庭球部

2018.05.01

関東学生トーナメント 4月30日 埼玉・大宮けんぽグラウンドほか

春関本戦がスタート!ルーキーも活躍し上々の滑り出し

 毎年ゴールデンウィークに行われる関東学生トーナメント(春関)。本戦初日は男女シングルス1回戦、男女ダブルス1回戦の一部が行われた。早大からも多くの選手が登場。全日本学生選手権(インカレ)への切符、さらには春の王者の座を懸けた熱い戦いが、ついに始まった。

 大宮会場ではルーキーが早大勢の先陣を切って白星を持ち帰った。名越大地(社1=兵庫・相生学院)は昨年の総体団体優勝メンバーであり、個人戦でもダブルスでベスト4入りの事績を持つ有望株。今大会シングルスは1次予選から勝ち上がり本戦の舞台に立った。「最初は自分が委縮してしまっていた」(名越)と振り返るように序盤は動きが堅く、ミスが続く。1-4とリードを許したが、ここから自ら声を出して立て直し4ゲームを連取した。その勢いのままファーストセットを奪うと、セカンドセットでは鋭いサーブとフォアハンドで攻めるかたちでポイントを重ねる。終わってみれば7-5、6-4のストレート勝ちで1回戦を突破した。「あと一回勝って本戦を決めたい」(名越)。1年生で唯一シングルスに出場している名越は、どこまで勝ち上がることができるだろうか。他にも松本貫太朗副将(社4=東京・早実)、古賀大貴(スポ3=大分舞鶴)、木元風哉(社2=埼玉・早大本庄)が2回戦に進出。インカレ本直を決めるべく、次戦はそれぞれシード選手との対戦に挑む。

鋭いサーブを放つ名越

 ダブルスでもルーキーが躍動した。佐藤祥次(スポ3=大分舞鶴)・武藤洸希(スポ1=東京・大成)組が中村進之介(4年)・甲斐直登(3年)組(ともに慶大)と対戦。相手は慶大の主力選手だが、早大ペアは物おじせず序盤から積極的なダブルスを展開する。ファーストセットは3-3で迎えた第7ゲームでブレークに成功すると、そのまま流れに乗りこのセットを奪った。セカンドセットは途中相手のペースになりかけた時間もあったが、佐藤・武藤組は終始声を出しお互いを奮い立たせ続け、要所ではポイントを取り切り主導権を渡さない。武藤が「僕らの一番の武器」と話すリターンを確実に通し、最後も相手サービスゲームをブレークしてゲームセット。2回戦では関東学生新進選手権優勝ペアと顔を合わせるが、「シングルスの分もダブルスでインカレの上位に入れるように」(武藤)と気合は十分だ。また、古田伊蕗副将(スポ4=静岡・浜松市立)・名越組の1・4年生ペアはストレートで敗戦。松本貫副将・藤井颯大(スポ2=京都・同志社国際)組はファーストセット終了時点で後日順延となった。

佐藤(右)・武藤組のリターンが光った

 根岸、泉、緑会場では女子シングルス1回戦が行われ、廣川真由副将(社4=埼玉・浦和学院)らが順当に初戦を突破した。インカレ本直争い、そしてタイトル争いはあすから本格化するだろう。早大からも島袋将(スポ3=三重・四日市工)、清水映里(スポ2=埼玉・山村学園)の両エースらシード選手たちが続々と登場。しかし、油断は禁物だ。昨年は優勝候補がまさかの初戦敗退に終わったこともあっただけに、慎重に試合に入っていきたいところだ。

(記事、写真 松澤勇人)

結果

▽男子シングルス1回戦

〇松本貫太朗副将6-1、7-5小桧山駿(日大)

〇古賀大貴6-7(3)、6-2、6-1権太圭吾(慶大)

〇木元風哉6-4、6-2清水奎吾(亜大)

●樋口廣太郎4-6、6-7(2)矢部馨(専大)

●堀凌輔4-6、2-6伊達佳佑(日大)

〇名越大地7-5、6-4鈴木佑(日体大)


▽男子ダブルス1回戦

●古田伊蕗副将・名越大地2-6、5-7川橋勇太・田形諒平(筑波大)

〇佐藤祥次・武藤洸希6-3、6-4中村進之介・甲斐直登(慶大)


▽女子シングルス1回戦

〇廣川真由副将6-2、6-4東綾香(筑波大)

●今村南6-7(3)、2-6宮内莉奈(専大)

●大石真珠美1-6、0-6古川夏実(駒大)

〇剱持梓3-6、6-3、6-1俣賀瑞希(日大)

●森川菜花7-6(4)、3-6、1-6池田月(日大)

〇下地奈緒7-6(2)、7-5楚南美波(亜大)

〇山田菜津子2-6、6-4、6-2野田凪葉(日大)

〇加藤梨々子7-5、6-1大橋莉子(上武大)

〇田中李佳6-3、6-1大川雪菜(東農大)

●守口蘭夢5-7、1-3(RET)朝倉菜月(亜大)


関連記事

シード選手は順当に2回戦を突破!(5/01) /関東学生トーナメント
白熱の男子シングルス、10人が3回戦進出!(5/01) /関東学生トーナメント
インカレ本直者続々決定!シングルスベスト16が出そろう(5/03) /関東学生トーナメント
単複共にベスト8入りを決める(5/03) /関東学生トーナメント
大会はいよいよ終盤へ!8強が続々と決定(5/04) /関東学生トーナメント
ダブルスは有力ペアが敗退も、シングルスでは男女合計3人が4強入り!(5/04) /関東学生トーナメント
上がシングルス決勝に進出!ダブルスは2ペアが4強入り(5/06) /関東学生トーナメント
島袋、坂井・田中優組が決勝進出!(5/06) /関東学生トーナメント
単複でタイトル逃す悔しい結果に(5/07) /関東学生トーナメント
上は強敵相手に完敗で2位。女子ダブルスは決勝進出ならず(5/07) /関東学生トーナメント
王者・早大がまさかの無冠。この悔しさはインカレで晴らす・・・春関プレーバック(5/07) /関東学生トーナメント

コメント

松本貫太朗副将(社4=東京・早実)

――今大会の目標は

まずは岐阜への切符をつかむということで1回戦突破が最低限の目標でした。その上で僕の中ではインカレ本戦というのを高い目標として置いているので、まだまだこれからかなと思います。

――育成層副将として、育成層全体ではどのような目標で臨んでいますか

新進(関東学生新進選手権)で思うような結果が出なかったメンバーが多くて、とにかくまずは本戦出ることを目標にやっていました。堀凌輔(スポ2=福岡・柳川)が唯一本戦に進めただけで本戦のドロー見たらあまり結果が伴っていないようにも見えるんですけど、試合内容とかは新進の時よりもよくなっていて練習の成果も出ているなと感じましたし、これまでは1次予選で負けていた人が2次予選まで進めたり、2次予選決勝までいけたりした人も多かったので、今後の糧になる大会だったのかなと思います。ただ春関は一番大事な大会なので、結果は残したかったなというのはありますね。

――きょうの試合はファーストセットは楽なかたちで取ることができましたが、どんな心境でしたか

相手が球の質のいい選手で、風もあったので自分は打ち合ずにかわしてかわして相手のタイミングを外しながらミスをさせればいいかなと思いながら、落ち着いてプレーできていたと思います。そのまま相手がハマってくれて、6-1で取れたのはよかったです。

――セカンドセットは苦しい時間も続きましたが

自分のサーブで崩れてしまった部分があって、取れるゲームをダブルフォルトで落としてしまって相手も乗ってきて、難しいところもあったんですが最後はなbんとじゃ声で押し切れたと思います。

――次戦への意気込みをお願いします

次の相手は新進で準優勝したバックハンドがすごくうまい選手で、僕自身2年生くらいのときに対抗戦でボコボコにやられた覚えがあるので、対策をしっかり立てて、それでも自分より実力は上の選手なので思い切ってリラックスしてやれたらなと思います。

名越大地(社1=兵庫・相生学院)

――早大への進学を決めた理由をお聞かせください

王座(全日本大学対抗王座決定試合)の決勝を見に行った時に、相手の慶應もすごく強いのに先輩たちが慶應を圧倒している姿がすごくカッコいいなと思って、勉強とかは大変なんですけど早稲田で頑張りたいなと決心しました。

――実際に入部してみて早大庭球部の雰囲気はいかがですか

テニスしてないときはみんな賑やかで先輩後輩関係なく仲良くしているんですけど、テニスになったらみんなスイッチが入って、メリハリがすごいなと感じています。

――今大会シングルスは1次予選から勝ち上がってきましたが、予選の戦いはどのように振り返りますか

1次予選は負けられなかったので緊張してしまって、危ない試合も1、2試合あったんですけど、そこを乗り越えたら2次予選は思い切ってプレーすることができました。本戦も勝てるとは思ってなかったんですけど、最後の方は自分のテニスができて、1回戦勝つことができてよかったです。

――本戦での目標は

インカレ予選を決めることはできたので、あと一回勝って本戦を決めたいと思います。

――きょうの試合を振り返って

大きい大会で周りも強い選手ばかりなので最初は自分が萎縮してしまって序盤は1-4とかまでいったんですけど、そこから声を出して挽回(ばんかい)できたのでよかったです。

――ダブルスは古田伊蕗副将(スポ4=静岡・浜松市立)とのペアで出場しましたが相性などはいかがですか

古田さんはどんな球でも返してくれるんですけど、きょうの試合は自分がチキってしまってなかなかボレーに出れなくて、伊蕗さんのストロークが生かせていなかったなと思います。もっと練習していけばいいダブルスになると思うので、頑張ります。

――次戦への意気込みをお願いします

相手は慶應の畠山成冴さん(4年)なんですけど、チャレンジャー精神で自分のテニスができるように頑張りたいと思います。

武藤洸希(スポ1=東京・大成)

――早大への進学を決めた理由をお聞かせください

ジュニアの最後の全国大会でベスト4以上に入ったら早稲田大学に入って頑張ろうと思っていたんですけど、ベスト8で負けてしまって、その時は自分の中ではこの成績で13年連続で日本一になっている大学に入るのは実力不足だと思って一度は諦めていました。でもそこで嶋﨑さん(徹夫監督代行、平元商卒=神奈川・桐蔭学園)から「これまでの実績は関係なく、大学でさらに強くなる挑戦をしてみないか」と言われて、そこで挑戦というのもアリだなと思って、進学を決意しました。

――実際に入部してみて早大庭球部の雰囲気はいかがですか

先輩方がとても優しくて、上下関係が厳しいとかではなくて先輩後輩関係なく仲良くて、後輩の意見も聞いてくれる風通しのいい部活なので、とてもやりやすいなと感じています。

――今大会の目標は

シングルスは本当はインカレで活躍したかったんですけど予選で負けてしまって、もうダブルスしか残ってないので、シングルスの分もダブルスでインカレで上位に入れるように頑張りたいと思います。

――ダブルスは佐藤祥次選手(スポ3=大分舞鶴)とのペアで出場していますが、相性などはいかがですか

きょうはこれまでで一番くらいのプレーができたんですけど、普段の練習からいいプレーができていて、きょうはさらに集中力が高かったのですごくいいプレーができたと思います。相性は結構いいと思います。

――二人で声を出しているのが印象的でしたが意識していたのですか

祥次さんがすごくネガティブな人なので、とにかく声を出してミスは気にせず、ミスしても声を出していくくらいの気持ちでやったらネガティブにならずにポジティブにできたので、これは今後も続けていきたいと思います。

――試合展開を振り返って

サービスキープに確率が高くて、その上でリターンゲームでどんどん相手を崩せていけたのがよかったと思います。僕らが一番武器としているのはリターンでリターンでいかにポイントを取れるかを目標にしているので、きょうは僕らの理想としている一番いいテニスができました。

――次戦への意気込みをお願いします

相手は新進で優勝しているペアで強いんですけど、自分たちは常にチャレンジャーだと思って、きょうのように声を出してがむしゃらにいきたいと思います。