庭球部

2018.05.04

関東学生トーナメント 5月3日 神奈川・根岸テニスセンターほか

大会はいよいよ終盤へ!8強が続々と決定

 関東学生トーナメント(春関)は本戦4日目。男子はシングルス4回戦とダブルス2、3回戦が行われた。シングルスでは島袋将(スポ3=三重・四日市工)と髙村佑樹(スポ3=千葉・東京学館浦安)がどちらもフルセットにもつれ込む試合をものにし、8強入りを決めた。ダブルスでは古賀大貴(スポ3=大分舞鶴)・安上昂志(スポ3=福岡・柳川)組が奮闘。接戦を勝ち切り、こちらもベスト8に駒を進めた。

 今大会、男子シングルスの第1シードを持つ島袋は、根岸会場にて福田真大(慶大)と相対した。第1セットこそミスが目立ち先取されたが、徐々に調子を上げていく。第2セット以降はサーブがさえわたり、島袋のペースに。6-1、6-2で取り返し、ベスト8に名乗りをあげた。島袋の隣のコートで試合を行っていたのは髙村。高校時代、同じテニススクールで切磋琢磨(せっさたくま)していたという清水一輝(中大)との対戦だった。「相当うまくなってるなと感じた」というように、こちらも第1セットは思うような試合運びができず4-6で落としてしまう。しかし第2セットは相手に攻め込まれないようにショットを打ち分けるなど展開を変え、取り返した。迎えた最終セットは一進一退の攻防が続いたが、5-5でのサービスゲームをブレークされる。しかし「あと一本踏ん張ればという気持ちがすごいあった」と髙村。相手のミスに漬け込みラブゲームでブレークし返すと、タイブレークでも先行し、見事に勝ち切った。この結果、準々決勝では島袋と髙村の対戦が決定。普段から一緒に練習することも多いという同級生同士の一戦に注目だ。また、緑会場では優勝候補の田中優之介(スポ2=埼玉・秀明英光)が同学年の岡垣光祐(法大2年)に敗戦。昨年の関東学生選手権に続き今大会でも『ワセダキラー』相手に優勝候補が勝ち星を献上してしまった。

勝利の瞬間、ガッツポーズを見せる髙村

 ダブルスでは古賀・安上組が驚異の勝負強さを見せた。まずは朝10時からの2回戦。前日に中断となったこの試合はスーパータイブレークからスタート。難しいケースではあったが、序盤から先行し勝利をつかんだ。それから約5時間後、安上のシングルス4回戦を挟んだのち、3回戦に臨んだ二人。疲れもたまる中、相手ペアの強いサーブをなかなか攻略できない。第1セットを落としたが、相手のミスを機になんとか第2セットを奪取。またもスーパータイブレークに突入するが、相手に先行され4-7と苦しい展開に。しかしここで安上のサーブを2連続でものにすると、古賀の積極的なプレーでポイントを連取。怒涛(どとう)の6連続得点で逆転勝ちを収めた。「(4-7の場面でのサーブは)正直本当に嫌だった」(安上)、「さすがにひやひやした」(古賀)という二人だが、この戦いぶりには応援していた部員たちも思わず絶賛。この勢いそのままに快進撃を続けてほしい。

古賀・安上は大逆転で勝利を手にした

 全日本学生選手権(インカレ)への出場権がかかった今大会。現在勝ち残っている選手たちはみな、その切符を手にしていることになる。また今大会は関東圏の大学の選手のみの出場とはいえ、インカレでも上位進出の期待される選手が数多く名を連ねているため、非常に重要度の高い大会であることは間違いない。いよいよ終盤を迎えるが、一人でも多くの早大勢が勝ち残ることを期待したい。

(記事、写真 吉田優)

結果

▽男子シングルス4回戦

●古田伊蕗副将4-6、1-6川橋勇太(筑波大)

〇島袋将4-6、6-1、6-2福田真大(慶大)

〇髙村佑樹4-6、6-4、7-6(4)清水一輝(中大)

●安上昂志6-3、4-6、2-6小見山僚(法大)

●田中優之介3-6、6-4、3-6岡垣光祐(法大)


▽男子ダブルス2回戦

〇坂井勇仁主将・田中優之介6-4、6-3竹内聡有・中村悠人(日大)

〇齋藤聖真・小林雅哉7-6(5)、3-6、10-6木野翔・伊藤和輝(東海大)

〇古賀大貴・安上昂志2-6、6-2、10-6小峰良太・杉山和誠(中大)


▽男子ダブルス3回戦

〇坂井勇仁主将・田中優之介6-3、6-1合戸廉太郎・安増篤史(明大)

〇古賀大貴・安上昂志3-6、7-5、10-7前崎直哉・柚木武(法大)

●髙村佑樹・木元風哉5-7、2-6小見山僚・楠原悠介(法大)


関連記事

春関本戦がスタート!ルーキーも活躍し上々の滑り出し(5/01)/関東学生トーナメント
シード選手は順当に2回戦を突破!(5/01) /関東学生トーナメント
白熱の男子シングルス、10人が3回戦進出!(5/01) /関東学生トーナメント
インカレ本直者続々決定!シングルスベスト16が出そろう(5/03) /関東学生トーナメント
単複共にベスト8入りを決める(5/03) /関東学生トーナメント
ダブルスは有力ペアが敗退も、シングルスでは男女合計3人が4強入り!(5/04) /関東学生トーナメント
上がシングルス決勝に進出!ダブルスは2ペアが4強入り(5/06) /関東学生トーナメント
島袋、坂井・田中優組が決勝進出!(5/06) /関東学生トーナメント
単複でタイトル逃す悔しい結果に(5/07) /関東学生トーナメント
上は強敵相手に完敗で2位。女子ダブルスは決勝進出ならず(5/07) /関東学生トーナメント
王者・早大がまさかの無冠。この悔しさはインカレで晴らす・・・春関プレーバック(5/07) /関東学生トーナメント

コメント

髙村佑樹(スポ3=千葉・東京学館浦安)

――まずは今終わったダブルスの試合全体を通して振り返っていかがですか

ファーストセットは先に僕らがブレークしていいかたちでこれたなと思ったんですが、すぐにブレークされて、そこからもう一回ブレークされて・・・。もったいないかたちでセットを落としてそのままセカンドも相手のペースでズルズルいっちゃってっていう感じだと思います。正直勝ちたかったっていう気持ちはすごいあって、ダブルスは本当に優勝できるんじゃないかって思ってたんですけど。木元(風哉、社2=埼玉・早大本庄)は緊張しやすい部分があってきょうもそれがかなり出ちゃっていたので、あれを僕がどう引っ張っていけるか、どうにかいけなかったかなっていうのがちょっと悔しいです。

――木元選手とのペアリング、プレー面では相性などどうでしたか

マッチング的にはかなりいいと僕は思ってて、うまくかみ合えばすごいいいテニスが二人ともできると思います。

――後輩と組むことは今まであまりなかったですか

高校時代も同級生が多くて、大学入っても先輩、同級生。後輩は初めてでしたね。

――そのあたりの難しさはありましたか

僕は結構自分が指示していくダブルスが結構好きで、高校時代も同級生と組んでいましたけどサーブのコースとかも僕が指示して引っ張っていっていたので、その点は後輩とやるのはやりやすいなと感じています。

――それだけにやはり悔しさは大きいですか

そうですね。もっといけたなっていうのが本音です。

――その前にやったシングルスの試合ですが、ファーストダウンから取り返す展開でした

(相手は)もともと高校時代にスクールで一緒にやっていた選手で、その時は僕の方が全然強かったんですけど相当うまくなってるなっていうのをファーストで感じて、セカンドからもう少し展開を変えていかないとまずいなと思っていました。このところあまり調子が上がらないまま春関に入ってしまったんですが、その中でもどうやって配球すれば打ち込まれないかとかを考えて試合に勝ちにいけたっていうのが最後勝てた要因かなと思います。

――ファイナルセットは5-5でブレークされてからよく粘っていた印象でした

5-5でブレークされたところでニューボールになっての相手サーブだったので正直厳しいかなと思ったんですけど、そこはやるしかないなと思っていました。そこで相手も焦ってミスしてくれて踏ん張れたのでよかったです。僕もすごい疲れてはいたんですけど相手の疲れがすごい見えていたので、あと一本、あと一本踏ん張ればという気持ちがすごいあって、それが見えたのがでかかったかなと思います。

――あすは島袋将選手(スポ3=三重・四日市工)との対戦になりますがどう攻めていきたいですか

練習ではよくやっているんですけど、島袋はいつも「試合の方が強いよ」と言ってるんで(笑)。島袋はバカバカ打ってくると思うので、粘って粘ってチャンスがあれば前に出てという積極性も忘れずにいけたら島袋のミスも誘えるんじゃないかなと思います。

古賀大貴(スポ3=大分舞鶴)・安上昂志(スポ3=福岡・柳川)

――まず朝の2回戦からお聞きします。きのうの中断試合の続きということでスーパータイブレークからの試合でしたが難しさはありましたか

安上 そうですね。言ってみればちょっと調子が良かった方が勝つみたいな感じになっちゃうので、10点だとどうしても。正直きのうセカンドを取った勢いでやりたかったんですけどどうしようもないことだったので、いつも出だしが悪いので出だしから声出してというのを二人で決めてやったんですけど難しいところはありました。

古賀 相手はきのう結構勢いがあってきょうもそのままの勢いでこられるのかなと思いながら入っていました。でもきのうのセカンドセットでどうしたら勝てるみたいなかたちがだいたい分かってはいたので、それがちゃんとはまれば勝てるかなと思っていて結果的に勝てたのでよかったです。

――具体的にはどういったプランだったのですか

古賀 向こうは一か八かみたいな感じできてそれに僕らが焦ってミスしていたことが多かったので、しっかり僕らがラリーをしてかたちをつくれば向こうが先にミスをするのがセカンドセットの途中から分かりだしたという感じです。

――午後の2試合目はセカンドセットの終盤まで悪い展開が続いていました。あの時の心境としてはいかがでしたか

安上 相手のサーブがよくてすごい簡単にサービスゲームは取られるし、逆に自分たちのサービスゲームは簡単に取らせてもらえなくて。キープキープが続く中で先にブレークしようというプランだったんですけど、先にブレークされちゃって相手が勢いづいてっていうのがありました。悪い展開でしたね。いつもより元気も出せなくてあまりいいムードをつくれていなかった部分があったのでそこはちょっと反省ですね。

古賀 すごい風が強くて難しいなと思いながらやっていました。あとは安上が(シングルスの試合後で)疲れているのが分かったので、だからこそ僕がとりあえず叫んでなるようになればいいかなと思ってやっていたら、4-5でブレークできてそのままの流れで持っていけました。難しい展開の中でもなんとか打開策を見つけてやれたのでよかったです。

――4-5でブレークしてからは勢いでいけたという感じでしたか

古賀 勢いでしたね。あと向こうの選手が引いているのが分かったのでとりあえずリターンを通して攻めれば絶対いけるというのを話していたので、それが実践できました。

安上 5-5からはいつも通りの二人で声を出して楽しくダブルスがやれたのでよかったです。

――スーパータイブレークは得意だとおっしゃっていましたが、本当に強いなと感じました

安上 いやでも正直4-7だったので(笑)。1ポイントブレークだったのでチャンスはあるなとは思っていたんですけど。

古賀 さすがにちょっとひやひやしましたね(笑)。

安上 1-2でポイントを取られた時も僕がボレーでミスをしてだったんですけど、そこで僕がサーブだったのでここで回ってくるかと思って、正直本当に嫌だったです(笑)。でもなんとか耐えて。

古賀 やばいなとは思っていたんですけど、サーブ2本取って6-7にしてからはいけるんじゃないかと思っていました。

安上 6-7からは古賀くんがめちゃくちゃ強気で(笑)。一人でポイント取ってくれたので本当に助けられましたね。

――あしたも試合がありますが、どういうプレーをしていきたいですか

安上 あした当たる相手はどっちがきてもダブルスがすごい上手なペアなんですが、やることはいつも通り自分たちのプレー、元気出して最後まで諦めないでやれればいいかなと。もちろん勝ちにこだわるのは当然なんですけど、その中でも楽しくダブルスをやればおのずと結果はついてくるかなというふうには思っているので、楽しみます。

古賀 僕も楽しむっていうことをテーマにしながら、前半の積極性に欠ける部分がここ2試合あったので、様子を見ながらも積極性を出して二人で声出して頑張っていきたいです。

田中優之介(スポ2=埼玉・秀明英光)

――相手は岡垣光祐選手(法大2年)でした。試合中はどんなことを意識していましたか

風が強いのもあって、相手よりミスを少なくしようと思っていたんですけど、ファーストセットはなかなか我慢できなくて、風もあるし相手の球も遅いので自分から打っちゃってミスをするっていうパターンで自分がイライラしちゃた部分がありました。

――セカンドセットは立て直しましたが

セカンドセットからは打たないようにしようと決めて入ったんですけど、そしたら0-3になっちゃって、打たなすぎるのもダメだなと思ってちょっと打つようにしたら立て直せたと思います。でもファイナルは完全に守りに入ってしまったので・・・って感じですね。

――シングルスはタイトル狙っていたのでしょうか

そうですね。でもここ最近あまり調子がよくなかったので、インカレ本戦決めてちょっとホッとした部分もあったので、そこが負けにつながってしまったのかなと思います。

――シングルスでの今後の目標をお願いします

シングルスは徐々に調子も上がってきているので、インカレ前にはJOPの試合とかにたくさん出て経験積んで、インカレではきょう負けた岡垣もワセダの選手も全員ぶっ倒して優勝したいと思います。

――ダブルスは変わらず好調のように見えましたが、ご自身ではどう感じていますか

まあパートナーが強いので、僕はのびのびプレーするだけなんで。僕がミスってもパートナーが取ってくれるので助かります。

――ダブルスでの今大会の目標、そして次戦への意気込みをお願いします

ダブルスも優勝を狙っています。次は相手はまだ誰か分からないんですけど、僕らの強みのプレーをして、楽しんでいきたいと思います。