準硬式野球部

2018.04.22

東京六大学春季リーグ戦 4月21日 東京・ネッツ多摩昭島スタジアム

江藤が好投!リーグ戦初勝利を飾る/明大1回戦

 明大1回戦
明大
早大
(早)◯江藤、古賀-吉田
♢(二塁打)永井

 先日開幕した東京六大学春季リーグ戦(春季リーグ戦)。優勝すれば全日本大学選手権(インカレ)への出場権を獲得できるため、全勝を目標としていた早大だが、開幕カードの立大に対しまさかの2連敗を喫し苦しい状況に。早大はこの日、優勝に向け絶対に負けられない明大戦に臨み、見事3-2で勝利を収めた。

  雲一つない、まさに『紺碧の空』の下試合は始まった。先発の江藤健太(教3=早稲田佐賀)は、6回までを無失点で抑える好調ぶりを見せる。しかし7回、相手の3番打者に右前打を浴びると、続けざまに左前打を打たれピンチを迎えてしまう。何とかして乗り切りたいところだったが、四球や捕逸が絡みこの回に2点を失った。「とにかく丁寧に、一球一球大事に投げました」(江藤)。このまま流れを持っていかれるかとも危惧されたが、続く8回は制球を持ち直し、三者凡退に抑える。江藤は今季初先発ながら8回2失点と結果を残した。9回には4年生で唯一のベンチ入り投手・古賀湧也(スポ4=佐賀西)が登板するも、なかなか制球が定まらず二打者連続で四球を出してしまい1死二、三塁の大ピンチに。絶対に抑えたいその時、打者が強烈な右直を放つ。一瞬応援席の空気が張り詰めたが、その打球の先には前進守備をとっていた池上倫平副将(政経4=東京・早実)が待っていた。池上の好守備により右直で抑えると、最後の打者は遊ゴロで打ち取り試合は終了。リーグ戦初白星を飾った。

8回2失点の好投を見せた江藤

 攻撃は初回、森田達貴主将(スポ4=埼玉・県浦和)が四球で出塁すると、永井隆太(スポ4=石川・七尾)の中前打で好機を拡大。次の中村大輔(商4=東京・早大学院)の打球は中飛であったが、これが結果的に犠飛となり先制点を得た。5回にさらに1点を追加し、2-0のまま7回を迎えた早大は、この回表に2点を失い口惜しくも振り出しに戻ってしまう。しかし8回、相手の死球、四球で生まれた好機に、高木寛人(基理4=東京・早実)が痛烈な左前打であやかり満塁に。最後は森田が押し出しの四球を選び、これが決勝点となった。実家から父親が応援に来ていたという永井はこの日、3打数3安打1四球と絶好調。自身の活躍する姿をしっかりと見せ、勝利に大きく貢献した。

2塁打を放つ永井。この日は全打席出塁

 白星を挙げたものの、「点が離れて勝つことのできる試合だった」と池田訓久監督(昭60教卒=静岡・浜松商)が話すように、この日の試合は犠打失敗、牽制でアウトになるなど、課題の多く残るものであった。これから先全勝してインカレ出場を決めるには、このような細かいミスをなくしていかなければならない。「もう僕たちは負けられない」(永井)。きょうの勢いそのままに、悲願のインカレ出場なるか。リーグ戦はまだまだ続く。

(記事 今山和々子、写真 新開滉倫)

コメント

池田訓久監督(昭60教卒=静岡・浜松商)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

(先発の)江藤が良くゲームをつくってくれて、やはりそれが勝つことのできた一番大きな要因ですね。それまでピッチャーがなかなか厳しい状態が続いていた中で、きょう彼を思い切って先発させて、あそこまで(8回2失点)投げてくれたというのは、本当に期待以上のものでした。

――きょう先発の江藤投手は何回まで登板の予定でしたか

いや、イニングは特に決めてなかったですね。いけるところまでいこうと。5回まで、などと決めてしまうと、かえって調子が良い中でも代えなければいけなくなってしまう。しかし、やはりピッチャーを代える時は試合流れの全体が変わることが多いので、そういう意味では彼をいけるところまでいかせようと思っていましたね。

――では、古賀選手についてはいかがでしょうか

古賀は最上級生、もう新4年生ということで、ピッチャーの中では先頭でまとめてもらっている選手です。そういう意味ではここのところ調子は決して悪くないのですが、ただここのところゲームから離れていたのでゲーム経験に不安はありました。しかし、最後良く投げ切ってくれたな、という気持ちですね。

――きょうは犠打の失敗などが見られましたが、それについてはいかがでしょう

そうですね、ちょっと反省点ですね。やはり決めるところであのような犠打を決めていかないと、きょうのような苦しい試合になる。本来であればもうちょっとこう、点が離れて勝つことのできる試合だったと思うのですが、今言われたようなバントの失敗とかですね、牽制球でアウトになっただとか、そういうミスがあって、こんな苦しい試合になった。でも、勝つことができて良かったな、という感じですね。

――きょう3番に入った永井選手はここのところずっと好調を維持していますが、いかがでしょうか

永井は、自分の中でおそらく狙い球の意識を持っていると思うんですね。あと彼の持ち味というのは、しっかりと振り切るということ。自分を良く理解して、それをバッターボックスの中で出していくという所が結果につながっていると思います。どうなんですかね、迷いがないのかな。そんな感じはしますよね、見ていて。

――きょうは久郷太雅投手(創理3=静岡・沼津東)がベンチ入りしませんでしたが

怪我をしている訳ではないんです。きょうの試合は、きょう(ベンチに)いる選手でまかなおうと。きょうはあえて私の判断でベンチに入れませんでした。今年から試合ごとに選手の入れ替えができるので、あす以降は当然彼は力になってもらわなければいけない選手ですから。

――あすは久々に早大東伏見グラウンドでの試合です。いかがでしょうか

ホームグラウンドですし、関東大会でもずっと(準決勝で負けるまで)勝ち続けることのできた球場なので、とにかく連勝して、まず勝ち点を取りたいな、と思っています。

永井隆太(スポ4=石川・七尾)

――きょうの意気込みはどのようなものでしたか

僕たちはもう先日の立教戦で2タテ(二連敗)されて1敗もできない状況なので、一試合一試合全力で勝つしかなかったので、そういった気持ちで臨みました。僕はきょうたまたま実家から父親が来ていて。それが目に入ったので、これは打たなきゃいけないなという思いで頑張りました。

――最近調子が良いようですが

特に今までと違うことはやっていないんですけど、本当に調子が良いのかな、と思っています。自分でも要因はわからないんですけど…。このままいつも通りの気持ちで打っていこうかなと思っています。

――立大戦を落としたことについては

点を取れてはいたんですけど、ピッチャーの調子があまり良くなくて、そういった面で勝てなかったのかなと思います。攻撃自体はそこまで悪くなかったと思います。

――明大の印象はどうでしたか

相手ピッチャーが甲子園経験者ということで、相当良いピッチャーなんだなと(思っていました)。ヒットもあまり出ないんじゃないかという中で、きょうたまたま僕は調子が良かったので、チャンスを作りにいこうと、そういった気持ちで打ちました。

――投手の調子が悪いですが、どのようにカバーしていきたいですか

僕の役割としては、チームの上位打順なので、打つしかないなというのがあって。(打って)ピッチャーを少しでも楽にさせてあげられたらいいかなと。守備ではもちろんエラーしないということです。

――あすへの意気込みをお願いします

もう僕たちは負けられないので、何が何でも乱打戦になろうと、どんな試合になろうと、最後まで諦めないという気持ちで、一戦一勝で頑張っていきたいと思います。

江藤健太(教3=早稲田佐賀)

――8回2失点という投球でしたが、振り返っていかがですか

自分としては調子は良い方でした。その中で、キャッチャーの龍平(吉田龍平、スポ3=東京・小山台)が上手く組み立ててくれたのがこの結果につながったと思います。

――ご自身としてはどこを重視して投球しましたか

自分は球速がそんなに速くはないので、とにかく丁寧に、一球一球大事に投げました。

――その結果6回まではノーヒット投球が続いていました

ノーヒットではあったんですけど、四球とかで走者を出していて、走者は常にいる状態だったのであまりそういう意識はなかったですね。

――ただ、7回に投球が崩れてしまいました

自分の課題の1つとして3巡目以降の投球が挙げられて、前回の立大戦でも3巡目に打たれてしまいました。なので、きょうも意識はしていたんですが、7回に初安打を許してから連打を許して自分のリズムが崩れてしまったかなと思います。

――そのリズムが崩れた結果、暴投などで同点にされてしまったのでしょうか

ワイルドピッチは確かに良くないことなんですが、それよりも高めに浮いて逆転になる方がダメだなと思ったので、あれはしょうがないかなと思います。龍平もそれを考えた上でのサインだったと思います。

――最後に今後の意気込みをお願いします

とにかく勝つしかないので、あすも準備していつでも投げられるように頑張りたいと思います。