バドミントン部

2018.05.04

関東大学春季リーグ戦 5月3日 神奈川・日本体育大学健志台キャンパス

優勝の夢 断たれるも 次につながる一手に

 春季リーグもいよいよ後半戦。4日目は男女ともに筑波大と対戦した。男子は、3日目の試合で優勝への道が途絶えたが、隙のないプレーを見せ、ストレートで試合に勝利した。一方女子は目標である優勝に向け試合に挑んだが、相手の展開の速さに圧倒され負けを喫した。

 男子は前日と同様、シングル1を大林拓真(スポ1=埼玉栄)が、シングル2を古賀穂主将(スポ4=福島・富岡)が務めた。1ゲームも相手に渡すことなく2人は勝利し、次のダブルスへ順調につなぐ。今大会まだ1敗しかしていない好調な渡辺俊和(スポ3=埼玉栄)・鈴木朋弥(商3=宮城・聖ウルスラ学院英智)組。第1ゲームを21-14で取ると、続く第2ゲームはスマッシュとカウンターの激しい打ち合いが繰り広げられる。2人はミスなく落ち着いて打ち返すことで点差を広げた。相手も追い上げを見せたが、最後はネット際に浮いたシャトルを押し込みゲームセット。マッチカウント4-1で勝負を制した。

チームの勝利を決定づけた渡辺(左)・鈴木組

 女子は、相手のスピードの速いラリーに苦戦を強いられた。シングル1を任された鈴木ゆうき(社1=宮城・聖ウルスラ学院英知)はフットワークとスピードについていけず、ストレート負け。シングル2に出場した松本茜(社3=福岡・九州国際大付)も粘りを見せたが敗北した。ダブルス1では吾妻(スポ2=福島・富岡)と鈴木の見事な連携で、マッチカウントを1-2としたものの、ダブルス2では再び相手に圧倒される。第1ゲームの序盤から果敢に攻めてくる相手を封じることができない中村幸女子主将(スポ4=富山国際大付)・桃井玲実(スポ3=石川・金沢向陽)組。「自分たちの体勢が崩れている頃には相手が前にいた」と、桃井は相手の攻めに対応できず敗戦したことを振り返った。全体を見ても終始筑波大のペースで試合は進み、ワセダらしさを出せないまま敗れた。

奮闘するも敗れた中村(左)・桃井組

 男女ともに優勝するという目標は途絶えてしまった。しかし、シーズンはまだまだ続いていく。ここで落胆している暇はないだろう。「自分たちのプレー出して、チームを盛り上げて勝ちたいと思います」(鈴木)。最終日にはどんな試合を見せるのか。最後まで戦い抜き、有終の美を飾りたい。

(記事 佐鳥萌美、写真 佐藤菜々、千葉洋介 )

結果

▽男子団体〇4―1筑波大

シングルス1 大林拓真(スポ1=埼玉栄)〇2-0(21-12、21-12)

シングルス2 古賀穂主将(スポ4=福島・富岡)〇2-0(21-19、21―14)

ダブルス1 渡辺俊和(スポ3=埼玉栄)、鈴木朋弥(商3=宮城・聖ウルスラ学院英智)〇2-0(21-14、21-15)

ダブルス2 小野寺雅之(スポ2=埼玉栄)、大林〇2-0(21-10、21-17)

シングルス3 吉村徳仁●0-2(15-21、10―21)

▽女子団体●2-3筑波大

シングルス1 鈴木ゆうき(社1=宮城・聖ウルスラ学院英智)●0-2(18-21、14-21)

シングルス2 松本茜(社3=福岡・九州国際大付)●0-2(12-21、18-21)

ダブルス1 吾妻咲弥(スポ2=福島・富岡)、鈴木ゆ〇2-0(21-18、21-12)

ダブルス2 中村幸女子主将(スポ4=富山国際大付)、桃井伶実(スポ3=石川・金沢向陽)●0-2(16-21、11-21)

シングルス3 平野紗妃(スポ1=福岡・九州国際大付)〇2-0(21-4、21-8)

 

関連記事

男子は快勝するも、女子は惜敗/関東大学春季リーグ戦(04/30)

関東大学春季リーグ戦が開幕!初日は男女で明暗分かれる/関東大学春季リーグ戦(04/29)

渡辺俊和(スポ3=埼玉栄)、鈴木朋弥(商3=宮城・聖ウルスラ学院英智)

――まずきょうの試合を振り返っていかがでしたか

渡辺 今大会初めてのダブルス1で、マッチカウント2-0で回ってきて。それでしっかりとチームの勝利に貢献できたと思います。

鈴木 きょうの相手からしたら自分たちが決めるべき相手だったので。最初ちょっと固い部分もあったんですけど、自分たちの伸び伸びしたプレーができたと思うのでよかったです。自分たちの力を出せて。

――今大会は3勝1敗と調子がいいように見えますがいかがですか

渡辺 日大戦で負けてしまったのであんまりいいという訳じゃないんですけど。でも、気にせずもう1試合残っているので、その試合に向けて頑張ります。

鈴木 渡辺も言ってたんですけど、一番大事な日大戦で自分たちが勝てば終わりって時に勝ち切れず、悔しい思いしたんですけど。自分たちのリーグの成績から言って今まで1勝が最高だったので、3勝1敗ととりあえず勝ち越しはできてるので、明日の試合に向けてベストを尽くしたいと思います。

――オフシーズンに強化した点は

渡辺 体をとにかく鍛えまくりました。以上です(笑)。

鈴木 とりあえず試合に対する自分の気持ちのコントロールですね。相手がどうだろうと自分がどうだろうと安定したメンタルを手に入れるように取り組みつつ、ちょっと細かい練習をしたりして鍛えてきました。

――チームが2勝2敗ということについてどう思いますか

渡辺 多分優勝の可能性は低いと思うんで。でも、明日まだもう1試合残ってるので、明日試合を勝つことだけを考えたいと思います。

鈴木 優勝の希望はわずか数パーセントくらいだと思うので。でも明日勝てばなんとかつながる可能性もあるので、諦めずしっかり頑張っていきたいと思います。

――最終戦に向けて意気込みをお願いします

渡辺 勝ちます、以上です。

鈴木 自分たちのプレー出して、チーム盛り上げて勝ちたいと思います。

中村幸女子主将(スポ4=富山国際大付)、桃井伶実(スポ3=石川・金沢向陽)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

中村 自分たちの球が少しでも甘くなると相手が前にいて詰められてしまいました。それに対して自分たちが対応できませんでした。

桃井相手が前に詰めて来るのが印象的で、自分たちの体勢が崩れている頃には相手が前にいる感じでした。最後も詰められて終わってしまったなという印象です。

――きょうの試合は自分たちが負けてしまうとチームも負けてしまうという場面でしたがプレッシャーなどはありませんでしたか

中村久しぶりにこのペアで出たので、うまく行かないことを前提としてやっていました。2人とも上級生となったので、自分のことももちろんですがチームのためにという責任感がお互いに出てきました。そういう意味でも楽しくやろうというのは話し合っていました。

桃井自分たちが負けたらチームがある負けてしまうことは感じていましたが、一番に考えたことは楽しんでやるということでした。空気が悪くならないように楽しくやろうということは2人で話し合っていました。

――なにか収穫はありましたか

中村負けたのはもちろん悔しいですし、それでチームも負けてしまったことも悔しいです。今までの自分たちは最後気持ち的に暗くなってしまうのですがそういうことは今回ありませんでした。最後まで引かずにはできたことは、収穫だったと思います。

桃井負けたのは悔しいですが、楽しくできました。いつもみたいに暗くなって終わることはなかったのでよかったのかなと思います。また、前に詰めて来る相手に対し、前を抜かなければいけないことが大切になってくるのでそこはこれからの課題としてやっていこうと思います。

――ここ数日でメンバーが変わっていますが

中村その日の調子や、相手によって組むペアなどを変えてやっています。

――最終日に向けて意気込みをお願いします

中村どんなに不利な状況でも最後までやりきることを大切にして、それが結果として勝ちにつながればいいと思います。まずはチーム全員が楽しく試合に臨めたらと思います。

桃井最終戦も相手は強いので、自分のできることをやってチャレンジして行く気持ちで頑張っていこうと思います。