野球部

2018.05.07

東京六大学春季リーグ戦 5月7日 神宮球場

雨中の熱戦を制し、秋春連覇へ大きく前進/立大3回戦

立大3回戦
慶 大
立 大
(慶)髙橋亮、○髙橋佑、石井-郡司
◇(本塁打)郡司1号ソロ(5回)(二塁打)柳町、内田

 両者譲らず、1勝1敗のタイで迎えた首位攻防戦第3ラウンド。この日は4回表に慶大が逆転に成功した直後、雨が降り始める悪天候に見舞われたが、一度着火した慶大打線の火は最後まで消えることがなかった。エース田中誠也(3年)、中川颯(2年)ら立大の主力投手陣に計15安打を浴びせて7得点。投げては、髙橋亮吾(3年)、髙橋佑樹(3年)、石井雄也(3年)の3年生トリオが盤石のリレーを見せて快勝し、6勝1敗の勝ち点3で、今季初めて単独首位に躍り出た。

 1回戦で8回無失点と完全に封じ込められた立大先発・田中誠に対して、慶大打線は初回から攻勢に出る。先頭の小原和樹(3年)が右前打で出塁。直後に立大の強肩捕手・藤野隼大(3年)に小原は刺殺されるが、続く2番・河合大樹主将(4年)が左前打、2回には内田蓮副将にも左前打が飛び出すなど、得点にこそ結び付かないが、徐々に田中誠を追い付めていく。しかし、先手を取ったのは立大。振り逃げで出た走者を犠打で二塁に進められると、この日打順を上げた好調の3番・江藤勇治(3年)に髙橋亮が右前適時打を浴び、先制点を献上した。それでもすぐさま打線が反撃。連打と死球で1死満塁の好機をつくると、8番・瀬戸西純(2年)が追い込まれてからの甘く入った変化球を中前にはじき返し、逆転に成功する。これまで黒子に徹してきた男の一打が、勝利を呼び込んだ。

逆転の中前適時打を放つ瀬戸西

 その後も攻撃の手を緩めない慶大打線。5回に2死から、4番・郡司裕也(3年)に待望の今季1号となる中越え本塁打が飛び出すと、続く6回にも、田中誠の後を受けた中川から3番・柳町達(3年)の左中間適時二塁打などで3点を加点し、試合を決定づけた。投手陣では、勝利の方程式を確立しつつある髙橋佑、石井が5回以降二塁を踏ませぬ圧巻の投球を披露。立大に反撃の糸口をつかませなかった。打線が8回にさらに1点を追加して7-1で勝利を収め、強敵からの勝ち点奪取に成功した。

左中間適時二塁打で試合を決定づけた柳町

 終わってみれば、初回から9回まで毎回走者を出した慶大の完勝。好投手をチーム一丸で崩そうという姿勢が、ベンチの様子からもうかがえた。その打線の好調ぶり以上に、他大の脅威となるのが充実した投手層。きょう登板した3投手の他にも、昨秋最優秀防御率の佐藤宏樹(2年)やここまで2連勝の菊地恭志郎(4年)らベンチ入りメンバーの誰が登板しても失点の計算が立つ強力な布陣を敷いている。残る対戦カードは現在暫定2位の明大戦と早慶戦。秋春連覇をもくろむ『陸の王者』の独走を阻止できるチームは果たして現れるのか。慶大の戦力の充実ぶりを再認識させられる白熱の首位攻防戦となった。

(記事、写真 皆川真仁)

関連記事

初回から攻め込み、大事な勝ち星を得る/立大2回戦(5/7)

白熱の首位攻防戦。9回猛追もあと一歩及ばす/立大1回戦(5/6)