野球部

2018.04.30

東京六大学フレッシュリーグ 4月29日 神宮球場

西垣好投も、初戦を白星で飾れず/明大戦

明大戦
明 大
早 大
(早)○西垣-尾﨑
◇(二塁打)宮崎大、金子×2

 澄み切った青空の下、東京六大学フレッシュリーグ(フレッシュリーグ)が開幕した。昨春初開催で優勝し、連覇に挑戦するヤングワセダの初戦の相手は、昨日の東京六大学春季リーグ戦で逆転勝利を収めた明大。1軍ナインに続きたいところであったが、勝利目前の9回に2点差を追い付かれ、2-2で引き分け。白星発進とはならなかった。

 フレッシュリーグ初戦の先発マウンドを任されたのは西垣雅矢(スポ1=兵庫・報徳学園)。春季オープン戦で1軍登板も経験した右腕は低めへの制球がさえ渡り、初回をわずか7球で終わらせる。するとその好投に応えるかのごとく、打線が初回から好機をつくった。2番・宮崎大地(商2=東京・早大学院)が左中間を破る二塁打を放つと、打席には金子銀佑(教2=東京・早実)。2球目の変化球を拾い上げて中前打とし、1点を先制した。「思い切って振っていこう、吹っ切れてやろうと気負いすることなく打席に立てた結果だと思います」(金子)。さらに金子が送球間に三塁まで進塁すると、続く瀧澤虎太朗(スポ2=山梨学院)の犠飛で1点を追加。打線の援護を受けた西垣は、2回以降もほとんど付け入る隙を与えない投球を披露する。6回には2死一、三塁のピンチを招くが、後続を投ゴロに打ち取って切り抜けた。8回が終わった時点で2-0。球数も88球と節約できており、このまま西垣の完封勝利に終わるかと思われた。

先制の中前適時打を放つ金子

 ところが9回、思わぬ落とし穴が待っていた。西垣が先頭打者にこの試合初めての四球を与えると、続く3番・松下且興(2年)に左翼線への安打を許す。さらにその打球を福本翔(社1=東京・早実)が捕球ミスし、その間に走者が1人生還。この1点にとどめたいところだったが、ここまで無安打に抑えていた4番・公家響(2年)に左中間を割る適時二塁打を浴び、同点に追い付かれてしまう。しかし、その後は打者3人を完璧に抑え、勝ち越しは許さず。「終盤スタミナが切れてしまって、普段の練習不足かなとは感じました」(西垣)。9回2失点の好投の中でも、課題を見つけることができたようだ。その裏の攻撃は三者凡退に終わり、同点のまま試合終了。初戦を勝利で飾ることはできなかった。

今後へ向け、大きな収穫を手にした西垣

 「(ことしのフレッシュリーグのチームカラーは)最小失点で切り抜けて、2点、3点取って守って勝つチーム」(鈴木太郎野手コーチ、スポ3=静岡)。きょうの試合ではあと少しのところで守り勝つことができなかったが、投手が抑え、打線の限られた援護点を守り切るという勝利へのビジョンは見えている。連覇に向け、まずはあすの立大戦で白星を挙げたい。

(記事 宇根加菜葉、写真 岡田静穂、吉田優)

コメント

鈴木太郎野手コーチ(スポ3=静岡)

――まずことしのフレッシュリーグのチームカラーというのはどういったものでしょうか

基本的にはピッチャー中心に守って勝つという。打力が、去年もあんまり打ってないんですけど、去年と比べたらやっぱりちょっと落ちるところがあるので。やっぱり最少失点で切り抜けて、2点、3点取って守って勝つというチームです。

――連覇が懸かるシーズンとなりますが、チームとして手応えはいかがでしょうか

きょう試合前には入りを大事にしていこうということを言っていて、初回ああいうかたちで2点取ることができたので、そういう点では良かったかなと思います。最終回に関しては、気が抜けてたわけではないんですけど、ちょっと勝ちを焦ったかなという感じはあったので、次からはそういうところをもうちょっと気を引き締めていきたいなと思います。

――先発の西垣雅矢投手(スポ1=兵庫・報徳学園)の投球はいかがでしたか

初回見たときに、すごい低めにボール集まってて、きょう状態いいなと思ったので、できるだけ投げさせようと思っていて。球数もまあそこそこだったので、9回もいけるかなと思ってそのまま出したんですけど、ちょっとこんな感じです。

――チームの雰囲気はいかがでしょうか

ベンチの雰囲気としてはすごい良くて、ピンチのときもベンチ入りメンバーみんな一体となって戦っていたので、雰囲気という面ではすごいいい試合だったかなと思います。

――野手では金子銀佑選手(教2=東京・早実)が攻守で活躍されましたが

そうですね。まあ、金子に関しては、上のメンバーに入って試合に出ていることもあって。しかも去年の経験も豊富なので、期待通りの活躍をしてくれたかなと思います。

――あすの試合に向けて意気込みをお願いします

きょうみたいに初回の入りとか、いいところは継続していきたいですけど、ちゃんと改善点はしっかりきょう話し合ってそういうとこは改善して、勝ちにつなげていけたらいいなと思います。

――この後リーグ戦(東京六大学春季リーグ戦)のメンバーが試合をしますが、メッセージをお願いします

優勝の可能性も全然まだあるので、連勝していい流れにしていってほしいなと思います。

金子銀佑(教2=東京・早実)

――きょうの3安打は振り返っていかがですか

自分は(春季オープン戦から)ここまで1軍のメンバーには入らせてもらってたんですけど、その時は守備要員っていうかたちで入ったので打席に立たせてもらえる機会があまりなくて。フレッシュリーグ(東京六大学フレッシュリーグ)は去年から出させてもらってるんですが、神宮ではなかなかヒットが出ていなかったので思い切って振っていこう、吹っ切れてやろうと気負いすることなく打席に立てた結果だと思います。

――きょうは逆方向への当たりが2本出ましたが、意識していましたか

練習から逆方向っていうのは意識して取り組んでいます。引っ張るっていうよりかは逆に逆に、チームとしてもインサイドアウトっていうのを目標にしていますし、そこは自分の良さが出たと思います。

――三塁の守備でも好プレーが出ていました

守備は特にこだわってやってきているので、どこのポジションでも自分が任された役割をしっかりやろうと思っています。守備範囲の広さだったり取ってからの球出しだったりそういうところは自分の武器なので、そこは出せてよかったと思います。

――春季オープン戦では1軍メンバーに入り経験を積んできたと思いますが、手応えを感じている部分はありますか

実は自分ときょう出ていた瀧澤(虎太朗、スポ2=山梨学院)は二人とも去年の一年間は慢性的に腰をケガしていてずっと全体練習には参加せず個別にリハビリをやっていたので、技術面に関しては他の人たちよりそんなに練習できていないんですけど、その分ケガが治ってからもう一回気持ちを新たにしてやってきたのが出たかなと思います。やっとスタートラインに立てたかなという感じです。

――今後もフレッシュリーグや一軍の春季リーグ戦が続いていきます。どんなアピールをしたいですか

もしかしたら1軍の方に入らせてもらえるかもしれないですし、入らなくてもフレッシュのこの試合に参加させてもらえるかもしれないですし、どんなかたちになるかは分かりませんが、どうなっても置かれた場所でしっかり役割を果たしてチームの戦力になれたらと思います。

西垣雅矢(スポ1=兵庫・報徳学園)

――東京六大学フレッシュリーグの雰囲気はいかがでしたか

お客さんはあまり入っていないですけど、神宮ということで、みんな緊張感を持って試合に入りました。

――六大学のレベルは想像していたものと比べていかがでしたか

レベルは高いと思うんですけど、そこでもトップに立てるぐらいの選手になりたいと思っているので、しっかり練習したいです。

――きょうの決め球のフォークの調子は良かったですか

最近落ちが悪かったんですけど、今日はまだマシというか、しっかりローボールに集められたので、それが良かったと思います。

――8回までは無失点に抑えることができましたが、ご自身ではどう考えていますか

それまでは試合の流れを見ながら投げれて良かったんですけど、終盤スタミナが切れてしまって、普段の練習不足かなとは感じました。

――今後の意気込みをお願いします

まだ細いので、いち早く体をつくって、すぐ戦力になれるかは分からないですけど、リーグ戦(東京六大学春季リーグ戦)を目指してやっていきたいです。