野球部

2018.03.24

春季オープン戦 3月23日 安部球場

逆転勝利も課題は山積/中大戦

TEAM
早 大
中 大
(早)●西垣、榎、徳山、早川、柴田-中林、岩本
◇(二塁打)檜村

 暖かい春の便りが聞こえ始めたこの日、中大を迎え春季オープン戦が行われた。雨天の影響で2日前からスライドするかたちで実現したこのカード。早大は初回、守備の乱れから3点を先制される苦しい立ち上がりとなるが、5回に相手投手の乱調に乗じて一挙6得点で逆転。その後は投手陣が好投し、逃げ切った。沖縄キャンプから帰京してはや1週間、春季オープン戦4勝目を挙げた。

 最悪の出だしとなった。1回表に上位打線が三者連続三振に倒れると、その裏の守備ではミスが重なる。早大先発・西垣雅矢(スポーツ科学部入学予定=兵庫・報徳学園)は先頭から連打を許し、続く3番打者が引っ張った打球は一塁方向へ。この打球を一塁手・吉澤一翔(スポ2=大阪桐蔭)が後逸し、悪いかたちで先制点を奪われた。その後すぐさま盗塁で好機を広げられると、1死二、三塁から中大5番・牧秀悟(2年)に直球を捕らえられ、2点を追加される。その後はなんとか無失点で切り抜けたものの、吉澤が三塁手からの送球を落球し、初回で三木雅裕(社4=東京・早実)に交代。『守り勝つ野球』を理想とする髙橋広監督(昭52教卒=愛媛・西条)はわずかな守備のほころびも許さない采配を見せた。西垣は3回にも四球と暴投から1点を失い、3回を投げて4安打4失点。先発として試合をつくる役割は果たせなかった。打線も1巡目は無安打に終わりリードを許して中盤を迎えた。

2回パーフェクトの好救援を見せた榎

 序盤は見せ場をつくれなかった早大だが4回、西垣に代わってマウンドに上がった榎海人(人3=長野・佐久長聖)がわずか9球でピシャリと抑え、流れをつくる。すると5回、中大先発の喜多川省吾(4年)が突如乱調し、早大に好機が訪れた。先頭の檜村篤史(スポ3=千葉・木更津総合)が左翼線二塁打を放つと、相手の失策と4つの四死球が絡んで3-4と1点差に迫る。そして一死満塁の好機で打席に立った4番・加藤雅樹(社3=東京・早実)が直球を中前に弾き返すと、これが2点適時打となり逆転に成功した。その後も檜村にこの回2本目の安打となる適時打が飛び出し、打者一巡で一挙に大量6得点。ここからは早大ペースで試合が進んだ。7回には四球から盗塁で好機を広げ、相手一塁手の野選で1点を追加。守備では榎、徳山壮磨(スポーツ科学部入学予定=大阪桐蔭)、早川隆久(スポ2=千葉・木更津総合)、柴田迅(社2=東京・早大学院)と救援投手陣が中大打線を4回以降1安打に抑え込み、なんとか逃げ切った。

3安打を放ち、状態の良さをうかがわせた檜村

 東京六大学春季リーグ戦(春季リーグ戦)開幕まであと3週間。加藤、檜村の好調ぶりや救援陣の安定が目立ち逆転勝利を収めたものの、まだまだチームとしての課題は山積している状態だ。リーグ戦ではきょうのような序盤でのミスの連続は一気に試合を決められる要因になりかねない。開幕まで残された時間もあとわずか。新たに気を引き締めて、残りの春季オープン戦に臨んでほしい。

(記事 松澤勇人、写真 宇根加菜葉、金澤麻由)

※記事中の学年は新年度のものです。

関連記事

昨年のリベンジ果たせず。完敗に終わる(03/18)

沖縄での実戦は2勝3敗。新戦力の台頭見られる ー沖縄キャンプ(オープン戦編)ー(03/16)

投打がかみ合い、オープン戦初勝利!/桐蔭横浜大戦(02/24)