ハンドボール部

2018.05.13

関東学生春季リーグ 5月13日 東京女子体育大学体育館

2次リーグ開幕。日女体大に雪辱を果たす!

 1次リーグを1勝6敗の7位で終え、迎えた2次リーグ初戦。1次リーグ下位4チームの総当たりとなるリーグであるため、「絶対に負けられない」と高田紗妃主将(スポ4=福岡・西南学院)、伊地知華子副将(社4=宮崎学園)が口を揃えて臨んだ早大は1次リーグで苦杯をなめた6位の日女体大と対戦した。試合は開始直後から早大が主導権を握り、後半も早大のペースで試合が進む。試合終盤に日女体大の猛追を受け1点差まで詰め寄られたが逃げ切りに成功。2週間前にダブルスコアで敗戦した相手に雪辱を果たし、2次リーグ初戦を勝利で飾った。

 早大は関東学生春季リーグ(春季リーグ)で初戦以降得点がなかった楯如美(スポ3=岐阜・飛騨高山)のポストシュートで幸先よく先制点を挙げると、伊地知、杉山瑞樹(社3=神奈川・横浜創英)のサイドシュートで得点を重ね、前半開始早々に主導権を握る。ディフェンスでは前日の東海大戦で見せた「オフェンスからの早い戻り」がこの日も徹底されており、速攻からの失点を許さない。日女体大に攻め込まれる場面でも、負傷離脱中の正GK大沢アビ直美(スポ3=東京・佼成学園女)に代わりゴールマウスを守るGK北村早紀(スポ3=群馬・富岡東)が「チーム全体で左サイド勝負でシュートを打たせてキーパーが取るという戦術」(北村)の下、再三にわたりビックセーブを披露し、幾度となくチームのピンチを救った。波に乗る早大の勢いは止まらず、粘り強いディフェンスに呼応するかのように吉田瑞萌(スポ2=東京・佼成学園女)の速攻からの2得点を含む4連続得点で突き放すと、日女体大はたまらずタイムアウト。しかしその後も杉山の2本のサイドシュートが飛び出すなど早大は流れを渡さず、日女体大に付け入る隙を与えない、完璧とも言える試合運びで前半を12−8の4点リードで折り返した。

先制点を含む2得点を挙げた楯。攻守で勝利に貢献した

 後半も早大のペースで試合が進んでいく。春季リーグで得点力不足にあえいでいた早大だが、この日はチームがスタイルとして掲げる『ディフェンスからの速攻』、そして課題としていたセットオフェンスが機能した。伊地知と久保涼子(スポ4=群馬・富岡東)の速攻、金庭亜季(社4=群馬・富岡東)のノーステップミドルシュートで3連続得点を重ねリードを6点まで広げる。守りでも組織的かつ体を張ったディフェンスと北村の好セーブで日女体大の追い上げを許さず、楯のこの日2点目となるポストシュートも決まり、試合の大勢は決まったかのように見えた。

幾度となく好セーブを見せた北村(右)と、この日もディフェンスでチームをけん引した高田(左)

 しかし楯の得点を最後に、早大は1対1のシュートミスや相手GKの好セーブもあり得点を奪えない我慢の時間が続く。そして後半も中盤に差し掛かかると「点差が離れて、気持ちに余裕が出てしまった」(北村)か、ディフェンスの足が止まり始める。主将の高田が何度も「気を緩めない!」とチームを鼓舞するが、一度狂った歯車は簡単には戻らず、前半には徹底されていたオフェンスからの戻りも陰りを見せた。課題としていたオフェンスのミスも露呈し、連続で7メートルスローを決められるなど日女体大に試合終了間際の約5分間に5得点を決められ、徐々に点差を詰められていく。そして残り1分時点で最大6点あった点差を1点にまで追い上げられると、早大は最後の攻撃を相手GKにキャッチされ絶体絶命のピンチを迎えたが、速攻を狙った相手GKからのロングパスはわずかにつながらず。ここで試合終了のホイッスルが鳴り響いた。

 虎の子の1点を守りきり勝利を収めたワセダセブンは試合後、安堵の表情を浮かべていた。後半にはかねてからの課題が露呈する場面もあった。それでもわずか2週間前にダブルスコアで大敗した相手に対しチームの持ち味を出しきり、見事雪辱を果たしてみせた。チームが変わり始めたのは東女体大戦の敗戦からだ。大量失点を喫し、守護神の大沢もケガで欠くこととなった悪夢のような惨敗からなにか吹っ切れるかのようにチームはまとまり始めている。屈辱を糧に、一歩ずつ成長を見せているワセダセブン。残る春季リーグは残り2試合。「勝っていい形で秋リーグ(関東学生秋季リーグ)、インカレ(全日本学生選手権)につなげられるような試合にしたい」(楯)。

(記事 林大貴、写真 宅森咲子)

関連記事

関東学生春季リーグ展望/関東学生春季リーグ(4/10)

関東学生春季リーグ
早大 20 12−8
  8−11
19 日女体大
GK 北村早紀(スポ3=群馬・富岡東)
LW 杉山瑞樹(社3=神奈川・横浜創英)
LB 吉田瑞萌(スポ2=東京・佼成学園女)
CB 金庭亜季(社4=群馬・富岡東)
PV 楯如美(スポ3=岐阜・飛騨高山)
RB 伊地知華子(社4=宮崎学園)
RW 久保涼子(スポ4=群馬・富岡東)
2次下位リーグ星取表(5月13日現在)
早大 日体大 日女体大 国士館大
7位 早大 17●29 8●16 20○19 20○18
5位 日体大 29○17 25○16 17△17 18●22
6位 日女体大 16○8 19●20 16●25 26○24
8位 国士館大 18●20 17△17 22○18 24●26
コメント

北村早紀(スポ3=群馬・富岡東)

――2次リーグ初戦、勝利で飾りましたが、振り返っていかがですか

自分的には結構頑張れたかなと思っていて。ただ後半はスコア的に負けてしまったので、前半で余裕を持ってしまった心がいけなかったのかなと思います。

――きょうは好セーブを連発していましたが出来としてはいかがでしたか

チーム全体で左サイド勝負で、左サイドでシュートを打たせてキーパーが取るという戦術があったのでそのシュートを結構止められていたので出来としては良かったかなと思います。

――1次リーグで敗れた日女体大が相手でしたがチームとしてはどういった気持ちで臨みましたか

1度負けた相手に絶対負けたくないので、そういう気持ちで。きのうの試合が良かったから、それに満足せずにしっかりと準備をしてこようという意識で。日女体大は速いのでしっかり戻ろうという前に出た反省を生かせていたかなと思います。

――課題としていたオフェンスからの戻りというのはきのう、きょうの試合で徹底できていたように感じます

前半は結構戻れていたんですけど、点差が離れて、後半になって気持ちに余裕が出てしまったのかわからないんですけど、戻れないシーンが何回かあって。そういうところを全部全力でやらないといけないと思いました。

――後半は得点が入らない時間が続いたこともあり、追い上げを許す場面もありましたがゴールマウスから見ていていかがでしたか

オフェンスのことは私わからないんですけど、オフェンスができないと雰囲気が悪くなっちゃう傾向にあるので。雰囲気が悪くなってしまったときには私から変えていこうという意思はあるのでそれを目標にしてやっているので結構きょうはそれを達成できたかなと思います。

――残り1分で1点差まで詰め寄られてしまいました

もう本当に、時間的にはもう1回攻めてあと1回シュート打って勝ちという場面だったんですけど、最後キーパーにキャッチされてしまって。速攻が来て「もうやばい」と思って、そこだけガチガチに固まっていましたね(笑)。あそこで私がカットにいけたらよかったんですけど。

――次週の試合にはどういった意識で取り組んでいきたいですか

来週もがむしゃらに向かってくるチームなので。日体大も国士舘大も。なのでオフェンスからの戻りをもう少し意識してやっていかないといけないなと思います。

楯如美(スポ3=岐阜・飛騨高山)

――2次リーグが始まりましたがどのような意識で臨みましたか

負けられない試合なので自分たちがやるべきことをしっかりやって3勝しようという風に思って臨みました。

――きょうは1次リーグで敗戦した相手でしたがチームとして具体的な対策はしていましたか

一回やっている相手なのでどういうことをやってくるかというのは明確にはなっているので戦術的にどこに打たせるとか守り方だけ確認して後はいつも通りという感じでした。

――一度もリードを奪われずに勝利を収めましたが率直なお気持ちはいかがですか

嬉しいです(笑)。

――試合全体を振り返っていかがでしょうか

前半はワセダのペースでできていたんですけど、後半リードしていることに安心してしまって時間のお陰で勝ったということもあるのでそこは次の課題かなと思います

――きょうの良かった点は具体的にどういったところでしょうか

ディフェンスは守れていたし。今までセットオフェンスが課題だったんですけどそこも詰まることなく落ち着いてできたのは、課題はまだたくさんあるんですけど良かったと思います。

――楯選手は2本のポストシュートを決められていましたがご自身のプレーに関してはいかがですか

初戦の1点目から全然シュートを打っていなくて今2次リーグまで来ちゃったので、自分もメンタル的にきていて。その中で点を取れたのは個人的にきょうの試合は大きいというかまた頑張ろうと思える試合になったのでよかったと思います。

――来週に向けてお願いします

きょうの勝利で満足せずに残り2戦を勝っていい形で秋リーグ(関東学生秋季リーグ)、インカレ(全日本学生選手権)につなげられるような試合にしたいと思います。