ハンドボール部

2018.04.29

関東学生春季リーグ 4月29日 東京女子体育大学体育館

国士舘大打ち破り、待望のリーグ初勝利!

 ここまで0勝2敗と後がない早大は、同じく未だ勝ち星のない国士舘大と負けられない一戦に臨んだ。「何が何でも勝つ」(高田紗妃主将、スポ4=福岡・西南学院)――。強い思いを持って迎えた試合。オフェンスがかみ合わず一桁得点に終わったきのうとは打って変わって「ディフェンスでもオフェンスでも今までの試合の中で一番歯車が合った感じでした」(LB吉田瑞萌、スポ2=東京・佼成学園女)と息の合ったプレーを見せる。勢いに乗った早大はスタートから一度もリードを許さず、見事待望の関東学生春季リーグ(春季リーグ)初勝利を飾った。

 きょうのワセダは試合前から違った。彼女たちは会場の外で一際大きな声でアップをしていたのだ。きのうの敗因の一つとして、コミュニケーション不足が挙げられたため「きょうは切り替えてみんなで最初から声出していこう」(吉田)といつも以上に意識していた。良い雰囲気はコートの中にも持ち込まれる。吉田がカットインで先制点を挙げるとGK北村早紀(スポ3=群馬・富岡東)が7メートルスローを止め、早くも流れは早大ペースに。全員が声を出し、笑顔でプレーする姿はまるできのうとは違うチームのようだった。RB伊地知華子(社4=宮崎学園)の連続得点で一気に5点差をつけると、ここで再び7メートルスローを与えてしまう。しかし、今度はGK大沢アビ直美(スポ3=東京・佼成学園女)がスーパーセーブ。2人の3年生キーパーが2本連続で7メートルスローを止めてみせた。その後は相手の速攻で連続失点を喫し1点差まで詰められたものの、LW杉山瑞樹(社3=神奈川・横浜創英)が巧みなループシュートを見せるなど応戦。3点リードで前半を終えた。

計7点をたたき込み、大車輪の活躍を見せた吉田

 後半は先制を許したが、RW久保涼子(スポ4=群馬・富岡東)が7メートルスローを危なげなく決めすぐに取り返す。そして後半6分、紅林詩乃(スポ1=東京・佼成学園女)がカットインでシュートを決めると盛り上がりは最高潮に。さらに杉山の速攻、吉田のカットイン、CB金庭亜季(社4=群馬・富岡東)のミドルシュートが次々と決まり、4連続得点で再び相手を突き放した。国士館大も速攻などで早大ゴールに襲いかかったが、ピンチの場面で守護神・大沢がビックセーブを連発。そこからは点を取っては取り返される攻防が続いたが、早大がなんとかリードを守りきり春季リーグ初勝利を決めた。

杉山(左)と伊地知(右)は4点ずつ決めた

 「25人全員、一人一人が勝ちたいという気持ちが強かったから勝てたんじゃないかなと思います」(高田)。きのうまでの2戦、オフェンスはパスを探す動きが多かったが、今回は積極的にゴールを狙う姿勢が見られた。この勝利は今後の戦いに向けて、弾みをつける一勝になっただろう。しかし、手放しに喜んでもいられない。セットオフェンスやライン際での守り方などまだまだ課題は山積みだ。4日後には桐蔭横浜大との再試合が待っている。しっかりと準備をして、この勢いで再び勝利をつかみにいきたい。

(記事 宅森咲子、写真 森田和磨)

関連記事

関東学生春季リーグ展望/関東学生春季リーグ(4/10)


関東学生春季リーグ
早大 20 10−7
10−11
18 国士舘大
GK 大沢アビ直美(スポ3=東京・佼成学園女)
LW 杉山瑞樹(社3=神奈川・横浜創英)
LB 吉田瑞萌(スポ2=東京・佼成学園女)
CB 金庭亜季(社4=群馬・富岡東)
PV 島崎愛(社4=熊本国府)
DF 高田紗妃(スポ4=福岡・西南学院)
RW 久保涼子(スポ4=群馬・富岡東)
星取表(4月29日現在)
    早大 筑波大 東女体大 東海大 桐蔭横浜大 日体大 日女体大 国士館大
6位 早大         17●29 8●16 20○18
3位 筑波大       15●21 26○25 32○22 22○15
2位 東女体大       27○21 31○18 24○20 26○14
1位 東海大       27○20 27○21 28○14 32○21
4位 桐蔭横浜大   21○15 21●27 20●27      
5位 日体大 29○17 25●26 18●31 21●27      
7位 日女体大 16○8 22●32 20●24 14●28      
8位 国士館大 18●20 15●22 14●26 21●32      
コメント

高田紗妃主将(スポ4=福岡・西南学院)

――きょうの試合全体を振り返っていかがでしょうか

もう追い込まれていたので、「必ず勝とう。何が何でも勝つ」ということを試合前にも話しましたし、きのう終わった後もそういう話をしていました。25人全員一人一人が勝ちたいという気持ちが強かったから勝てたんじゃないかなと思います。

――きのうとは雰囲気が違うように見えました

きのうの反省としては、一つのプレーに執着していなかったという部分を話していたので、みんなががむしゃらに一つのボールを追いかけたり、ゴールに向かって突っ込んだという結果が得点につながったり守れたりということになっていると思います。

――アップから声が出ていました

そうですね。みんながいい雰囲気で試合に臨むことが出来たかなと思います。

――きのうはオフェンスが課題ということでしたが、きょうのオフェンスはいかがでしたか

まだ課題は沢山あって。ただみんながパスに逃げずにシュートにいこうとした気持ちは課題の改善にはなったのかなと思います。

――きょう見つかった課題は何でしょうか

セットオフェンスの課題はそのまま継続ですし、ディフェンスはすごく毎試合ごとによくなってきているんですけど、やっぱりライン際の守り方だったり、ルーズボールの拾い方にもうちょっとフォーカスを当てて練習していきたいなと思います。

――次戦に向けて一言お願いします

次は再戦という風になるので、もう一回リベンジさせていただく身として、試合できることに感謝して必ず勝ちたいと思います。

GK大沢アビ直美(スポ3=東京・佼成学園女)

――きょうの試合全体を振り返っていかがですか

きのうの試合の反省で全体で8点しか取れなくて相当悔しかったと思うので、そこから反省したのがきょうの結果につながったと思います。でも要所要所で見ると、いつものワセダのミス、相手が準備できていないのにパスを出したりだとか自分のタイミングでやってしまうことがありました。自分一人でやっているわけではないから相手に合わせてしっかりやっていくという部分をもっと高めていかなければと思いました。ディフェンスに関しては自分が結構取りやすかったので、そこで粘れていたかなと思います。

――きのうから修正した点はどこですか

コミュニケーション不足が敗因の1つなので、きのうの試合で落ち込んでチームの雰囲気が悪くなったときに喋らなくなるのではなくて、喋って次何やるか。とにかく次のことを考えなくてはいけないのでコミュニケーションをもっととるようにというのは意識していて、自分からももっといろんな人に話しかけるように試合前から意識していました。

――アップの時間から絶えず声が出ていて雰囲気はよかったのではないですか

そうですね、雰囲気はよかったかなと思います。

――好セーブを連発されていましたが、自身のプレーに関してはどうでしたか

相手のシュートのイメージを持つことを大事にしているので、きょうの朝とかもビデオなどでとにかくイメージトレーニングをしていました。

――来週に向けて一言お願いします

来週の相手は筑波大と東女体大なので向こうはリーグ優勝も狙っていますし、積み上げてきたものは全然相手の方があるとは思うんですけど、なんとか食らいついていきたいので死に物狂いで頑張ります。

LB吉田瑞萌(スポ2=東京・佼成学園女)

――試合全体を振り返っていかがでしょうか

全部うまくいって、ディフェンスでもオフェンスでも今までの試合の中で一番歯車が合った感じでした。チーム一丸となって戦えてよかったと思います。

――スタートから声が出ていましたが、雰囲気はいかがでしたか

きのうはなかなか自分たちの思うような試合ができなくて苦しかったんですけど、きょうは切り替えてみんなで最初から声出していこうということで、アップから声が出ていましたしいい雰囲気で臨めました。

――オフェンスで修正した点はありますか

相手が1ー5ディフェンスで間が広かったので、自分はとにかく中に行き過ぎずにアウトを割ろうという意識を60分間持っていました。

――吉田選手自身は7得点を挙げる活躍でしたが、ご自身のプレーを振り返っていかがですか

本当に先輩たちがいい流れで作ってきてくれて、それを自分のところでたまたまシュートチャンスが回ってきただけなので、先輩たちに感謝というか、先輩方のお陰です。

――来週に向けて一言お願いします

次は桐蔭横浜大と再戦なのでしっかりやることをはっきりさせて、きょうみたいにいい雰囲気で60分間戦いたいと思います。