庭球部

2018.05.03

関東学生トーナメント 5月3日 神奈川・緑テニスセンターほか

単複共にベスト8入りを決める

 雨上がりの晴天の中、折り返しを迎えた関東学生トーナメント(春関)。この日はシングルス4回戦とダブルス2、3回戦が行われ、女子部からも多くの選手が出場した。今大会第3シードの清水映里(スポ2=埼玉・山村学園)・下地奈緒(社2=沖縄尚学)組がストレートで敗れシードダウンとなるなど波乱もあったが、大矢・上唯希副将(スポ4=兵庫・園田学園)組が廣川真由副将(社4=埼玉・浦和学院)・田中李佳(スポ1=兵庫・相生学院)組との同士打ちを制し3回戦進出。連日予定されている試合を消化しきれていないためイレギュラーなスケジュールとなっているが、しっかりと調整して試合に臨んでほしい。

 4人がベスト16に名を連ねた女子シングルス。この日は2人がベスト8入りを懸けて3回戦に臨んだ。大矢希女子主将(スポ4=愛知・名古屋経大高蔵)は昨年の春関でルーキーながらチャンピオンに輝いた松田美咲(亜大2年)と対戦。前日に長時間の試合を戦った疲労も残った中での試合だったが、大矢は序盤から松田の力強いストロークに食らい付く。強風の影響もあり互いに思うようなプレーができない中で、「元気ややる気の部分では絶対負けない」(大矢)と粘り強さでは大矢が上回った。ファーストセットを6-1で奪うと、セカンドセットも立ち上がりから5ゲームを連取。最後はやや苦戦したもののなんとかリードを保ち、ストレートで勝利を決めた。清水映里(スポ2=埼玉・山村学園)と村橋舞(立大3年)の試合は大接戦に。ファーストセットは村橋の粘り強いラリーに苦しめられた4-6で落としたが、セカンドセットからは強風にも負けず強いボールを打ち込んだ清水がペースをにぎり、逆転で3時間超えのロングゲームを制した。大矢は主将として臨む最後の春関で過去最高の8強入り。清水は苦しみながらも勝ち上がってきた。次はベスト4を懸けてこの二人がぶつかる。昨年は大矢がストレート勝ちを収めたが、今年はどちらに軍配が上がるだろうか。

必死に食らい付いた大矢

 女子ダブルスは2、3回戦の一部が行われれた。元気の良いプレーで会場を沸かせたのは藤原早気(社2=大阪・城南学園)・米原さくら(スポ2=埼玉・秀明英光)組。2月の関東学生新進選手権(新進)で優勝したペアは、今大会でも存在感を発揮している。新進でも対戦した慶大ペアとの試合は流れが行ったり来たりのシーソーゲームとなるが、「藤原が思いっきりやってくれたので、私もやるしかないなと」(米原)と二人で支え合ってファーストセットを奪取。流れに乗った早大ペアはそのままポイントを重ね、ストレート勝ちでベスト8入りを決めた。新進に続いて春関でも上位進出も、もう快進撃とは言わせない。「一試合でも多く一緒にやりたい」(藤原)。急成長中の2年生ペアは、春の王座を狙いに行く。また、根岸会場でも辻紘子(教4=東京・早実)・大河真由(スポ3=千葉・秀明八千代)組がフルセットの接戦の末ベスト16入りを決めた。

藤原(左)・米原組の勢いが止まらない

 インカレ本戦出場者も決まり、いよいよタイトル争いが本格化してくる。トーナメントを上がるにつれて各大学の主力級の選手たちとの対戦も増えてくるだろう。冬を越えた大学テニス界の勢力図が占われる今大会。学生女王として、少しでも多くの選手が上位に食い込むことはできるか。大会後半戦、春の王者へ向けた戦いはまだまだ続く。

(記事、写真 松澤勇人)

結果

▽女子シングルス4回戦

〇大矢希女子主将6-1、6-2松田美咲(亜大)

〇清水映里4-6、6-2、6-4村橋舞(立大)


▽女子ダブルス2回戦

〇大矢希女子主将・上唯希副将2-6、6-0、10-6廣川真由副将・田中李佳

〇辻紘子・大河真由7-5、2-6、10-6渡邉美雪・橘薫乃(日大)

●倉持美穂・山田菜津子6-7(6)、2-6小松莉奈・林桃香(東学大)


▽女子ダブルス3回戦

●清水映里・下地奈緒2-6、4-6大嶺真緒・松本安莉(山学大)

〇藤原早気・米原さくら7-5、6-2西田奈生・城間安実(慶大)


関連記事

春関本戦がスタート!ルーキーも活躍し上々の滑り出し(5/01)/関東学生トーナメント
シード選手は順当に2回戦を突破!(5/01) /関東学生トーナメント
白熱の男子シングルス、10人が3回戦進出!(5/01) /関東学生トーナメント
インカレ本直者続々決定!シングルスベスト16が出そろう(5/03) /関東学生トーナメント
大会はいよいよ終盤へ!8強が続々と決定(5/04) /関東学生トーナメント
ダブルスは有力ペアが敗退も、シングルスでは男女合計3人が4強入り!(5/04) /関東学生トーナメント
上がシングルス決勝に進出!ダブルスは2ペアが4強入り(5/06) /関東学生トーナメント
島袋、坂井・田中優組が決勝進出!(5/06) /関東学生トーナメント
単複でタイトル逃す悔しい結果に(5/07) /関東学生トーナメント
上は強敵相手に完敗で2位。女子ダブルスは決勝進出ならず(5/07) /関東学生トーナメント
王者・早大がまさかの無冠。この悔しさはインカレで晴らす・・・春関プレーバック(5/07) /関東学生トーナメント

コメント

大矢希女子主将(スポ4=愛知・名古屋経大高蔵)

――きょうシングルスはスコア以上に苦しんだ印象ですが、振り返っていかがですか

そうですね。きのうの相手に体力的に削られたままきょうの試合に臨んでしまった部分があって、ファーストセットから身体がキツいなというのは感じていて、そんな状況で勝つには元気とかやる気を出す以外にないので、そこでは絶対負けないぞという気持ちでいました。

――相手は昨年度優勝の松田美咲選手(亜大)でしたが、なにか意識していたことはありますか

前回優勝者とかはそんなに意識してなくて、とにかくどんな相手でもチャレンジャー精神で臨んでいました。きょうは風が強くて相手も自分も思うように打てなかったので、その中で一本でも多く返してやろうと思っていました。

――ベスト8進出です。どこまで勝ち進みたいですか

春関でベスト8は初めてで、就活もあって満足のいく練習ができていない中でここまで行けるとは自分でも思っていなかったので、ここまで来たからには次も勝てるように、そこで勝てたらその次も勝てるように、一戦一戦頑張りたいと思います。

――ダブルスは初戦から同士打ちとなりましたね

相当意識しました。相手はいつも私のベンチコーチに入ってくれている廣川(真由副将、社4=埼玉・浦和学院)でよくも悪くも私のことを知っていますし、相手はチャレンジャーで向かってくるので、きのうのファーストセットは硬くなってしまっていたと思います。ただ順延になったのがラッキーだったと思って、そのおかげで自分たちも気持ちリセットできてよかったと思います。

――セカンドセットからはどのように立て直したのでしょうか

二人の思い切りが出たというのが大きくて、ストロークはしっかり振って、前の人はプレッシャーかけてっていうのをしっかりやったら相手は自分たちにプレーがしづらかったんじゃないかなと思うので、それは今後も大事にしていきたいと思います。

――ダブルスでの目標はやはり3連覇でしょうか

そうですね。上と組んでお互いラストの春関なので、やっぱりダブルスは優勝を狙って、賞状とトロフィー持って二人で笑顔で終わりたいです。

藤原早気(社2=大阪・城南学園)・米原さくら(スポ2=埼玉・秀明英光)

――関東学生新進選手権(新進)での優勝以降、好調のように見えますが、ご自身ではどう感じていますか

藤原 そうですね、順調です(笑)。

米原 自信ついたよね。

藤原 試合をやってて、あの優勝はいい自信につながっかたかなとは感じますね。

――きょうの相手は新進でも対戦した相手でしたが、どのように試合に入りましたか

米原 だからといって特別意識するわけではなく、いつでもチャレンジャー精神で思いっきりいこうとは話していました。

藤原 一度対戦したことがあったので、もう一回お互いしっかり相手を分析して試合に入るように心掛けました。

――ファーストセットは接戦の末7-5で奪いましたが、よかった点は

米原 私が暴走しましたね(笑)。藤原が思いっきりやってくれたので、私もやるしかないなとは思いましたね。

藤原 思い切りがありましたね。

米原 大丈夫っしょって感じでした(笑)。

――ベスト8入りとなりましたが、どこまでいきたいですか

米原 もちろん優勝目指していきたいですね。

藤原 1試合でも多く一緒にやりたいです。

――次の試合への意気込みをお願いします

藤原 次もまた慶應の選手と対戦するんですけど、代わらず強気で。

米原 チャレンジャーで思いっ切りね。

藤原 元気よく頑張りたいと思います。