庭球部

2018.05.06

関東学生トーナメント 5月5日 神奈川・根岸テニスセンターほか

島袋、坂井・田中優組が決勝進出!

 連日開催されてきた関東学生トーナメント(春関)も終盤に突入。早大からは男子シングルスに2人、男子ダブルスに1ペアが出場した。決勝進出を懸けた戦いでも早大勢は力を発揮し、単複共にファイナルへ。連戦の疲労もたまっているはずだが、あと1日。集中力を切らさず、タイトルをかけた戦いに挑んでほしい。

★島袋、春関連覇まであと1勝!

勢いある相手に勝ち切った島袋

 第1シードとして順当に勝ち上がっている島袋将(スポ3=三重・四日市工)は、法大の小見山僚(4年)と激突。同僚の坂井勇仁主将(スポ4=大阪・清風)、安上昂志(スポ3=福岡・柳川)を下して勝ち上がってきた勢いのある相手に、ファーストセットから主導権を握る。第1ゲームをデュースの末キープに成功すると、そこから3ゲームを連取。6—1の大差でこのセットを奪った。しかしセカンドセットでは一転して苦戦を強いられてしまう。「相手のミスが減って、フォアハンドの威力が増した」(島袋)と振り返るように、小見山の威力あるストロークに苦しむ。さらに小見山がポイントを取るたびに相手の応援が大歓声を挙げ、精神面で後押しをしていた。押され気味になった島袋は第6ゲームから3ゲームを連取され、ゲームカウントを3−5とされてしまう。しかしここからが早大のエースの真骨頂だった。あと一つでセットカウントを振り出しに戻される危機の中迎えた第9ゲームで、激しいラリーの応酬の末ブレークバックに成功。最終的にタイブレークに持ち込み、7−3でセカンドセットを奪取。ストレート勝ちを収め大会連覇に王手をかけた。

(記事 森迫雄介、写真 松澤勇人)

★小林雅は惜しくもベスト4で敗退

フォアハンドショットを放つ小林雅

 小林雅哉(スポ3=千葉・東京学館浦安)は前日試合途中で順延となった準々決勝からスタート。その試合はストレートで勝ち上がり、迎えたシングルス準決勝。プレースタイルが似たタイプの二人の激突となった。序盤は双方キープ合戦となった。戦況が変わったのは第5ゲームこの試合初めてブレークすると一転。壮絶なブレークのし合いとなった。その後、4-4となるが2ゲームを連取され、ファーストセットは4-6で落としてしまう。

 「自分のミスが多くなってしまった」。セカンドセットはファーストセットとは違いあっさりと失点。5ゲームを連続で獲得され反撃するも届かず、1ー6でセカンドセットを落としベスト4という成績で大会を終えた

 今回、春関において今までで最大の結果を残した。「結果にはしていませんが、いいスタートは切れた」と語る。不安を抱えながらベスト4という成績を残した。このことは小林雅にいとって大きな収穫でもあるだろう。これからの活躍に期待が高まる。

(記事、写真 小田真史)

★勝負所で強さを発揮!坂井・田中優組が決勝へ

坂井(右)・田中優組は順調に決勝まで駒を進めた

 坂井勇仁主将(スポ4=大阪・清風)・田中優之介(スポ2=埼玉・秀明英光)組は2試合を戦った。準々決勝では前日に齋藤聖真(スポ4=神奈川・湘南工大付)・小林雅組を下した法大ペアと対戦。スピード感あふれるダブルスで終始主導権を握り、6-2、6-4のストレート勝ちを収めた。約3時間後に行われた準決勝では、日大の柴田優貴(4年)・橋川泰典(2年)組と激突。今年力をつけてきている勢いのあるペア相手に、第2ゲームでいきなりサービスブレークを許す。さらには味方の大応援に後押しされた日大ペアに押され、ファーストセットを3-6で落とした。しかし、「優之介が安定してプレーしてくれたので、それに僕が合わせていけた」(坂井)と振り返るように、次第に坂井が調子を取り戻しネットプレーでポイントを取れるように。2-2から4ゲームを連取し、勝負の行方はファイナルセットに持ち越された。スーパータイブレークは立ち上がりから4連続失点と苦しい展開となったが、緊張感の高まる中、早大ペアは驚異的な勝負強さを発揮。一つのミスで勝敗を決められかねない重要な局面で、田中のストローク、坂井のボレーが鋭く相手ペアに襲い掛かった。最後は突き放した坂井・田中優組が接戦を制し決勝へ。「ここまで来たからには優勝しか見えていない」(田中)。インカレインドアに続くタイトル獲得へ、残すはあと一戦だ。

(記事 松澤勇人、写真 森田和磨)

結果

▽男子シングルス準々決勝

〇小林雅哉6-2、6-3今村昌倫(慶大)


▽男子シングルス準決勝

●小林雅哉4-6、1-6川橋勇太(筑波大)

〇島袋将6-1、7-6(3)小見山僚(法大)


▽男子ダブルス準々決勝

〇坂井勇仁主将・田中優之介6-2、6-4鈴木保貴・藤井俊吾(法大)


▽男子ダブルス準決勝

〇坂井勇仁主将・田中優之介3-6、6-2、10-7柴田優貴・橋川泰典(日大)


関連記事

春関本戦がスタート!ルーキーも活躍し上々の滑り出し(5/01)/関東学生トーナメント
シード選手は順当に2回戦を突破!(5/01) /関東学生トーナメント
白熱の男子シングルス、10人が3回戦進出!(5/01) /関東学生トーナメント
インカレ本直者続々決定!シングルスベスト16が出そろう(5/03) /関東学生トーナメント
単複共にベスト8入りを決める(5/03) /関東学生トーナメント
大会はいよいよ終盤へ!8強が続々と決定(5/04) /関東学生トーナメント
ダブルスは有力ペアが敗退も、シングルスでは男女合計3人が4強入り!(5/04) /関東学生トーナメント
上がシングルス決勝に進出!ダブルスは2ペアが4強入り(5/06) /関東学生トーナメント
単複でタイトル逃す悔しい結果に(5/07) /関東学生トーナメント
上は強敵相手に完敗で2位。女子ダブルスは決勝進出ならず(5/07) /関東学生トーナメント
王者・早大がまさかの無冠。この悔しさはインカレで晴らす・・・春関プレーバック(5/07) /関東学生トーナメント

コメント

坂井勇仁主将(スポ4=大阪・清風)

――準決勝はどのように試合に入りましたか

日大は人数が多いので応援も盛り上がってくることは予想していたんですけど、それに乗って相手ペアもノリノリで来て、うまい選手だとは知ってたんですけど情報が少なかったので、なおかつ出だしでサービスゲームをブレークされてしまって、気をつけてはいたんですけど入りはよくなかったですね。

――日大の応援の中での試合はやりづらかったですか

ファーストセットは出だしが悪いのもあってちょっとイライラしてたんですけど、セカンドは目をつむって、あの応援は味方が言ってるんだって思い込んで、試合中はイライラしないように気をつけてました。

――ファーストセットからセカンドセットにかけてはどのように切り替えたのでしょうか

優之介(田中、スポ2=埼玉・秀明英光)が安定してプレーしてくれたので、それに僕が合わせていけたのがよかったです。引っ張ってもらいましたね。

――タイブレークは0-4から巻き返しましたが、どんなことを意識していましたか

あんま覚えてないです(笑)。1ポイント一ポイント必死こいた結果なんですけど、正直い負けてもおかしくない内容だったので、ちょっとしたことで勝敗が分かれたかなと思います。

――対戦してみての相手ペアの印象は

ペアとしては初対戦であまり知らなかったんですけど、橋川(泰典、日大2年)は羽澤君(慎治、慶大1年)に勝ったり、柴田君(優貴、日大4年)も新進で勝ち上がったりと実力をつけてきているペアなので、警戒はしてました。

――勝利の瞬間はどんな気持ちでしたか

あ〜・・・あ〜・・・って感じでした(笑)。見ている人はそうだと思うんですけど、プレーしてる僕らも心臓に悪い試合でした。こっちの応援も相手の応援も力になったのでよかったですね。

――明日の決勝への意気込みをお願いします

相手は小見山(僚、法大4年)・楠原(悠介、法大3年)ということで、シングルスのリベンジということと、あとは田中君と楽しんでダブルスができればいいなと思います。

小林雅哉(スポ3=千葉・東京学館浦安)

――きょうの2試合目の意気込みは

何度か対戦したことがあって負けたことはありませんでした。どういうプレースタイルかというのも分かっていてただ自分がどう戦うかということをやる前から考えていました。全然勝つチャンスはあったかなと。意気込みとしては絶対勝つという気持ちで臨みました。

――試合を振り返って

ファーストセットでは先に僕がブレークしてリードしたのですが、ブレークした後のサービスゲームを結構簡単に落としてしまうことが多くて、3-2の自分のサービスゲームの場面やあとはブレークして4-3でのサービスゲームは確かラブゲームだったと思うのですが簡単に落としてしまいました。やはりそういう所がまだ自分の甘さなのかなぁというのを今大会感じました。このきょうの2試合目だけではなく、今村選手(昌倫、慶大)と試合した時も結構ブレーク合戦が多かったです。やはり自分のサービスゲームを簡単に落としてしまうことが本当に多かったので、インカレまでの課題としてサービスゲーム時に落とさないようにするということかなと思います。
セカンドセットは相手がすごく乗ってきていました。自分のミスが多くなってしまいました。ただ、自分は諦めないということだけを思ってやっていました。負けてしまいましたが最後まで諦めないことはすごく大事なのかなと思います。0-5になって1ゲーム取った時も正直まだ全然チャンスはあると思いながらプレーしていました。そこからまくるチャンスはあったと思います。ただやはりそういう所を締めるのはまだ相手の方が上だったかなと思います。

――セカンドセットの失点の要因は何ですか

自分の球が浅くなってしまったのも一因だったというのは感じました。やはりそこで相手は見逃さず前に入ってコースを隠しながら揺さぶっていたのかなとは思います。

――今大会の収穫は

今年の春関はすごい風が強い中での試合で結構風下、風上と分かれていました。風上であったらコントロール重視で相手揺さぶることを僕は結構考えていて逆に風下の場合は何とか深く返せばチャンスが来るかなという感じがありました。わざと浅めにスライスで返したりすると相手が慌てて前に出てきたり、ミスを誘わせるようなことも出来ました。風がある日にどうやったらいいのか分かったのは収穫なのかなと思います。

――試合後にコーチから何と声を掛けられましたか

先程も言ったのですが、ブレークした後の自分のサービスゲームを取っていれば離せるのに取り切れないのが敗因であるということ。正直別に他は悪いというわけではなかったと思うので、コーチから言われたのはブレークした後のサービスゲームが結果的に落とすことが多かったのでそのことについてご指摘を頂きました。

――結果について思うことは

去年怪我で出れていなくてこの緊張感での試合も経験出来ていませんでした。正直どういう感じになるのかなという感じだったのですが、何とか勝ち上がれてベスト4という結果でした。結果には満足はしていませんがいいスタートは切れたのかなと思います。

――今後への意気込みを単複両方お願いします

シングルスではまだこれから早慶戦、インカレがあります。インカレはしっかり勝ちにいくこと。優勝目指していきます。明日まだコンソレーションが残っています。明日勝って決めて初めて組む齋藤さん(聖真、スポ4=神奈川・湘南工大付)ともラストなので勝っていきたらいいのかなと思います。

――早慶戦に向けて一言

単複共にまだ誰が出るかは決まっていないのですが、いい準備をして臨みたいと思います。

島袋将(スポ3=三重・四日市工)

――どのような意気込みで準決勝に臨みましたか

勢いがある選手だということは分かっていましたし、応援でエネルギーを貰ってどんどん来るタイプだと思っていました。それに対して引かないようにと試合前には心がけていて、実際第1セットは良かったのですが、第2セットの中盤から気圧されてしまったというのは反省点です。

――第1セットは尻上がりに調子を上げ、圧倒していましたが振り返っていかがですか

相手のミスが多かったのもありますし、動きも良くなかったので、自分はサービスゲームから流れをつくってうまくプレーできたことは良かったと思います。冷静に試合を運べたなと。

――第2セットは一転、タイブレークにもつれ込み苦戦を強いられました

相手のミスが減ったのと、威力あるフォアハンドがどんどん入ってきて、自分が引いてしまったところで向こうに流れが行ってしまいました。

――この試合で出た課題は

色々ありますが、いつも課題としているのはサーブとリターンですね。自分の武器はサーブであって、サービスゲームをいかにブレークされずにキープできるかということは常に考えなければいけないと思いましたし、リターンゲームでも(ブレークする)チャンスがある中でも全然(ゲームを)取れなかったりする場面が多いので、決勝では今まで以上に良いプレーができるよう頑張りたいです。

――その決勝への意気込みをお願いします

2連覇にあまりとらわれずに、ただ相手と戦うだけだと思っているので、最後出し尽くせるように頑張ります。

田中優之介(スポ2=埼玉・秀明英光)

――準決勝に勝った今のお気持ちを教えてください

率直にうれしいです。第1セットを取られて厳しかったんですけど、うれしいの一言に尽きます。

――第1セットを落とした時の心境は

パートナーの坂井さんと切り替えようと話をして、第2セットに入れたので大丈夫でした。

――第2セットでは4連続でゲームを取りましたが、どのような気持ちでスーパータイブレイクに臨みましたか

いつも通り、序盤からしっかりやろうと入ったんですけど、結局序盤は取られちゃいました(笑)。

――相手の日大のペアも手強かったのではないですか

本当に上手くて、最初はヤバイんじゃないかっていう焦りしかなかったんですけど、やっぱり要所要所で坂井主将に助けてもらうことができて、勝ちきることができました。

――決勝戦に向けての意気込みをお願いします

ここまで来たからには優勝しか見えてないです。相手も去年インカレベスト4に入っていて強いペアなので、そこにどうやって勝つのかがキーになってくるので、優勝目指して頑張ります。