Notice: mycategoryorder_Widget で呼び出された WP_Widget のコンストラクターメソッドはバージョン 4.3.0 から非推奨になっています ! 代わりに
__construct()
を使ってください。 in /home/wasedasports2013/www/wasedasports/wp/wp-includes/functions.php on line 3924
杉山の圧巻の投球で日大に勝利 | 早稲田スポーツ
メニュー

準硬式野球部

2018.03.30

関東地区大学選手権 日大戦 3月29日 早大東伏見グラウンド

杉山の圧巻の投球で日大に勝利

関東大会準々決勝
早大

日大
(早)◯杉山―吉田
♢(本塁打)中村大 (二塁打)池上 

 そよ風に揺られた桜の花びらがグラウンドを覆う春日和。早大東伏見グラウンドで行われた関東地区大学選手権準々決勝は強豪・日大を相手に熱い接戦を繰り広げた。まず初回、先攻のワセダが三塁手強襲安打で幸先よく先制すると、2回には今大会好調の2番・池上倫平副将(政経4=東京・早実)が適時打を放ち、追加点を挙げる。しかし、その裏に1点を返されると、6回には痛恨の一発を浴び同点とされる。それでも8回、代打起用された中村大輔(商4=東京・早大学院)が値千金の決勝弾。先発のエース・杉山周平(教3=神奈川・山手学院)は強力打線を相手に最後まで踏ん張り、2失点で完投。引き締まった試合を制して、全日本大学選手権出場に王手をかけた。

 初回、池上の中前安打を皮切りに四死球も重なって2死満塁の好機を迎えると打席には6番・加藤大(人3=大分上野丘)。直球を叩きつけた打球は三ゴロかに思われたが、人工芝のグラウンドが幸いし、大きく跳ねて三塁手を強襲、適時打に。幸運な形で先制に成功する。さらには2回、2死三塁で打席に入った池上が追い込まれながらも巧みなバットコントロールで直球を左中間に運ぶ適時打。ワセダが誇る安打製造機はこの日も存在感を放った。守りでは、序盤から援護点をもらった杉山だったが、久々の登板だったこともあり制球が定まらない。それでも、捕手・吉田龍平(スポ3=東京・小山台)の直球を中心とする配球でなんとかしのぎ、序盤は適時打による1失点で乗り切る。すると中盤からは制球が定まり、凡打の山を築く。しかし、打線が攻めあぐねるなか迎えた6回、好投を続けていた杉山にほころびが出る。カウントを悪くすると、甘く入った直球を左翼スタンドに運ばれる同点弾。ついに試合を振り出しに戻されてしまう。それでも、味方を信じて気迫の投球を続けるエースには最高の贈り物が待っていた。8回、勝負強さの光る中村大が代打で登場。3ボール2ストライクから直球を捉えた一撃は、左翼の防球ネットをも越えていくすさまじい飛距離の場外弾。投手戦の様相を呈するなかで貴重な勝ち越し打だった。これでさらに奮起した杉山は最後の力を振り絞り完投。チームの総合力でつかみ取ったこれ以上ない勝利だった。

9回を投げきった杉山

 この試合、ベンチの控えメンバーやスタンドでの応援にまわった選手たちの大声援がとても印象に残った。実際、この日も途中出場の選手が決勝打を放つなど、誰が出ても集中して試合に臨める雰囲気はできている。さらには、序盤に制球難に陥った杉山に対して控え投手が助言する場面も見られるなど、『チーム一丸』の精神は全員に浸透している。その分、試合に出ているメンバーも責任感と感謝の気持ちを持ってグラウンドに立てる。それがこれまでの良い結果につながっているのだろう。

値千金の一打を放った中村大

 ワセダは次の準決勝で全国大会をかけた大一番に挑む。相手は強豪・東洋大。勝てる保証は一切ないが、決して勝てない相手ではないだろう。「応援してくださっている人たちのためにも全国に行きたい」と語ったエース・杉山の言葉に噓偽りはない。近年遠ざかっている全国の舞台。彼らならやってくれるはずだ。

(記事 吉岡拓哉 写真 藤本壮汰)

コメント

杉山周平(教3=神奈川・山手学院)

――きょうは強豪・日大相手でしたが、どんな準備をして臨まれましたか

もう組み合わせが決まったときから自分はこの試合で投げることが決まっていて、相手は強かったんですけど、自分の時間を割いてまで偵察してくれていた控えのメンバーもいたので、そういった支えてくれている人たちのためにも頑張ろうと思ってやって、結果的に勝ててよかったです。

――序盤は制球が定まらず苦しみましたが、踏ん張れましたね

そうですね。久しぶりの登板だったので球の抑えが効かず苦しんだですが、ベンチの控え投手たちが助言してくれたので、後半はそれを基に修正できたので良かったかなと思います。

――試合を通して、捕手の吉田選手とは意思疎通ができていますか

ちょっと乱れそうなときにマウンドに来てくれて一声掛けてくれるので、良いコンビネーションでできているのかなと思います。学年も同じなので。

――中盤に一発を浴びても落ち着いていましたね

試合前から一発のある打者が多いと聞いていて、気を付けようと思ってはいたんですが、不用意にストライクを欲しがってしまったのがよくなかったです。これからは修正していかないといけないなと捕手の吉田とも話しましたね。

――最後に、次の試合に向けての意気込みを聞かせてください

きょう勝っても次を勝たないと全国(全日本大学選手権)に行けないので、応援してくださっている人のためにも全国へ行こうと思います。

中村大輔(商4=東京・早大学院)

――ナイス本塁打でした

ありがとうございます。

――途中出場でしたがベンチからどのように試合を見ていましたか

日大ということだったので、今までのチームと違って後半勝負の総力戦になると思っていたのでベンチでは全員試合に出場する準備をできるように声を掛けていたし、みんなそれができていたかなと思います。

――打席に立つときはどのような心境でしたか

4番の永井(隆太、スポ4=石川・七尾)の代打ということもあったのでその責任はあるなと思っていました。後半総力戦になると考えていて出る準備はみんなできていたし、出番はあるなと思っていたので、ボール球は振らないで芯に当たれば絶対に打てると思って集中して打席に立ちました。

――フルカウントからの本塁打でしたがどういう球を待っていたとかはありますか

フルカウントだったのでボールだったら四球ですし、バットに当てることだけを考えてボール球は振らずに来た球を打つようにしていたのかなと思います。

――飛距離が出ていたと思いますが感触は

自分としては打った瞬間いったなと思ったので、集中していた状態から一気に解放された感じでとても気持ちよかったです。

――この本塁打で今大会2本目ですがご自身の状態は

自分としては後半の代打とかがあると思っているのでそれに備えて集中して練習するだけだと思っています。まだ2試合ありますし、そこでもしっかり準備したいです。

――あすに向けての意気込みをお願いします

今は本当にチームの状態が良くて試合にスタメンで出ている人はもちろんですけど、例えばきょうですと阪下(駿、人4=東京・成城)とか水野(将太、スポ4=愛知・小牧南)とか加藤(瑛二、スポ4=愛知)とか後半から出て来る選手がしっかり試合に集中して臨めているので、あす以降も1人1人が集中して適材適所な活躍ができればおのずと勝てると思うので、チーム一丸となって頑張っていきたいです。