野球部

2018.04.09

春季オープン戦 4月8日 安部球場

開幕前最後の一戦を制し、春季リーグ戦へ弾みをつける/神奈川大戦

TEAM
神奈川大
早 大 ×
(早)○小島、柴田、藤井寛、早川、徳山-中林、岩本
◇(三塁打)山田(二塁打)丸山、小島、米田圭

 東京六大学春季リーグ戦(春季リーグ戦)開幕前最後となった春季オープン戦、相手は神奈川大。打線は好機での一打が光り2回までに5点を奪う猛攻を見せ、7回にも3点を加点。投手陣も走者は出したが得点を許さない粘投を見せた。

 開幕前最後のマウンドを任されたのはエース小島和哉主将(スポ4=埼玉・浦和学院)。先発登板は先月18日の早同定期戦以来となったが、初回は一つもボールカウントを取られず2つの三振を奪う完璧な立ち上がりを見せた。しかし2回からは乱調。2回は先頭からの打者5人に対し3四球、さらに左前適時打を浴びて走者が生還し1点を与えた。3回にも2者連続で四球を与え3失点を喫するなど決して好調とは言えない内容となった。それでもその後は立て直し、6回に柴田迅(社2=東京・早大学院)へ継投。3人でピシャリと抑え、続く7回は藤井寛之(法3=福岡・東筑)が先頭打者に三塁打を浴びたが後続をしっかりと打ち取った。8回に1死二塁となったところで、早川隆久(スポ2=千葉・木更津総合)にスイッチ。キレのある変化球を見せ、難なくこのピンチを切り抜けた。そして最終回は徳山壮磨(スポ1=大阪桐蔭)が登板。2本の安打を許したが、最後の打者を三振に奪い試合終了。救援投手陣の盤石さをアピールした。

制球に苦しんだが粘投した小島。開幕までに万全の調整をしていきたい

 一方の打線は初回、先頭打者・池田賢将(スポ4=富山・高岡南)が左前打で出塁。その後犠打と四球で好機を拡大すると5番・福岡高輝(スポ3=埼玉・川越東)が2点中前適時打を放ち、先制した。2回も先頭の山田淳平(教3=東京・早実)が中越え三塁打を放つと、その後小島の右中間を真っ二つに割る適時打で追加点を挙げる。さらに7回には代打・米田圭佑(人4=愛媛・松山東)が左翼線二塁打で出塁し、続く吉澤が犠打に成功。相手の失策が絡んで自身も一塁に残り、好機を広げた。ここで打席には4番・加藤雅樹(社3=東京・早実)。しっかり4番の役割を果たす右前適時打を放ち、追加点を挙げた。なおも好機は続き、6番・檜村が犠打を成功させ2死二、三塁とすると本日好調の山田淳平(教3=東京・早実)の打順に。山田は好調ぶりをアピールする左前適時打を放ち神奈川大を突き放した。打線に切れ目のなかった早大が計8得点を挙げ神奈川大に快勝した。

先制の中前適時打を放つ福岡

 前戦で対外試合の連敗を5で止め、連勝で春季リーグ戦に弾みをつけたかった早大は見事勝利。最終回には本塁打性の打球を加藤がフェンスにぶつかりながらも執念で捕球し徳山を救うなど、チームとしてもいい雰囲気で開幕を迎えられそうだ。また、打線では昨季からの課題であった犠打と得点圏での一打に改善が見られる。特に犠打に関してはきょうの試合で3度試みていずれも一球で成功しており、その変化は顕著だ。序盤に高い得点率を誇る稲穂打線の爆発力に期待が高まってきた。いよいよ14日から春季リーグ戦が始まる。昨季に見たどん底の景色から一転、頂上を目指すワセダはどのような戦いを見せてくれるのであろうか。不本意な汚名を返上するべく、早大野球部の逆襲の春が幕を開ける。

大飛球を好捕した加藤に礼を言う徳山

(記事 柴田侑佳、写真 松澤勇人)

関連記事

『打棒ワセダ』復活!強豪・亜大を撃破し6試合ぶりの勝ち星/亜大戦(4/04)

投打共に精彩を欠き、対外試合5連敗/専大戦(4/03)

打線沈黙も、投手陣は収穫得る(4/02)