庭球部

2018.05.01

関東学生トーナメント 5月1日 神奈川・根岸テニスセンターほか

シード選手は順当に2回戦を突破!

 昨日開幕した関東学生トーナメント(春関)。シード選手が登場した2日目も各地で熱戦が繰り広げられた。女子シングルス2回戦、ダブルス1回戦には女子部から多くの選手が出場し、辻紘子(教4=東京・早実)、大河真由(スポ3=千葉・秀明八千代)らが順当に3回戦進出を決めた。

 春関の舞台で熱い同士打ちが行われた。スポーツ推薦で入学した期待のルーキー田中李佳(スポ1=兵庫・相生学院)が上唯希副将(スポ4=兵庫・園田学園)に挑戦。田中李は今大会第3シードの上を相手に序盤から思い切ったプレーを見せる。パワフルなショットで相手を翻弄(ほんろう)し、ファーストセットを6-3で奪った。セカンドセットでも田中李が先にブレークに成功するが、「このままじゃやばいなと思ってスイッチを入れることができた」(上)とここから上が立て直す。田中李のショットに粘り強く応戦し、スコアをイーブンに戻した。ファイナルセットも激しいラリー戦となるが、最後は経験の差を見せつけた上。約3時間に及んだ熱戦を制し、3回戦進出を決めた。下地奈緒(社2=沖縄尚学)の試合も長いラリーが続く接戦となる。その中でも、「何度も対戦したことのある相手で、どうやれば勝てるかは分かっているつもりだった」(下地)と冷静にしぶとくボールを返し続け、相手のミスを誘った。6-3、6-4のストレート勝ちで2回戦を突破。次戦はダブルスでペアを組む清水映里(スポ2=埼玉・山村学園)との同級生対決に臨む。

3時間に及ぶ大接戦を制した上

 
ダブルス1回戦には3ペアが出場。今村南(社3=大阪・城南学園)・松本妃那(スポ1=福岡・柳川)組は前日の劣勢から巻き返すことはできず、ストレートで敗戦となった。廣川真由副将(社4=埼玉・浦和学院)・田中李組は2次予選から勝ち上がって本戦に登場。序盤はミスも見られシーソーゲームが続いたが、「途中からは自分たちのペースをつかめた」(田中李)と振り返るように、第5ゲームでブレークに成功するとそこからは早大ペースで試合が進む。ファーストセットを6-3で奪うと、勢いそのままにセカンドセットは相手を圧倒。2回戦進出を決めた。次戦は優勝候補筆頭の大矢希女子主将(スポ4=愛知・名古屋経大高蔵)・上副将組と対戦するが、「チャレンジャー精神で、ノンプレッシャーで頑張る」(田中李)と意気込んでいる。神奈川・緑テニスガーデンでは倉持美穂(商2=東京・早実)・山田菜津子(文構2=石川・大聖寺)組が勝利。計7ペアがベスト16入りを懸けた戦いに臨むことになった。

廣川(左)・田中李組は次第に調子を上げた

 インカレ本戦への出場権が得られるのは今大会の上位31人。インカレ本直を確実なものにするには3回戦を突破しベスト16に入っておくことが必要だ。夏の戦いへの切符をつかむべく、春の戦いはまだまだ続く。明日以降も早大勢の活躍から目が離せない。

(記事、写真 松澤勇人)

結果

▽女子シングルス1回戦

●米原さくら5-7、3-6竹本琴乃(明大)

●杉田栞1-6、1-6下地奈奈(法大)


▽女子シングルス2回戦

〇上唯希副将3-6、6-3、6-4田中李佳

●廣川真由副将1-6、0-6森崎可南子(筑波大)

〇辻紘子6-0、6-3宮内梨奈(専大)

〇大河真由6-4、6-2倉島愛(立大)

●剱持梓1-6、2-6岩井真優(筑波大)

〇倉持美穂6-2、6-0池田月(日大)

〇清水映里6-2、6-3其田桃子(青学大)

〇下地奈緒6-3、6-4西里夏子(山学大)

●山田菜津子0-6、2-6竹内あやか(法大)

●加藤梨々子2-6、2-6原口紗絵(山学大)


▽女子ダブルス1回戦

○廣川真由副将・田中李佳6-3、6-2相川貴乃・倉島愛(立大)

●今村南・松本妃那1-6、2-6東綾香・我那覇真子(筑波大)

〇倉持美穂・山田菜津子7-5、6-0江口琴音・鈴木風咲(日体大)


関連記事

春関本戦がスタート!ルーキーも活躍し上々の滑り出し(5/01)/関東学生トーナメント
白熱の男子シングルス、10人が3回戦進出!(5/01) /関東学生トーナメント
インカレ本直者続々決定!シングルスベスト16が出そろう(5/03) /関東学生トーナメント
単複共にベスト8入りを決める(5/03) /関東学生トーナメント
大会はいよいよ終盤へ!8強が続々と決定(5/04) /関東学生トーナメント
ダブルスは有力ペアが敗退も、シングルスでは男女合計3人が4強入り!(5/04) /関東学生トーナメント
上がシングルス決勝に進出!ダブルスは2ペアが4強入り(5/06) /関東学生トーナメント
島袋、坂井・田中優組が決勝進出!(5/06) /関東学生トーナメント
単複でタイトル逃す悔しい結果に(5/07) /関東学生トーナメント
上は強敵相手に完敗で2位。女子ダブルスは決勝進出ならず(5/07) /関東学生トーナメント
王者・早大がまさかの無冠。この悔しさはインカレで晴らす・・・春関プレーバック(5/07) /関東学生トーナメント

コメント

上唯希副将(スポ4=兵庫・園田学園)

――3時間近い試合になりました

結果として勝てたのはよかったと思うんですけど、内容は全然満足しちゃいけないものだったので、反省すべき点の方が多いかなと思います。

――1年生の田中李佳選手(スポ1=兵庫・相生学院)と対戦してみての印象はいかがですか

しぶといですね。私がファーストセットのままずるずるいってたら田中の方が勝機はあったと思いますし、私がセカンドの途中で奮起できたから勝てましたけどずっと押されていた印象ですね。将来有望な選手です!

――セカンドセットも先にリードされる展開でしたがどのように立て直しましたか

ファーストセットは勝ちたいという気持ちが全然弱くて、セカンド入ってもなかなか切り替えられなかったんですけど、途中からこのままじゃやばいなと思ってスイッチを入れることができて、リラックスして試合できるようになってからは6-3と立て直すことができました。最近就活で練習するの頻度が減ってしまっていて、最終セットもカウンターで切り返しがなかなかできなかったんですけど、そこは自分の体力と向き合って、ノータッチエースを取られても気にせずいけたのが最後は勝ちにつながったと思います。

――今大会はどのような目標で臨んでいるのですか

とりあえずは本直を決める、ですね。夏関(関東学生選手権)やインカレ(全日本学生選手権)、インカレインドア(全日本学生室内選手権)では表彰状をずっともらってるんですけど、春関だけは1年目からもらえていなくて。縁がない大会なので、とりあえず目の前のことに集中しないと足元をすくわれるなというのがこれまで3年間の反省なので、一個ずつ勝って本直を決めてからのびのびと頑張っていきたいと思います。

――次戦への意気込みをお願いします

シングルスはもう一回勝たないと本直が確実じゃないので、きょうみたいにならないように出だしから集中して、しっかり勝利につなげたいと思います。ダブルスは大矢(希女子主将、スポ4=愛知・名古屋経大高蔵)の3連覇もかかってるんですけど、私は春関でいい成績を残せていないので、足を引っ張らないように、一個ずつ勝っていってインカレインドアに続くタイトルを狙いたいと思います。

下地奈緒(社2=沖縄尚学)

――今大会にはどのような目標で臨んでいますか

シングルスは去年は2回戦で負けたので今年はそれを超えることで、あとは自分のプレーを出し切るというのが目標です。ダブルスは清水(映里、スポ2=埼玉・山村学園)と組んでインカレインドアはベスト4で負けてしまったので、今回はもっと上で優勝を目指したいと思って頑張ってます。

――きょうは苦しい試合でしたが全体的に振り返って

苦しい試合になるというのは試合前から分かっていたので、その中でしっかり自分のテニスでポイントを重ねていこうと思っていました。沖縄で一緒だったので何度も対戦したことのある相手で、どうやれば勝てるかは分かっているつもりだったので、それを徹底してできたかなと思います。

――とにかくつないで相手にミスをさせるということでしょうか

自分自身のプレーは攻めるタイプではなくて、相手にミスをさせてチャンスは前に出て取るというプレーなので、それもしっかりできたかなと思います。

――昨年の成績を超えて3回戦進出です。どこまで勝ち進みたいですか

次は多分清水なんですけど、相手がインカレチャンピオンだとかは気にせず、自分のプレーをしてチャンスがあれば勝ちに行というのを意識して戦いたいと思います。

田中李佳(スポ1=兵庫・相生学院)

――早大への進学を決めた理由は

単純にテニスが強いのと、あとはスポーツと勉強を両立できると思ったからです。

――実際に入部してみて早大庭球部の雰囲気はいかがですか

入る前は上下関係とかしっかりしてて厳しいのかなと思ってたんですけど、入ってみたら先輩方もすごく優しくて、いいなと思ってます。

――きょうのシングルスの試合は上唯希副将との対戦でしたが、振り返っていかがですか

とにかく疲れました(笑)。

――勝ちを意識した瞬間はありましたか

ファーストはうまく取れたんですけど、絶対巻き返してくるなと思ってました。勝てると思ったときはなかったですね。

――ダブルスの試合を振り返って

最初は微妙だったんですけど、途中からは自分たちのペースをつかめたのでよかったと思います。

――廣川真由副将(社4=埼玉・浦和学院)とのペアですが、相性などはいかがですか

最高!バッチリです!

――次は大矢女子主将・上副将組との対戦ですが、意気込みをお願いします

チャレンジャー精神で、ノンプレッシャーで頑張りたいと思います。