野球部

2018.04.04

春季オープン戦 4月4日 安部球場

『打棒ワセダ』復活!強豪・亜大を撃破し6試合ぶりの勝ち星/亜大戦

TEAM
亜 大
早 大
(早)今西、小島、早川-中林、小藤
◇(二塁打)加藤×2、檜村

 ついに『打棒ワセダ』が目を覚ました。極度の貧打にあえぎ、対外試合5連敗の中で迎えた東都の雄・亜大との一戦。初回から4番・加藤雅樹(社3=東京・早実)の適時二塁打と相手の失策で3点を先制すると、その後も4回まで毎回得点を奪うなど、2桁11安打の猛攻で6得点を挙げた。投げては先発の今西拓弥(スポ2=広島・広陵)から小島和哉主将(スポ4=埼玉・浦和学院)、早川隆久(スポ2=千葉・木更津総合)へと早大が誇る左腕3人のリレーで亜大打線を3点に抑え6-3で快勝。6試合ぶりの勝ち星を手にし、東京六大学春季リーグ戦(春季リーグ戦)へ向け弾みをつけた。

 先発のマウンドを託されたのは春季リーグ戦でも先発の一角を担うことが期待される今西。初回をわずか9球で三者凡退に切って取ると、2回には1死から四死球と安打で招いた満塁のピンチを二者連続三振で切り抜ける。4回こそ低めのチェンジアップをうまくすくわれ右越え本塁打を浴びたが、失点はこの1点のみ。この日は直球が冴えわたった今西、春季リーグ戦第2先発の座を大きく手繰り寄せる好投を見せた。今西の後を任されたのはエース小島。5回、2死一塁から高めに浮いた直球をバックスクリーン左横に運ばれ2点を失うが、その後は走者を出しながらもボールを低めに集める落ち着いた投球を披露し、亜大に付け入る隙を与えず。最終回は早川が1回を2奪三振で締め、早大投手陣の核を担う左腕トリオが亜大打線を翻弄(ほんろう)した。

第2先発の座を大きく手繰り寄せた今西

 稲穂打線がようやく火を吹いた。初回、1番・池田賢将(スポ4=富山・高岡南)の右前打と四球でいきなり好機をつくると、4番・加藤が初球、内角低めの直球を強振し、右中間を瞬く間に割る適時二塁打。走者二人が一気に生還すると、その後相手選手の失策で1点を追加し、幸先よく3点を先制する。続く2回には1番・池田が一二塁間をしぶとく破る適時打を放ち追加点を挙げると、3回にも7番・山田淳平(教3=東京・早実)が安打と盗塁で好機を演出し、その後の内野ゴロの間に1点を加える。攻撃の手を緩めない早大は、4回に4番・加藤が追い込まれてからの直球を逆らわずに左中間へと運び、この日2本目となる適時二塁打で試合の大勢を決定付けた。

4安打の大活躍で稲穂打線をけん引した池田

 対外試合5連敗で今試合を迎え、春季リーグ戦へ暗雲が立ち込めていた早大。この日、打線は4安打を放った池田、3打点を挙げた加藤を筆頭に効率よく得点を重ね、常に課題としていた得点圏での一打も飛び出した。投手陣も失点は2本の本塁打で失った3点のみに抑え、無駄な失点はせず。登板した3投手とも直球のキレは抜群で、春季リーグ戦へ向けての仕上がりの良さを感じさせた。投打の歯車がかみ合った理想的な試合運びと言える一方で、5回以降は攻めあぐね、得点を重ねることができなかったことなどを含め、まだまだ課題は残る。だが、きょうのような試合を積み重ねればおのずと賜杯も見えてくるはずだ。開幕まで、残る春季オープン戦はあと1試合。この勝利を自信に、覇権奪回へさらに弾みをつけたい。

(記事 林大貴、写真 吉田優)

関連記事

投打共に精彩を欠き、対外試合5連敗/専大戦(4/03)

打線沈黙も、投手陣は収穫得る(4/02)

社会人相手に惜敗も、収獲ある一戦に/Honda戦(4/01)