野球部

2018.03.28

春季オープン戦 3月28日 安部球場

投打共に振るわず、完敗を喫する/鷺宮製作所戦

TEAM
鷺宮製作所 12
早 大
(早)●徳山、増田、榎、藤井寛、柴田、早川-中林、小藤
◇(本塁打)吉澤×2

 ホームグラウンドに鷺宮製作所を迎え挑んだ一戦。序盤は一点を争うシーソーゲームとなった。しかし4回に先発の徳山壮磨(スポーツ科学部入学予定=大阪桐蔭)が3点のリードを許して降板すると、続々と投手陣が打ち崩される苦しい展開に。打線は吉澤一翔(スポ2=大阪桐蔭)が二本の本塁打を放つ好調ぶりを見せたが、流れをつかむことはできず、3-12の大敗を喫した。

 先発としてマウンドに上がった徳山は、先頭打者への初球を二塁打とされ、そのまま先制点を許すと、2回にも1点を追加される。さらに得点圏に走者を抱えた状況で右前打を浴びたが、加藤雅樹(社3=東京・早実)が本塁へのノーバウンド送球で走者を刺殺し、なんとかしのぐ。この後も相手の粘り強い攻撃は続き、4回2死一、二塁の場面で適時三塁打を浴び、徳山はマウンドから引きずり降ろされた。味方が追い付いた直後の回に踏ん張り切れず、社会人のレベルの高さを痛感するマウンドとなった。2番手で登場した増田圭佑(文4=茨城・江戸川学園取手)も高めに浮いた球を右越え本塁打とされ、2点を献上。守備のミスも重なりその後も悪い流れを断ち切ることのできなかった投手陣は、6人の継投もむなしく、被安打20と不安の残る結果となった。

社会人との力の差を感じるマウンドとなった徳山

 一方の打線は、先制点を許した初回に吉澤が死球で出塁すると、加藤と福岡高輝(スポ3=埼玉・川越東)の連打ですぐさま1点を返す。再びリードを許して迎えた3回には吉澤が初球をフルスイングし、左越え本塁打で同点に追いついた。しかしその後は打線が沈黙。8回に吉澤がこの日2本目の本塁打を放ったが、その他は目立った得点機をつくれず、8安打3得点で試合を終えた。

1試合で2本の左越え本塁打を放った吉澤

 試合の主導権を一度も握ることなくあっさりと敗戦となった今試合。東京六大学春季リーグ戦開幕まで三週間を切った中、投打ともに多くの課題が浮き彫りとなった。同率最下位となった昨季から巻き返しを図る早大野球部は今、正念場を迎えている。

(記事 糸賀日向子、写真 江藤華、宇根加菜葉)

※記事中の学年は新年度のものです。

関連記事

拙守拙攻に悩まされ、リーグ戦に不安残る/創価大戦(3/25)

逆転勝利も課題は山積/中大戦(03/24)

昨年のリベンジ果たせず。完敗に終わる(03/18)