ソフトボール部

2018.05.13

全日本総合選手権東京都予選 5月12日 東京・瑞穂町営第二グラウンド

コールド発進!いざ宿敵との対決へ

全日本総合選手権東京都予選
佐川急便関東    
早 大 X    
(5回コールド)
投手…○伊藤、廣瀬-加藤
◇(二塁打)増子、廣瀬 ◇(三塁打)川崎、遠藤 ◇(本塁打)

 もう一つの『頂』に至る道である全日本総合選手権、その東京都予選が幕を開けた。出場チームが大学に限られる全日本大学選手権と違い、本大会は実業団などを含む幅広い参加者層が特徴だ。そして、それゆえ圧倒的なレベルの高さを誇っており、昨年は上野由紀子擁するビッグカメラ高崎が準々決勝で敗退したほどである。そんな大会の予選初日であるこの日、早大は佐川急便関東と対戦した。一発で先制点を奪われる嫌な立ち上がりとなったが、その後打線が爆発。終わってみれば8-1でコールド勝ちを収め、次戦へ駒を進めることとなった。

 先発のマウンドには伊藤貴世美(スポ2=千葉経大附)が上がった。「かなりいい感じにスタートは切れた」と自身でも振り返るように、初回から2三振を奪う快調な立ち上がりを見せる。2回に先制となるソロ本塁打を許すも、「色々試していたんですけど、そのボールで打たれてしまったので」と、悔しさをにじませながらも最小失点に抑える。その後は得点許すことなくアウトを積み重ね、攻撃につながる『リズム』を生み出すテンポの良い投球を披露。結果4回を1失点にまとめ、廣瀬夏季(スポ3=北海道・とわの森三愛)にマウンドを託した。

テンポよくアウトを積み重ねた伊藤

 打線は先制された直後の2回。四球に小技を絡めて2死満塁と好機をつくると、不動のリードオフマン神樹里乃(スポ3=北海道・とわの森三愛)が中前に適時打を放ち早くも逆転に成功する。その後川崎楽舞(スポ3=千葉・木更津総合)にも適時打が飛び出しこの回4点を奪取した早大だったが、攻撃の手を緩めることはない。3回には犠飛で中押し点を追加。4回には遠藤真衣(スポ2=東京・日出)が三塁打で好機を演出すると、この日4番に座った廣瀬の適時二塁打などでダメ押し点を奪い、計8得点。その裏を廣瀬が自ら締め、見事なコールド勝ちで試合を終えた。

適時打を放つ川崎

 東京都大学連盟春季リーグ戦(春季リーグ戦)が閉幕してから、早大はチーム内で様々な『変化』を模索しているようだ。その筆頭が打順だろう。3番落合未稀(人4=栃木・大田原女子)、4番川崎を不動のクリーンアップとしていたが、落合が2番に移り3番川崎、4番廣瀬とつなぐ打線に変化した。当たっている打者を並べることで一気に畳みかけられるポイントが打線の中に生まれたかたちとなり、実際この試合では8打点中7点を、1番から4番までの打者が挙げている。また、春季リーグ戦中は廣瀬から伊藤へとつないでいた継投も変化。先発を任されている伊藤も、「リーグ戦の最後の方から徐々に調子が上がってきている」と手ごたえを感じている。そんな中迎える次の相手は、春季リーグ戦で惜敗を喫した東女体大だ。選手も「絶対勝ちます。本当に勝ちます」(川崎)と気持ちを込める一戦となる。リベンジを果たし、優勝へと至ることはできるか。開戦の刻は、すぐ目の前に迫っている。

(記事、写真 望月優樹)

関連記事

紙一重で敗北。悔しさを胸に、前へ。/第50回東京都大学連盟春季リーグ戦(4/24)

コメント

伊藤貴世美(スポ2=千葉経大附)

――今日の調子はいかがでしたか

結構試しているボールも色々あって、そういうボールを混ぜながら。前のリーグ戦の最後の方から徐々に調子が上がってきているので、かなりいい感じにスタートは切れたかなっていう感じはあったんですけど。ホームランの1球だけが少し悔やまれるかなっていう感じです。

――その一球は試している球だったのですか

色々試していたんですけど、そのボールで打たれてしまったので。もう少し色々変えていかなきゃいけないなっていう課題も見つかりました。

――春季リーグ戦中は廣瀬さんから伊藤さんへの継投というかたちが多かったですが、今回はその逆でした。戦術的な意図などはあったのですか

前回のリーグ戦では廣瀬さんが(先発を任される場面が)多かったんですけど。今回は戦術的な意図というよりは、前回の継投は廣瀬さんが主体だったのを、今回は「先発を任せる」みたいな言葉を先生(吉村正監督、昭44教卒=京都・平安)からいただいて、(自分が)先発を任せていただいた感じでした。

――次は春季リーグ戦での因縁の相手である東女体大と対戦することになりましたが、意気込みをお願いします。

何回もやっている相手で、戦術とかいろんな面でお互いが(お互いを)知っている状況の中で自分たちが勝ちきれない試合が多いので。今度は、明日こそは東京女子体育大学に勝って、そこから良い流れで次の試合に臨んで、優勝を狙っていけたらと思います。

川崎楽舞(スポ3=千葉・木更津総合)

――春季リーグ戦の時と打順を大幅に入れ替えての試合となりましたが、どういった意図だったのですか

そうですね。ピッチャーの廣瀬が、春リーグの後の練習試合からなんですけど、サードで四番に座るっていう選択肢を置きまして。まあそれは吉村先生の戦略の一つということで、ちょっと打線が落ち込み気味だったので、新しい風を吹かせようということで。今日は増田っていうピッチャー(侑希、スポ1=香川・高松南)が遠征に行っていて、ピッチャーが2枚しかいないので、(廣瀬が)DPに座って後から(試合に)入れるようにっていうことで、四番廣瀬っていうかたちをとって。

――本日は安打を2本放たれて結果としては好調だったと思うのですが、ご自身の中での手ごたえはいかがでしたか

今まで四番に座らせてもらっていたんですけど、3番だとやっぱり1回に必ず(打順が)回ってくるっていうところで。今まで4番で、「振ろう、振ろう」というか、でかいのを狙ってたんですけど、3番になってちゃんと単打でつなごうとかそういう気持ちの方が大きく持っていたので、安打につながったんだと思います。

――左翼の守備で、春季リーグ戦から再三にわたって好守でチームを救う場面が見られますが、守備で意識していることはありますか

いやー……、自分はあんまり守備が得意じゃないんで。守備が下手な選手ほどダイビングが多いということも聞いたことがありますし(笑)。ただ、その分一生懸命やるっていうことは大事だと思うので、それだけを心がけて、考えてやってます。

――次は東女体大と対戦することになりましたが、意気込みをお願いします。

いや、もう絶対勝ちます。本当に勝ちます。