ソフトボール部

2018.04.15

第50回東京都大学連盟春季リーグ戦  4月15日 早大所沢グラウンド

打線爆発!勝ち越しで総当たり戦を終える

東京都大学連盟春季リーグ戦
早 大  
日女体大  
(6回コールド)
投手…廣瀬、伊藤、増田-手塚、加藤
◇(二塁打)神、遠藤 ◇(三塁打)増子 ◇(本塁打)神(4回、6回)、落合

 連敗から一夜。降雨により大会実施が危ぶまれ、試合開始も予定より2時間近く遅れるなど、コンディションが万全ではなかった総当たり戦最終日。しかし早大は、そんな不安をかき消すかのような素晴らしい試合を展開した。日女体大相手に初回から3点を先制して試合の主導権を握ると、投手陣も好投し流れを引き寄せる。中盤以降は本塁打も絡んだ長打攻勢で相手を圧倒し、終わってみれば6回コールドで完勝。翌週に控える特別ページシステムに向けて、弾みをつける結果となった。

 打線は初回から活発だった。先頭打者の神樹里乃(スポ3=北海道・とわの森三愛)がいきなり2塁打を放ち好機をつくると、次打者の安打の後、この日も4番に座った川崎楽舞(スポ3=千葉・木更津総合)の鋭い左前打で先制に成功する。その後遠藤真衣(スポ2=東京・日出)の2点適時打で初回から計3点を奪取した早大は、その裏先発のマウンドに廣瀬夏季(スポ3=北海道・とわの森三愛)を送り出すと、廣瀬はこの日も大崩れしない投球で先発の役目をしっかりと果たす。

この日2本塁打を含む3安打と爆発した神

 打線が2回にも1点を追加し4-1で迎えた4回、またも連打で好機をつくり、打席には好調の神が入った。集中力を高め、相手投手の失投を見逃さず強振すると、打球は中堅方向に高く舞い上がりそのまま柵を越える。「小学校の頃の1本だけで、公式戦では初めてのホームランでした」(神)と話す自身初の本塁打で、試合を決定づける大きな3点を奪取した。しかし早大はその後も攻撃の手を緩めない。6回には神の2打席連続となるソロ本塁打と、落合未稀(人4=栃木・大田原女子)の「センターライナーかな、という感じだった」(落合)と振り返るライナー性のソロ本塁打で2点を追加。投手陣も廣瀬から伊藤貴世美(スポ2=千葉経大附)、増田侑希(スポ1=香川・高松南)へとつなぐ盤石のリレーで2回以降得点を許さず、9-1で6回コールド勝ちを収めた。

美しいスイングで安打を量産する落合はこの日本塁打を放つ

 3勝2敗で東京都大学連盟春季リーグ戦(春季リーグ戦)の総当たり戦を終えることとなった。この先に待ち受けるのは特別ページシステムでの戦いだが、早大には好材料が揃っている。神、落合をはじめ上位打線は好調を維持し、堅い守備で何度もチームを救ってきた増子奈保(スポ3=東京・日出)らが座る下位打線も幾度となく勝負強さを発揮してきた。ルーキー増田が加わった投手陣も強力であり、信頼できる投手が3人揃っていることは他チームにない強みだろう。ただし、ここまでの戦いで見つかった課題もある。今回の春季リーグ戦では記録にならない守備のミスで出塁を許し、それが失点につながる場面が幾度となく見られた。1点を争う展開での守備のほころびは、まさに命取りとなるだろう。課題を解消し、今季の早大が得意とする『打ち勝つ野球』が体現できたとき、歓喜の瞬間は訪れるはずだ。

(記事、写真 望月優樹)

関連記事

実力校相手に痛い連敗を喫する/第50回東京都大学連盟春季リーグ戦 (4/14)
逆転のワセダ!連勝で好発進/第50回東京都大学連盟春季リーグ戦(4/10)

コメント

神樹里乃(スポ3=北海道・とわの森三愛)

――2打席連続での本塁打ということでしたが、今までにそのような経験はありましたか

いや、無かったです。

――大学に入ってからの公式戦でも初めてでしたか

小学校の頃の1本だけで、公式戦では初めてのホームランでした。

――冬場からバットの振り込みなどでスイングを鋭くするような練習をずっとしてきたとお聞きしましたが、今日の本塁打はその練習の成果なのでしょうか

はい、そうですね。前までは野手の間を抜くようなヒットバッターだったのですが、強いスイングをできるようになったことで、遠くに打球を飛ばせるようになったのだと
思います。

――特別ページシステムでは、好投手を擁する東京富士大や日体大と再度対戦することになります。そこへ向けた対策などは考えていらっしゃいますか

今回対戦したゲームを見返して、またその試合までにチームで分析、対策して。それをプレイヤーが実際に攻略できるような練習を、またページシステムまでに積んでいって、勝てるようにしたいです。

――日体大や東京富士大は守備も素晴らしいチームですが、対戦に向けての意気込みをお願いします

守備力ではちょっと負けているところがあるかもしれないんですけど、打撃力ではそう劣っていないので、打ち負けないように。またたくさん打って、そして勝ちたいです。

落合未稀(人4=栃木・大田原女子)

――本塁打を放たれましたが、どのようなことを考えながら打席に入りましたか

1,2打席目は初球からどんどん振っていこうという意識で打席に入ったんですけど、狙ったボールが来たと思ってもミートできなかったので。3打席目に丹野(ちさき、人2=岩手・一関第一)が代打で出て、4打席目にまた自分が入ったんですけど、その時は狙ってしっかりミートしていこうという気持ちで打席に入りました。

――公式戦で本塁打を打った経験はありましたか

公式戦では初めてでしたね。

――打った瞬間の手ごたえはいかがでしたか

センターライナーかな、という感じだったんですけど、一塁を回ったところで「あ、入ったんだな」って(笑)。手ごたえはそんなに無かったです。しっかりミートは出来たかなという感じです。

――本塁に帰ってきたときの笑顔が印象的でした。どんな気持ちでベースを回っていましたか

春リーグでは1,2,3年と試合に出させてもらっていた時期もあったんですけど、なかなか結果を出せていなくて。今回は最後の春リーグになるので、しっかり結果を出したいというのがありました。まずバッティングでは首位打者を狙っていたんですけど、初日だけ結構結果が出て昨日は結果が出せなかったので、首位打者を獲るためには今日打たなきゃいけないと思って今日は(試合に)入ったんですけど、1,2打席目が駄目だったので。しっかり最後はいい打球を打って終わりたいなと思って打席に入って、ホームランっていう結果が出たので、凄く嬉しかったです。

――特別ページシステムに向けて特別に対策することなどはありますか

先生(吉村正監督、昭44教卒=京都・平安)から昨日のミーティングでいろいろなアドバイスをいただいたので。個人でアドバイスされたことも、チーム全体でアドバイスされたこともあるので、それをしっかり潰していって。積極的に振っていくっていうところがこのチームの良いところだと思うし、そこをしっかり出来たら勝てると思うので、頑張って練習していきます。

――次戦に向けた意気込みをお願いします

春リーグ全勝優勝という目標を掲げていたんですけど、残念ながらそれは叶わなかったので、ページシステムで1戦1戦を戦っていって、最後優勝したいと思います。