ソフトボール部

2018.04.15

第50回東京都大学連盟春季リーグ戦 4月14日 早大所沢キャンパスグラウンド

まさか。最終回に逆転許し、手痛い敗北

東京都大学連盟春季リーグ戦
中 大
早 大
●杖子-実重 (本塁打)川上

 空一面を雲が覆い隠し、久しぶりに肌寒さが感じられたこの日。その天気は試合の結末を暗示していたのだろうか。 「先制し、どこかで隙をつくってしまった」。鳥岡健主将(スポ4=岡山・高梁)がこう振り返る一戦は、早大にとってあまりにも惜しいものであった。最終回、中大の4番打者に逆転の適時打を浴びまさかの敗戦。今年度公式戦初黒星を喫した。

 先制したのは早大であった。初回、1番・川上卓也(スポ3=岡山・新見)がとらえた球は中堅手の頭上を見事に越えていった。先週の東京学芸大戦をほうふつとさせる今季2本目の先頭打者本塁打でまずは1点目を先取。続く鳥岡も四球で出塁し、暴投と捕逸で三塁まで進むと、頼れる4番・前多悠登(人4=東京・小山台)がきっちりと犠飛を放ち、2点目を追加した。そして、初回に2点をプレゼントしてもらった先発の杖子量哉(スポ4=岡山・新見)は、「調子は良くなかった」と言いながらも、危なげない投球を披露する。伸びのあるスピードボールに緩い変化球を織り交ぜ、中大打線を翻弄(ほんろう)し、4回まで1本の安打も許さなかった。杖子の力投に応えたい早大打線であったが、きょうはなかなかつながらない。3、4回と得点圏に走者を進めたものの、後続が倒れ、3点目の本塁は遠かった。

初回、今季2本目となる先頭打者本塁打を放った川上

 すると流れは中大に傾く。5回、中大の9番打者が左翼へ本塁打を放ち、反撃ののろしを上げた。一気に盛り上がる中大ベンチ。明らかに試合は中大の押せ押せムード。何とか打撃で流れを取り戻したい早大だった。しかし、2回以降調子を上げてきた中大先発・歳川幹大(2年)から得点を奪えない。5、6回の攻撃もそれぞれ3者凡退にあっけなく抑えられてしまった。そして迎えた最終回の守備。この回を早々と切り抜け、勝利を手にしたい早大であったが、流れを相手に渡してしまった以上そう簡単にはいかない。先頭の7番打者に出塁を許すと、前の打席で本塁打を放った9番打者も右前打でつないだ。次打者を一邪飛に抑えたものの、いまだ2死一、二塁のピンチ。そして2番打者に投げた2球目。甘く入ってしまった。ふわりと外野に飛んだ打球は芝の上にぽとり。二塁走者が一気に本塁へとかえり、土壇場で同点に追い付かれてしまった。同点で踏ん張りたい早大であったが、きょうはその力が残っていなかった。先発投手ながら4番に座っている歳川に2点適時打を浴びてしまった。この回一挙3失点。サヨナラの期待がかかるその裏、四球や安打で走者を三塁まで進めたものの、2点ビハインドは重かった。2―4。日体大戦、国士舘大戦を残している早大にとっては、ひときわ手痛い敗戦となった。

最終回に逆転を許した杖子

 先制には成功したものの、その後は打線のつながりを欠き、ずるずるとスコアボードに0を重ねてしまった。一方、中大は守備でいい流れをつくり、最終回一気に畳み掛けてきた。いやらしく相手を攻める、相手守備に良いリズムを与えないような攻撃をもう少し仕掛けられていたならば、最終回の3点はなかったのかもしれない。いよいよ次の相手は日体大。『打倒・日体大』を掲げ、これまで精進してきたワセダにとって、真価が問われるときとなるだろう。

(記事 石﨑開、写真 石﨑開、斉藤俊幸)

関連記事

杖子が13Kで東大打線を完封!開幕二連勝を飾る/東京都大学連盟春季リーグ戦 (4/10) 投打で圧倒し、初戦白星発進/東京都大学連盟春季リーグ戦 (4/8)

コメント

鳥岡健主将(スポ4=岡山・高梁)

――きょうの試合、振り返ってみていかがですか

初回2点先制しましたが、そこからずるずるといって最終回にひっくり返されたという典型的な悪い流れが続きました。特に打線が課題だったのかなと思います。

――相手投手の印象はいかがでしたか

最初は荒れていたのですが、中盤以降は内と外を使い分けて、緩急使ってみたいな、まとまった投球をしていたのかなと思います

――最終回、中大の攻撃。一度マウンドに内野の守備陣が集まりましたが、どのような声をかけられましたか

もう、とりあえず一個ずつ一個ずついこうと。ランナーも埋まっていたので、最悪ニアベースでしっかりアウトを取ろうと言いました。

――今チームの状態はいかがですか

戦術的なところで言えば、打線が機能していないということ。それでピッチャーに負担がかかっていると思うので、そこはまずどうにかしないとと思います。あと精神的な部分で言えば、どこかに隙があると思うので、そこの隙をなくしていかないといけないと思います。精神論的な話になってしまいますが、まだまだそういった部分に脆さがあると思うので。

――隙とは具体的にどのようなことでしょう

やっぱり点をどこかで取って先制すると、安心しちゃっていたり。普段の練習からそうですけれど、自分たちの気持ちの持っていき方とか考え方とかをもっと高い次元でやっていかなければなと思います。

――あすはいよいよ日体大戦ですが、どういった戦い方をされますか

このチーム始まってから秋も冬もずっと、日体大を倒すということを目標にしていたので、きょうの負けは負けとして考えて、具体的な反省点も見つかったと思うのでそれをあした(日体大戦)に生かしたいなと。あとはチームとしていい波を持ってきて日体大とぶつからなければいけないと思うので、とにかく気持ちとしては前のめりになってぶつかっていかなければインカレ(全日本大学選手権)も見えてこないのかと思います。/p>

杖子量哉(スポ4=岡山・新見)

――試合を振り返っていかがですか

あまり調子が良くなかったのかなと思います。ストライクゾーンが結構甘くて、中大打線がバッドをかなり振ってきていたのでそこに当たってポテンヒットとか多かったので、きょうの出来は最悪だったかなと思います。

――それは試合を通してですか

そうですね、きょうは球が走っている感じがあまりしていなくて打たれないのが不思議なくらいの感じだったので調子が悪かったと思います。

――最終回に逆転を許しました。何かご自身のピッチングに変化はありましたか

あまりそれはなかったのです。ただ最終回にエラーではあったのですが、ああいった打球を打たせてしまったというのが自分の責任だったと思います。

――中大ベンチもかなり盛り上がっていましたが、気になることはありましたか

あまりそれは思わなかったです。やかましいなくらいです。

――あすも試合がありますが、登板の予定は

たぶん先発でいきます。もう負けられないので絶対に勝たないといけないなという感じです。勝ちます。