ア式蹴球部

2018.04.07

第92回関東大学リーグ戦 4月7日~ 東京・味の素フィールド西が丘ほか

3年ぶりの『1st』へ。復権目指す戦いがいよいよ開幕!/関東大学リーグ戦展望

 いよいよきょう4月7日、関東大学リーグ戦(リーグ戦)が開幕を迎える。早大は、今オフにチームを8年間率いた古賀聡前監督(平4教卒=現名古屋グランパスU18監督)が退任し、新たに外池大亮監督(平9社卒=東京・早実)を迎えて臨むシーズンになる。昨年末に東京都トーナメント学生系の部予備予選で立正大に敗れて(●0-2)以降、FW岡田優希主将(スポ4=川崎フロンターレU18)を中心に、「ピッチ内外の取り組みを一から積み上げてきた」。意識改革を施し、目標には『タイトル奪還』を掲げて新シーズンに挑む。

 新体制になり、『ドライブ』をテーマに設定した早大。昨季の主力の約半数が今春に卒業した中、フラットな状態からチーム内競争が行われ、リーグ戦開幕を前に初期登録メンバー30人と、追加の4人が出場選手登録されている。その中でも、やはり注目は、U21日本代表GK小島亨介(スポ4=名古屋グランパスU18)と、今冬に全日本大学選抜で活躍したMF相馬勇紀(スポ4=三菱養和SCユース)だろう。外池監督も含め、関東大学1部の経験を持つスタッフや選手が少ないチームにとって、世界基準を知る小島や、1年時からコンスタントに試合出場を重ねてきた相馬の存在は大きく、かかる期待も大きい。
 最後方からチームを支えるGKの候補には、小島と昨季のレギュラーGK笠原駿之介(法3=埼玉・早大本庄)が挙げられる。加えて、実力派の2年生も出番をうかがうなど、GKは今季も激戦区のポジションとなりそうだ。最終ラインは、DF大桃海斗(スポ3=新潟・帝京長岡)、DF杉山耕二(スポ2=三菱養和SCユース)、DF冨田康平(スポ4=埼玉・市浦和)といった昨季台頭した選手たちを軸に、堅守を築きたい。MF高岡大翼副将(社4=広島皆実)、昨季後半戦で全試合先発したMF栗島健太(社3=千葉・流通経大柏)をはじめ、昨年公式戦で3得点を挙げたMF金田拓海(社3=ヴィッセル神戸U18)、リーグ戦デビューを狙うMF鍬先祐弥(スポ2=東福岡)らが争うボランチも、充実の戦力を誇るポジションだ。
 柳沢拓弥(平30社卒)、石川大貴(平30スポ卒)、武颯(同、現福島ユナイテッドFC)ら、多くの主力級の選手が卒業した攻撃陣では、新10番のMF山本隼平(スポ4=新潟・北越)、FW直江健太郎(商4=東京・早実)、FW藤沢和也(商3=東京・早実)といった、新たな力の台頭に期待がかかる。その一方で、昨季も試合出場していた相馬、岡田、FW武田太一(スポ3=ガンバ大阪ユース)らがどれだけ得点に絡み、数字を伸ばせるかもチームの浮沈に大きく関わってきそうだ。また、U18日本代表MF杉田将宏(スポ1=名古屋グランパスU18)、昨年度の高校選手権で優勝したMF田部井悠(スポ1=群馬・前橋育英)をはじめ、1年生は計6人がメンバー登録されるなど、実力者揃い。現在登録外の選手としても、高校選抜の一員として海外遠征に帯同していたMF田中雄大(スポ1=神奈川・桐光学園)らが入学しており、各ポジションでの下級生からの突き上げにも期待がかかる。

新体制の初陣となった早関定期戦では武田、藤沢、冨田が得点し3-1で快勝した

 リーグ全体に目を向けると、昨年度は、リーグ戦王者の筑波大、総理大臣杯王者の法大、残留争いに巻き込まれた東洋大や専大など、下級生主体のメンバー構成で戦っていたチームも多く、今季はさらに競争力を増した混戦模様のリーグ戦が繰り広げられそうだ。重要な開幕節の対戦相手は桐蔭横浜大。昨季ルーキーイヤーながら主戦として活躍したサイドアタッカーのMF鳥海芳樹(2年)など、全日本大学選抜経験者5人を揃える好チームだ。しかし、3月に入ってから監督交代し、その後の公式戦では、フルメンバーではなかったとはいえ、格下相手に2点のリードをひっくり返されて敗れるなど、現在公式戦3戦勝ちなし。「2年前、桐蔭横浜大に逆転負けして降格した。リベンジして強いワセダが戻ってきたことを証明したい」(岡田)。まずは初戦で因縁の相手を退け、その後に控える強豪との3連戦に弾みをつけたいところだ。

3日の記者会見に出席した岡田は「アグレッシブな姿勢を持って一試合一試合戦いたい」と意気込んだ

 「僕自身、優勝する絵は持っている。リーグ戦が終わった後に、その絵を僕だけではなくてみんなが見られるようにしていきたい」(岡田)。主将の強い覚悟のもとで一枚岩となれるか。昇格組であり、挑戦者の立場である早大は、一試合一試合『ドライブ』の精神で着実に戦い、勝ち点を積み重ねたい。「泥くさく、謙虚に、最後まで」(外池監督)、一歩ずつ前へ歩みを進めたその先には、3年ぶりの歓喜の瞬間が訪れるはずだ。

 

(記事、写真 守屋郁宏)

関連記事

【連載】関東大学リーグ戦開幕前特集『変革』(4/05)

男女とも体制一新。一層の飛躍を誓う(2/04)

難敵・立正大に完敗。天皇杯本戦への道は絶たれる(12/11)


関東大学リーグ戦前期日程
日にち 時間 対戦相手 会場
4月8日(日) 14:00 桐蔭横浜大 茨城・龍ケ崎市陸上競技場たつのこフィールド
4月14日(土) 14:00 筑波大 東京・味の素フィールド西が丘
4月28日(土) 14:00 流通経大 東京・江東区夢の島競技場
5月3日(木・祝) 13:00 明大 埼玉・浦和駒場スタジアム
5月6日(日) 11:30 駒大 埼玉・東京国際大坂戸キャンパスサッカー場
5月20日(日) 11:30 東京国際大 千葉・フクダ電子アリーナ
5月30日(水) 18:00 法大 神奈川・法大多摩キャンパス城山地区サッカー場
6月2日(土) 11:30 順大 東京・味の素フィールド西が丘
6月9日(土) 11:30 国士舘大 茨城・龍ケ崎市陸上競技場たつのこフィールド
10 6月17日(日) 11:30 専大 千葉・岩名運動公園陸上競技場
11 7月1日(日) 14:00 東洋大 神奈川・Shonan BMW スタジアム平塚