉田寛人)

結果

▽女子 第4戦

VS 専大 ◯4―3

●鎌田那美1―3安藤みなみ

●阿部愛莉1―3木村香純

○阿部愛莉・徳永美子組3―1安藤みなみ・枝松組

○徳永美子3―0柴田理彩

●鎌田那美・金子碧衣組0―3木村香純・牧之内菜央組

○笹尾明日香3―2加藤亜実

○岩越帆香3―2枝松亜実

▽女子 第5戦

VS 日大 ◯4―2

○笹尾明日香3―0加藤有莉

●徳永美子2―3奥下茜里

○阿部愛莉・徳永美子組3―0小室聖・奥下茜里組

●鎌田那美1―3高原小麦

○岩越帆香・笹尾明日香組3―0木原小絵香・篠田優花組

○阿部愛莉3―0小室聖