野球部

2018.05.01

東京六大学フレッシュリーグ 4月30日 神宮球場

投打かみ合い今季初勝利。連覇へ突き進む/立大戦

※連盟規定により7回打ち切り

立大戦
立 大
早 大 ×
(早)○森田、中野-尾﨑

 前日の明大戦では勝利目前の最終回に失点し、引き分けに持ち込まれた若き早大ナイン。東京六大学フレッシュリーグ(フレッシュリーグ)連覇に向けて、負けられない立大戦に臨んだ。初回、先発の森田直哉(スポ1=早稲田佐賀)が2死からソロ本塁打を浴び、先制点を奪われる。それでもすぐさま打線が反撃。眞子晃拓(教2=早稲田佐賀)の適時打で逆転に成功すると、以降は一度も相手にリードを許さず、今季フレッシュリーグ初勝利を挙げた。

 先発のマウンドに上がったサウスポーの森田。初回、幸先良く2死を取ったが、3番打者にフルカウントから投じた直球を右中間スタンドに運ばれ先制を許す。しかしその裏、打線がすぐさま逆転に成功。3番・金子銀佑(教2=東京・早実)が四球で出塁すると、続く4番・瀧澤虎太朗(スポ2=山梨学院)の二塁打で、2死二、三塁と好機を拡大。ここで迎えるのは、前日無安打に終わった眞子。「思い切り振ることを心掛けようと思っていました」と放った打球は、中堅手の前に落ちる逆転の2点適時打となった。リードをもらった森田。2回から4回まで毎回走者を出したが、長身から投げ下ろす角度のある直球と変化球との緩急を武器に要所を締め、得点を許さない。打線も金子の2点適時打などで加点して4回を終えて5-1となり、完勝ムードが漂った。

昨日に続いて攻守で存在感を放った金子

 ところが5回、森田が立大打線に捕まる。連打で1死二、三塁のピンチを背負うと、4番打者に犠飛、5番打者には左翼線適時二塁打を浴び、2点差まで追い上げられる。それでも後続は断ち、リードを許さず。勝利投手の権利を手に、森田はマウンドを降りた。6回からは中野克哉(商2=早稲田佐賀)が登板。2回をいずれも三者凡退に抑える完璧な投球を見せた。6回裏には、眞子のこの日2本目となるダメ押しの適時打が飛び出し、隙のない試合運びで、追いすがる立大を振り切った。

要所を締め、試合をつくった森田

 昨日は2回以降沈黙した打線だったが、きょうは取るべきところで得点を奪い、奮闘する先発の森田を強力援護した。投手陣の充実ぶりが光り、失点の計算が立つのはチームにとって大きいだろう。さらに、1試合を通じてベンチからの指示の声がやむことはなく、非常にいい雰囲気で試合が展開できている。次戦は3週間後の法大戦。今試合の勢いを失わず、連覇へ向けて突き進んでいきたい。

(記事 皆川真仁、写真 秦絵里香)

関連記事

西垣好投も、初戦を白星で飾れず/明大戦(4/30)

コメント

眞子晃拓(教2=早稲田佐賀)

――1打席目は2死二、三塁の場面でしたが、どんな思いで打席に立たれましたか

昨日ヒットを打つことができなかったので、きょうは思い切り振ることを心掛けようと思っていました。

――昨日の打席からはどのような修正をされて臨んだのでしょうか

自分のバッティングを友達に聞いたら、ちょっと硬いと言われたので、ちょっと楽にいこうかな、と思ってきょう臨みました。

――他の打席でも粘りを見せていましたね

次も尾﨑(拓海、社1=宮城・仙台育英)とかいいバッターが続くので、四球狙ったり、時間制限もあるので、チームの勝利に貢献できるようにやっていました。

――4打席目についてはいかがでしたか

前の瀧澤(虎太朗、スポ2=山梨学院)がゲッツー取られて、嫌な流れだったので思い切り打って、流れが変わればいいなと思って打ちました。

――きょうの試合でチームの雰囲気はいかがでしたか

キャプテンの宮崎大地(商2=東京・早大学院)中心に、シートノックからずっといい雰囲気で入れていたので、それがチームのバッティングにつながったかなと思います

――自分のアピールポイントは

思い切りの良さですかね。ノーツーとかノースリーからでも、しっかり振っていこうと思っています。

森田直哉(スポ1=早稲田佐賀)

――まず初回、3番打者に一発を浴びましたが、あの場面を振り返っていただけますか

自分としてはアウトかなと思ったんですけど、まあ点取られてしまって。けど他の先輩方から、そこは切り替えて次を投げろと言われたので、上手く切り替えて投げれたかなと思います。

――打たれた球は直球でしょうか

ストレートですね。

――その裏にチームが逆転しましたが、どのように切り替えられましたか

本当に頼もしいバッティングをしてくださったので、次からしっかり0点を並べて、勝ちにつなげられる投球をしていこうと考えていました。

――2回に四球が2つ出たところで、尾﨑拓海捕手(社1=宮城・仙台育英)がマウンドに向かったと思いますが、どのような話をされましたか

ちょっと気持ちが入りすぎて、ストレートが指にかかってないと言われたので、もう一回冷静になって攻めていこうという話をしました。

――その後は修正できましたか

うまく力も抜けていいピッチングができたかなと思います。

――5回に失点することになりましたが、5回の投球を振り返っていかがですか

やっぱり、5回で一区切りというふうに自分は考えていたので、その5回に点を取られて。2点取られてしまったんですけど、まだ2点差あったのでこれ以上(の失点)は避けようと思って投げました。

――ご自身の長所やアピールポイントはどこでしょうか

自分はどうしても、上から投げるのでそのストレートの角度と、そこからのチェンジアップとか変化球をうまく使って投げる投球が持ち味だと思っています。

――今後のフレッシュリーグの試合に向けての意気込みをお願いします

この前の試合で、西垣(雅矢、スポ1=兵庫・報徳学園)がいいピッチングしたんですけど、自分も負けてられないので、どんどんお互い切磋琢磨して上に上がっていけるように頑張りたいと思います。