ホッケー部

2018.05.06

関東学生春季リーグ 5月4日 早大東伏見グラウンド

強豪・山梨学院大相手に健闘を見せる

 この日早大女子ホッケー部が対戦することになったのは、強豪校として名高い、山梨学院大。格上との対戦であることに加え、主力を欠くという状況であったため、厳しい戦いが予想されていた。予想は的中し、早大は終始攻め込まれる展開が続いたが、その中でも相手の隙をつき1点を奪取。敗北はしたものの、強敵相手に3失点に抑えるなど、選手たちは健闘した。

 試合前半から常に山梨学院大に圧倒された。第1クオーター(Q)の間は、終始早大のゴール付近で試合が進み、相手の攻撃から守り続けるという展開。序盤からシュートを打たれ続けるという苦しい状況であったが、事前に守備に関する認識を共有していたため無失点で切り抜ける。一方で、山梨学院大に攻め込んでいきたい早大であったが、ボールを得ることができたときも、相手の堅い守備に阻まれパスをつなぐことのできないまま試合は進んでいった。すると第2Q開始後約5分。これまで粘りを見せてきた早大であったが、ついに得点を許してしまう。しかしその後は相手のPC(ペナルティコーナー)などの機会にしっかりとゴールを守り、追加点を許さないという粘りを見せた。

得点を決めた片倉

 後半戦が始まっても変わらず試合の主導権は山梨学院大が握っており、第3Q開始後約2分半にPCから得点を許してしまう。この追加点によりさらに苦しくなった早大。その後も短時間に2度もPCを打たれるなど、相手に一方的な試合をされてしまう。しかし、ここで諦めないのが早大女子ホッケー部。一瞬の隙をついてボールを山梨学院大のゴール付近に運ぶと、PCを獲得し、DF片倉優季(スポ3=山形・米沢商)が得点を挙げた。「山梨学院大相手にPCを取れるのはこの1本しかない、決めるしかない」と言う片倉の強い気持ちが決めた一本だった。これで流れに乗った早大は13分に相手のPC失敗の隙をつきゴールを果敢に攻め、シュートを打つ。観客が大いに沸き、これで同点か、とも思われたが、惜しくも入らず。その後早大に好機が巡ってくることはなく、第4Qに3点目を入れられ、1-3で試合を落とした。

FWとして出場した古屋

 この試合の結果は確かに黒星だ。しかし、内容としては決して悪いものではなかった。格上と言える山梨学院大相手に、決して一方的な得点を許すことなく試合を終え、相手ゴールを揺らすこともできた。チームの状態が万全とは言えない中で、健闘したと言えるだろう。次戦は、安岡裕美子監督(平16卒)が「得点を取って勝つしかない」と言う横浜市大戦だ。今回とはまた違う試合展開になるかもしれないが、早大らしさを見せ、今季初勝利をつかみたい。

(記事 金澤麻由、写真 成瀬允、新藤綾佳)

結果
TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
早大
山梨学院大


コメント

安岡裕美子監督(平16卒)

――どのような形で相手を崩そうとされましたか

試合中は主に守備だと思い、ボールを取ったらしっかりとサイドにクリアして自陣を固めて止める。カウンターが出来るときには全員で攻められるようにしていこうしました。

――きょうの試合を振り返っていかがてすか

みんなで共通認識をして、自陣でしっかりと止めることは出来ていたと思うので良かったと思います。

――要所要所で攻める場面がありました

攻めは片倉からのボールが出たあとに、前につながったらスペースを使って攻めきろうというのが、上手く出来たので良かったと思います。

――PCからの得点になりました

しっかりと枠を狙ってボールが入るように、確率の高いところ狙っていこうと思っていました。

――次戦への意気込みをお願いします

横浜市大戦は得点を取って勝つしかないので、そこで攻めのパターンをもう一度確認して、きょうぐらいの共通認識を持って勝って上位リーグに進みたいと思います。

DF片倉優季(スポ3=山形・米沢商)

――きょうの試合を振り返っての感想を聞かせてください</p>

結果としては1対3で負けてしまったんですけど、チーム一人一人すごくいい試合ができたなという達成感があって、山梨学院大相手に点を決めることができたのも嬉しかったし、しっかり一人一人の目的が一緒になっていて、基本的に守備の時間だったんですけど、それが徹底してできたのでいい試合だったと思います。

――強豪・山梨学院大相手に何か対策はされていましたか

山梨学院大だからということではないんですけど、全体で相手のPC(ペナルティコーナー)のかたちを動画で共有して見るようにしたりと、そういう守備で心がけることなどを前日にLINEで話してはいたので、気持ちは高まっていました。あとは全体的に守備という感じだったので、PCの練習をするにしても守備練習を徹底したりだとか、他にもプレスの練習をしたりだとかは山梨学院大対策の練習だったと思います。

――PCから得点を決めた場面について聞かせてください

自分としては、山梨学院大相手にPCを取れるのもこの1本しかない、決めるしかないと思ったので、決めたときは本当に嬉しかったし、観客のみんなが沸いてくれているのも嬉しかったし、とにかく嬉しかったです。

――次の横浜市立大戦に向けての意気込みをお願いします

この前の慶大戦が引き分けで、きょうもいい試合だったけど結果としては負けていて、まだ一回も勝てていないので、次の試合は大量得点で勝てればいいかなと思います。

GK古屋萌杏(スポ2=埼玉・飯能)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

前回慶大と0対0で悔しい思いをしたので、1人1人がやるという意識が高くフォワードもディフェンスもミッドもみんなで協力して試合をすることができたかなと思います。

――山梨学院大戦へ向けて行ってきた対策などはありますか

ショートコーナーの守りをかなり練習しました。山梨学院大は打ち込みでタッチなどが上手なので、タッチに対するカットの練習や技術のある山梨学院大のドリブルに対して2人でペアディフェンスできるように連携の練習をしてきました。

――普段のゴールキーパー(GK)と今回のフォワード(FW)との違いはいかがでしたか

GKとして試合全体をみるのとFWとしてみるのは全然違っていました。FWとして試合に出場しキーパーとしてはわからなかった部分だったり、違った面から試合全体をみることができキーパーとしての勉強にもなりました。

――次戦へ向けての意気込みを聞かせてください

慶大に引き分けで、山梨学院大に負けてしまったので次戦は守りだけでなく攻めて点を取らなければいけません。1人1人が意識を高く持って1点でも多く取れたらいいなと思います。