ハンドボール部

2018.05.07

関東学生春季リーグ 5月6日 東京・日本女子体育大学総合体育館

東女体大相手に力負け。個々のさらなる成長を誓う

   関東学生春季リーグ(春季リーグ)、残り2試合で上位2チームとの試合を残す早大。きょうの相手は春季リーグ開幕前に唯一練習試合を組めず、データがほとんど無かった東女体大。ここまでリーグ最少得点と得点力に課題を残す早大だったが、後半に守備が崩れ大敗を喫してしまい、精神的にも非常に痛い一敗となった。

   試合開始直後から屈指の攻撃力を誇る東女体大に攻め込まれる時間が続いた。先制点を奪われるが金庭亜季(社4=群馬・富岡東)の得点で追いつく。しかし直後に再び失点しリードを奪われると早大も体を張って必死にゴール前を固めるものの、次々とシュートを打ってくる相手に対し5連続失点を喫する。前半24分、そんな苦しい展開を強いられる早大に追い打ちをかけるようにアクシデントが襲う。ここまで幾度となくチームのピンチを救ってきた守護神の大沢アビ直美(スポ3=東京・佼成学園女)が東女体大に9点目を奪われた際に負傷。結局、その後試合に戻ることはできず北村早紀(スポ3=群馬・富岡東)が急きょゴールマウスを守ることになった。しかし課題としている『流れをものにする』試合はきょうもできなかった。一時は3点差まで追い上げたが、攻めきれないオフェンス。その一方で、ディフェンスでは必死に相手に食らいつく粘りを見せたものの連続失点が響き6―13で前半を折り返した。

3試合連続で1点目を挙げている金庭

   「取り返そう、まず一点、まず一点」。ワセダセブンを鼓舞する高田紗妃主将(スポ4=福岡・西南学院)を初めとした力強い声が会場に響く。しかし、「どこの大学には絶対に勝てないということはないと思っている。ただ、前半に良い状態で終わっても後半の初めから失速して立て直しきれずに不安感を持ちながら試合をしてしまうところがある。課題はメンタル面」と春季リーグ第3戦目で日女体大戦に敗戦後、伊地知華子副将(社4=宮崎学園)が話していたまさにその課題が露呈してしまうことになった。後半開始早々にルーキーの紅林詩乃(スポ1=東京・佼成学園女)がポストに入るとすぐにシュートを決める。喜ぶその姿からは新たな風を吹かせる予感はさせたものの、その直後早大は立て続けに2人が退場となり、コートプレーヤー4人でしのがなければならない時間が生まれてしまった。流れは完全に東女体大へ。相手の思うがままに得点を次々と決められ、焦りでミスから守備にほころびが生まれると、さらに失点を重ねてしまうという悪循環に陥ってしまう。スコアが14-35となったところで試合終了のホイッスルが鳴った。

まさかの大量失点に選手たちは肩を落とした

  攻撃の核である富永穂香(スポ4=東京・佼成学園女)だけでなく不動の守護神である大沢までをも故障で失うことになってしまった早大。1次リーグ最終戦の相手は、首位争いを繰り広げている東海大なだけに苦戦を強いられることが予想される。試合後、ここまで負けの先行しているリーグ戦の中でも特に悔しそうな表情を浮かべる選手たち――。故障者も続出し、厳しい戦いを強いられているが、選手たちはみなそれぞれが満身創痍(そうい)で闘っている。4年生としてチームを引っ張る江島朋夏(スポ4=東京・佼成学園女)も話すように「気持ちの面では120パーセントの力を出している」。ひとつの勝利、ひとつのゴールをもぎとるため懸命に走っている。球際では激しくボールを追い、執念のプレーを見せている。ただ目に見えるものとしての結果がついてくるにはまだ何かが足りない。「ひとりひとりがもっと責任を持って、ひとりひとりが成長して強くならないと」。敗戦直後のミーティングで出た言葉だ。その眼からは、これまでとははっきりと変化した覚悟が感じられた。そしてその後、選手たちはさらにミーティングを重ねた。この苦難の先にはきっと明るい未来が待っているはずだ。

(記事 斉藤俊幸、写真 宅森咲子、林大貴)

関連記事

関東学生春季リーグ展望/関東学生春季リーグ(4/10


関東学生春季リーグ
早大 14

6−13

8−22

35 東女体大

GK 大沢アビ直美(スポ3=東京・佼成学園女)

LW 杉山瑞樹(社3=神奈川・横浜創英)

LB 吉田瑞萌(スポ2=東京・佼成学園女)

CB 金庭亜季(社4=群馬・富岡東)

PV 楯如美(スポ3=岐阜・飛騨高山)

RB 伊地知華子(社4=宮崎学園)

RW 久保涼子(スポ4=群馬・富岡東)

星取表(5月6日現在)
    早大 筑波大 東女体大 東海大 桐蔭横浜大 日体大 日女体大 国士館大
7位 早大 18●25 14●35   19●23 17●29 8●16 20○18
3位 筑波大 25○18   28○23 15●21 26○25 32○22 22○15
1位 東女体大 35○14   20●21 27○21 31○18 24○20 26○14
2位 東海大   23●28 21○20 27○20 27○21 28○14 32○21
4位 桐蔭横浜大 23○19 21○15 21●27 20●27   32○26 25○21
5位 日体大 29○17 25●26 18●31 21●27   25○16 17△17
6位 日女体大 16○8 22●32 20●24 14●28 26●32 16●25  
8位 国士館大 18●20 15●22 14●26 21●32 21●25 17△17  
コメント

江島朋夏(スポ4=東京・佼成学園女)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

ここで(悪い)流れを断ち切るというか、勝たないといけない試合だったんですけど、勝てなくて。結果が全てですね。

――ご自身のきょうの出来はいかがでしたか

ずっと瑞萌(吉田、スポ2=東京・佼成学園女)が出てくれていて、自分が出るっていうことはチームの流れを変えるということで、それしかなくて。あの時間帯であの点差だったら4年生としての気持ちや意地を見せる、そういうことだと思っていたので、気持ちの面では自分の120パーセントの力は出せたかなと思います。

――チームとして後半に大量失点してしまった要因はどこにあると思いますか

ずっとこの春季リーグで続いている課題なんですけど、オフェンスでうまくいかないときに、そのあとのディフェンスでの戻りで守りに持ち込むということができなくて。その課題が克服できていないということが課題だと思います。

――試合の後チームでどういった話をしましたか

この後もう一回ミーティングするんですけど、今の段階だったら個々人がもう一回一人一人が誰かを頼るのではなくて、自分が成長していく必要があるということが出た言葉です。

――オフェンスでの課題という話は出ましたが、次戦までに修正していかなければならない点というのはどこだと思いますか

うまくいかないときというのは自分が行くというよりも周りに頼ってしまうことが多くて、自分が点を取るんだという気持ちがなくなってしまっていると思うので、全員がゴールに向かっていくということをもう一度やり直さないといけないと思います。

――メンタル面の課題が大きいと

そうですね。そういうことだと思います。

金庭亜季(社4=群馬・富岡東)

――開幕前に「東女体大だけ練習試合を組むことができなかった」とうかがったのですが対策が難しかったのでしょうか

データがないのできのう試合をみたんですけど、フローターが打ってくるからそれに対してはしっかり当たろうと話していて、あと試合を見たときに相手のディフェンスが高く当たってきていたから裏を切ったりとかしようという話はしていました。

――実際の試合を振り返っていかがでしょうか

もう全然駄目で。前半は結構余裕を持って自分もプレーできていたしみんな喋れたりしたんですけど。後半も、ハーフの時に点差的にもやっぱ走るしかないといわれて、じゃあ速攻いこうみたいな話はしてたんですけど。こっちが結局逆に走られちゃって抜けちゃったなという感じはあります。

――このリーグではオフェンス面が課題だという話をよくお聞きするのですが、センターからみていていかがでしょうか

もう本当に自分が駄目駄目なので全然コントロールできていないなというのは感じていて。さっき先輩にも言われたんですけど、横でプレーしてる味方に対しての要求というのがまだまだできてないから、それが合っていなくて。早くボールが欲しいのにボールを横の人が持ちすぎちゃったり、もっと大きく攻めて欲しいのに逆に早く離しすぎちゃったりとかそういうのが練習の中でなあなあにしちゃった部分がミスにもつながってくるんだろうなと思います。シュートもあんまり決めきれていないなという感じです。

――試合後にはみなさんでどのような話をされましたか

みんな暗くなっちゃってて。選手の層が薄いので一人一人がもっと責任もってやって、一人一人が成長して強くならないと駄目だという話は出ました。

――次戦までに修正すべきところはどんなところでしょうか

やっぱり戻りかなと思います。最初の頃の試合、特に初戦とかは本当にパスミス、キャッチミスから走られちゃったりしてたんですけど、きのう伊地知華子(社4=宮崎学園)と話していた中で、だんだんオフェンスはシュートで終われたりだとかミドルシュートでも打って終わっているし、割りに行くという気持ちがみんな持てているのはすごく感じていて。最初の頃はちょっとオフェンスかみ合わないなと思ってたんですけど、ここ最近は話せるようになったというのが大きくて。そういうところでコミュニケーションもっともっと取っていく必要があるし、シュートで終わってそこからしっかり全員が戻りの意識とかバックチェックをすることがやっぱり課題かなと思うのでそこをみんなで共有していきたいです。

北村早紀(スポ3=群馬・富岡東)

――急なアクシデントからの出場という形になりました

前半にまだアビ(大沢アビ直美、スポ3=東京・佼成学園女)が(シュートを)なかなか止めれていない時に監督に「準備しといてよ」と言われて準備始めたらアビが止めれるようになってきて「まだ大丈夫か」と思った時に、ケガしちゃったので自分の中でも驚きでした。

――後半は何度かセーブを見せるシーンもありましたが

全然納得いってないですね。でも唯一、相手の右45の人が高校の同期でそのシュートを一本止めることができてそのセーブだけは良かったんですけど他はダメでした。

――ここまでベンチでチームの戦いを見る時間が長かったと思いますが戦いぶりをどのように見ていましたか

どのチーム相手でもミスから逆速攻されてそれて戻れないっていうのがこのリーグ戦の中でずっと課題になっていてその流れを断ち切らないと今後も勝てないかなという感じだったので、でもキーパーとしたらそのミスをも補えるようにもう少し止めていかないといけないと思います。

――今後に向けてどのような戦いをしようという話をされましたか

ミスした後に戻れないというのがなかなか改善されなくて、切り替えようとはなっているんですけど、その反省を忘れないで次回に挑まないといけないので、みんなも切り替えれたらいいんですけど主力が結構ケガをしちゃって動揺もしていると思うので私がアビの代わりを務められたらいいなと思います。