準硬式野球部

2018.05.01

4月29日 東京六大学春季リーグ戦 早大東伏見グラウンド

吉田の活躍光り快勝!自力優勝へ望みつなぐ/東大2回戦

東大2回戦
早大

東大
(早)久郷、○前田、福川、古賀-吉田
♢(本塁打)吉田 (二塁打)永井、吉田

 晴天の中、本拠地の東伏見で行われた東大2回戦。この日は前日の辛勝から一転、大差での勝利で勝ち点を手にした。初回に、吉田龍平(スポ3=東京・小山台)の3点本塁打などで一挙4点を先制すると、2回にも2点を追加。投げては4投手の継投で盤石の完封リレー。安心して見ていられる好試合だった。

 初回、1死二塁で打席には永井隆太(スポ4=石川・七尾)。ワセダが誇るクラッチヒッター(※1)が鋭く振り抜くと、打球は左越えのエンタイトル二塁打。幸先よく先制に成功する。さらには2死一、三塁として吉田。「狙っていました」。そう振り返る一打は、左翼フェンスをギリギリ越える3点本塁打。いい打撃だった。続く2回、2死満塁としてまたしても吉田。右翼にフラフラっと上がった打球は右飛に思われたが、いいところに落ちて二塁打に。さらに2点を追加した。前日は快音が響かなかった女房役が、この日は運も味方につけ、先発・久郷太雅(創理3=静岡・沼津東)に大きな援護点をもたらした。打撃陣は、その後の7回にも1点を取り、計7得点と奮闘した。

2点適時打を放つ吉田。この日は5打点

 投手陣は、あらかじめ決められていた4投手の継投で東大打線を封じ込めた。先発は久郷。課題の立ち上がりでは、四球を2つ与えるなど不安定な面を見せたが、2回以降は安定。伸びのある直球がこの日も冴え渡り、4回までをしっかりと抑えた。2番手で登板したのは前田直輝(スポ3=熊本)。関東地区大学選手権(関東大会)準決勝では苦い投球に悔し涙を流すなど、最近はいい結果を残せていなかったが、この日は奮闘。味方の失策にも動じず、2回を危なげなく抑えた。3番手は福川千明(スポ2=兵庫・白陵)。こちらも直球と変化球を織り交ぜ、危なげない投球。2回を零封し、9回の古賀湧也(スポ4=佐賀西)へとつないだ。最終回を任された古賀は、下手投げから繰り出すくせ球で東大打線を翻弄。三者凡退で締め、完封リレーを完成させた。

久郷の後を受けて登板した前田

 この試合、吉田の活躍が光ったが、それ以上に前田の好投が収穫だったように思う。「迷惑をかけることが多かった」と語る前田。これまでは関東大会敗戦のショックを払しょくできず、東京六大学春季リーグ戦(春季リーグ戦)に入っても調子が上がらなかったが、ここにきて復活の兆しを見せた。ゆくゆくは先発での登板を目指しているだけに、この好投が意味するものは大きい。次のカードは早慶戦。まだ自力優勝の可能性が残っている(※2)だけに、チーム一丸となって勇往邁進(まいしん)したい。

(記事 吉岡拓哉、写真 金澤麻由)

※1好機に強い打者のこと

 

※2この試合の翌日の試合で立大が敗れたため、自力優勝が復活した

関連記事

失点を止められず、勝てるはずの試合を落とす/立大2回戦/東京六大学春季リーグ戦(4/10)

相手投手を打ち崩せず敗戦/関東地区大学選手権(3/31)

コメント

吉田龍平(スポ3=東京・小山台)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

初回に先制できたのがすごく大きくて、投手も登板した全員がしっかりと投げてくれたので、非常にいい流れで試合を進めることができたと思います。

――初回の本塁打の感触を教えてください

直球を狙っていました。まさか入るとは思わなかったのですが、いい当たりが打てたのは本当に良かったと思います。

――きょうは3安打と調子が良かったですね

きのうは全く結果が出なくて、少し結果を追い求めすぎていると自分で感じていたので、きょうはあまり考えすぎずに思い切ってやったら、それがいい結果につながったのだと思います。

――守備面では、投手陣を無失点に導きましたね

それぞれの投手の特徴は分かっているつもりなので、それぞれいいところが引き出せたんじゃないかと思います。

――最後に、次の早慶戦に向けての意気込みを聞かせてください

そうですね。負けられない戦いというのは変わらないと思うので、絶対に勝つという気持ちを強く持って、チーム一丸となって戦っていきたいと思います。

前田直輝(スポ3=熊本)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

これまで迷惑をかけることが多かったので、古賀さん(湧也、スポ4=佐賀西)だったり去年卒業した黒須さん(裕太、平30人卒=栃木・真岡)だったりに相談して、改善しようとしてきたことが出せたので良かったと思います。

――きょうは野手の失策から走者を背負う場面もありましたが

これまでは、それで崩れてしまうというのが投手陣の課題だったので、そこを意識してこれまで全員で取り組んできたので、改善したところを見せられて良かったと思います。

――きょうの登板は事前に決まっていらっしゃいましたか

そうですね、毎試合いけるように準備していて。昨日もいく(登板)予定だったのですが、江藤(健太、教3=早稲田佐賀)くんがいいピッチングをしたので、きょうに流れて、いけるように準備しておくように言われていました。

――投手陣の調子も上がってきていますが、いかがでしょうか

本当に古賀さんが良くまとめて下さっていて、いろんな人に目を向けて引っ張って言って下さるので、自分たちはそれに答えられるように頑張りたいです。

――先発への願望等はありますか

したいです。したいですけど、まずは自分の任されたところでしっかりと結果を出していかないと、チャンスを貰えないと思うので、まずはリリーフをしっかりと頑張っていきたいです。

――次は早慶戦ですが、最後に意気込みをお願いします

早慶戦・・・。そんなに。今季は最終戦ではなく、途中にあるので。自分たちはまだ優勝が残っているのであまり思い込まずに、1試合1試合全部負けられない試合なので、きょうと同じような感じで勝つことができれば、と思います。