メニュー

バレーボール部

2018.04.09

春季関東大学リーグ戦 4月8日 神奈川・日体大健志台キャンパス米本記念館

早大らしいプレーで順大に快勝!開幕2連勝を飾る

 開幕戦で勝利を飾った早大はきょう、2連勝をかけて順大と対戦した。サーブ、スパイク、ブロックなど多彩な攻撃で順大を翻弄し、セットカウント3-0(25-19、25-21、25-18)で危なげなく勝利。開幕2連勝を飾った。

 第1セット、小林光輝副将(スポ4=長野・創造学園)や宮浦健人(スポ2=熊本・鎮西)のサーブを中心に連続得点を重ねていく。セット中盤、鵜野幸也(スポ4=東京・早実)が、サーブを打った後に自らバックアタックを決めると一気にチームが盛り上がる。そこから5連続得点を重ねて21-13と順大を引き離し、いいムードのまま第1セットを終えた。第2セットは、順大のルーキー岡本や、4年生の浅田の攻撃に苦しむ場面が見られる。しかし、ここでも早大の強みであるサーブが生きる。藤中優斗主将(スポ4=山口・宇部商)のサービスエースを皮切りに「攻めるサーブ」から4連続得点を奪うと、小林の正確なトスからアタッカー陣が次々と得点。順大に3連続得点を許し、ひやりとする場面も見られたが、宮浦や藤中が確実にスパイクを決めてこのセットをものにした。

ストレートコースにスパイクを打ち込む宮浦

 続く第3セットはセンター線が爆発する。武藤鉄也(スポ3=東京・東亜学園)や村山豪(スポ2=東京・駿台学園)は、きょねんよりも力強く打点の高いスパイクを打つようになった。「空いているところをしっかり攻める」という武藤の言葉通り、ブロックの間を抜くようなスパイクも多く見られた。センターの2人のプレーに負けじと、宮浦や鵜野らライト、サイド陣も活躍。「クロスにばかり打ってしまっていたので、3セット目はストレートにも打つように心がけた」と宮浦。持ち味である打点の高さを生かし、3枚ブロックの裏をつくような鋭いスパイクを何本も決める。セット終盤は、武藤のサーブからまたも一挙6連続得点。鵜野のダイレクトアタックや宮浦・村山のブロックなどで一気に畳みかけると、最後は相手のミスにより25点目を獲得した。

初スタメンで好レシーブをする北川

 今回、北川諒(教1=東京・早実)がスタメンとしてフル出場し、好レシーブを何度も見せた。また、第1セット終盤には上條レイモンド(スポ1=千葉・習志野)が出場し、早大バレー部としての公式戦初得点を含む2得点を挙げ、ピンチサーバーとして吉田悠真(スポ1=京都・洛南)が出場するなど1年生がはやくも活躍を見せている。1番難しいといわれる初週で、新戦力とベテランの力をうまく融合させながらつかんだ2連勝。来週以降に向けて期待が高まる第1週となった。

(記事 松谷果林、写真 杉山睦美)

セットカウント
早大 25-19
25-21
25-18

順大
スタメン
レフト 藤中優斗主将(スポ4=山口・宇部商)
レフト 鵜野幸也(スポ4=東京・早実)
センター 武藤鉄也(スポ3=東京・東亜学園)
センター 村山豪(スポ2=東京・駿台学園)
ライト 宮浦健人(スポ2=熊本・鎮西)
セッター 小林光輝(スポ4=長野・創造学園)
リベロ 北川諒(教1=東京・早実)
コメント

藤中優斗主将(スポ4=山口・宇部商)

――お疲れさまでした。まずは試合を振り返っていかがですか

きのうはあまりうまくいかず硬さも見られました。きのうの試合では1本目(サーブレシーブ)が課題として挙がりました。そのため、きょうの試合では1本目が課題ということで、そこを中心に声を出したり、雰囲気を作ったりしていこうということを事前に決めていました。それが、きょうは少しはできたかなというふうに思います。

――きょうはきのうに比べてブロックでワンタッチをとる回数が多かったように思います

決まったときもありますが、まだまだ拾えるボールや、落としてはいけないボールがあったと思います。僕ら的にはまだまだ納得がいっていません。ブロックとレシーブの関係はこの1年ずっと課題になってくると思うので、頑張ってやっていきたいです。

――きょうは藤中主将や小林副将を中心にサーブがよく機能していたのではないでしょうか

狙う人が今回明確になっていたので、しっかり狙っていこうという感じでした。狙えたのでポイントに繋げられました。しかし、相手が強くなればなるほど、もっとサーブでストレスをかけていかないといけないと思います。サーブも僕たちの課題としてあるので、引き続き、またあさってから取り組んでいきたいと思います。

――きのうは「試合中に修正していく」ということをチームの課題として挙げていましたが、その課題についてはいかがですか

ベンチの方から相手の左利きのライトに対してどこにブロックを飛べばいいか、どこにレシーブで入ればいいかという指示が出ていましが、その通りに動けたり、動けなかったりした部分がありました。最後まであまりブロックで止められなかったので、対応はきょうもあまりできていなかったのかな、と思います。

――来週末に向けての意気込みなどがあればお願いします

この土日で出た課題で、特に1本目からの攻撃というのが大きかったので、火曜日からまた取り組んでいきたいです。来週の土日も、簡単に勝てる相手ではないですが、平日から雰囲気を上げて土日にいい形で勝てるように頑張っていきたいと思います。

武藤鉄也(スポ3=東京・東亜学園)

――きょうの試合を振り返って

相手が良くなかった分、早大が比較的安定してバレーができていたので、良いとは言えませんが、最低限のバレーはできたかなと思います。

――良くなかった点はどのあたりですか

レセプションからの攻撃です。まだレセプションが不安定ということと、そのレセプションが引き金となって、コンビがうまくいっていない部分がありました。一本目が不安定な分光輝さん(小林、スポ4=長野・創造学園)にも余裕がなくてトスがブレたり、スパイカーも焦って入ってミスになったり決まらなかったりというところが良くなかったです。

――3セット目はかなりセンター中心の攻撃となっていました

相手のブロックが大胆な位置どりをしていました。なので、光輝さんと話して空いてるところをしっかり攻めようということになったので、それがうまくいったと思います。

――チームとしてブロックポイントも出ていました

ブロックに関してはまだまだです。クイックにつられて、ノーブロックで打たせたり、ブロックのミスは多いと思います。ブロックの練習はまだそんなにしていないので、細かい部分はこれからなのですが、ミスが多いのはダメだと思います。

――2連勝で第1週を終えました

1週目が一番難しくて、僕自身緊張というか、硬さがあったのですが、なんとか危なげなく勝てたので、反省を生かしてしっかり練習して来週に望みたいです。

――この1週間で特に強化したい点はありますか

春季リーグ戦はレセプションアタックを中心にやっていきたいので、レセプションからの攻撃を重点的にやっていきたいです。

――慶大戦へ向けて

来週はきょうより良いバレーをして、春季リーグ戦を通してしっかり成長していけるようにしたいです。

宮浦健人(スポ2=熊本・鎮西)

――2連戦お疲れさまでした。まずは今日の試合を振り返っていかがですか

チーム自体の雰囲気は良くて、終始いいペースで試合ができたと思うんですが、自分自身のベストパフォーマンスがまだ出せていないかなという感じです。

――きょうはスパイクだけでなくブロックの活躍もたくさん見られました

きのうはブロックの面でやられるというか、ブロックアウトで得点を与えてしまったり、逆にこちらの攻撃でワンタッチを取られたりすることが多くありました。きょうはしっかりブロックのかたちを意識してチームでやっていこうと決めていました。それが機能してよかったと思います。

――スパイクのコースの打ち分けについてはいかがですか

1、2セット目はコースの打ち分けがあまりできていませんでした。クロスにばっかり打ってしまって、ワンタッチにかけられることが多かったので、3セット目からはストレートを増やしていこうと思って打ちました。3セット目は打ち分けがよくできたように思います。

――2試合終えて残り9試合ですが、春リーグ全体を通しての目標はありますか

最終的には全部勝って優勝できたらいいと思っていますが、まだまだ試合もたくさんあるので、毎試合毎試合で課題を見つけて成長していけるようなリーグにしていきたいと思っています。

――来週は慶大との試合です

(慶大は)高さがあって強いチームだと思うので、全力で勝ちにいきたいです。早慶戦になるので、ワセダのプライドも持って頑張りたいと思っています。

北川諒(教1=東京・早実)

――初のスタメンフル出場となりましたが、緊張もありましたか

1セット目の最初はとても緊張しました。ですが、先輩から声をかけてもらって自分の気持ちもすごく楽になりました。

――リベロの堀江友裕選手(スポ3=和歌山・開智)からは何かアドバイスを受けましたか

リベロで1年生ということで、しっかり声を出して雰囲気をつくっていけという風に言われました。

――リベロは高校からやっていたのですか

高校まではずっとサイドをやっていました。リベロとして入るのは初めてですね。

――そんな中でのきょうのプレーを振り返って

堀江さんがいつもやっているチームの役割を自分が果たすことができなかったと思います。友裕さんとはまた違った役割をもっと自分から積極的にできたらいいと思います。

――サーブレシーブを振り返ってはいかがですか

サーブレシーブに関しては時間をつくってあげた方がやりやすいのですが、きょうはテンポが速くなってしまったので、そこだけ気をつけるようにしたいです。

――スパイクレシーブに関してはいかがですか

硬かったなと思います。硬かった分、横のボールなどを拾えていなかったので、そこは反省点だと思います。

――まだまだリーグ戦は続きますが、どの様なプレーをしていきたいですか

きょうが最高ではなく、きょうが最低ラインとして、だんだんできることを増やしていけたらいいと思います。