庭球部

2018.03.11

三菱電機・早稲田大学フューチャーズ国際トーナメント 3月11日 早大・東伏見三神記念コート

坂井主将、古賀が予選決勝へ!

 三菱電機・早稲田大学フューチャーズ国際トーナメント(早稲田フューチャーズ)は2日目を迎え、この日はシングルス予選2回戦が行われた。早大からは7人が出場。安上昂志(スポ2=福岡・柳川)は同世代のプロ選手相手に力を出せず、昨年に続き本戦に上がることはできなかった。前回大会ベスト8の古田伊蕗副将(スポ3=静岡・浜松市立)はフルセットの接戦を勝ち切れず、予選で姿を消すことに。他にも藤井颯大(スポ1=京都・同志社国際)ら1年生3人も予選敗退となった。早大勢で予選決勝に進んだのは2人。あすも強敵をなぎ倒し、本戦への切符をつかんでほしい。

★持ち味生かし勝利つかむ

粘り強く応戦した古賀

 古賀大貴(スポ2=大分舞鶴)は外国人選手のJae-Min SEOL(韓国)と対戦した。序盤、古賀は相手のパワーのあるボールについていくことができず、試合開始から4ゲーム連続で落としてしまった。それでも、古賀が相手のボールに対応し始めると、相手がミスを連発する。ファーストセットこそ3-6で落としてしまったが、「セカンドセットはやることをやれば取れるかなと思っていました」と気持ちは前向きだった。迎えた、セカンドセット。持ち味の『しぶとさ』を活かしたプレーで古賀が先にブレイクすると流れは古賀に傾く。6-3でファイナルに持ち込み、最後は相手を圧倒し勝利をもぎ取った。「外国人の選手とやるのは初めてだったので、楽しみな部分もあった」と語った古賀。国際試合を経験し、勝利したことは古賀にとって大きな収穫となったであろう。古賀は明日、野口莉央(明治安田生命)と対戦する。本戦出場をかけた一戦で、『しぶとさ』を発揮したいところだ。

(記事 平松史帆、写真 松澤勇人)

★プロ選手相手に快勝!

坂井は積極的なネットプレーが光った

 格上相手に快勝を収めた。坂井勇仁主将(スポ3=大阪・清風)は菊池玄吾(福井県体育協会)と対戦。先週の亜細亜大学フューチャーズ国際トーナメント(亜細亜フューチャーズ)ではベスト16に入った実力の高い選手相手に、この日は積極的に前に出る攻撃が機能した。序盤相手が立て続けにミスをした隙を逃さず、ファーストセット第3ゲームをブレーク。その後もフォアハンドで相手を揺さぶり、浅くなった球を前に出てとらえるというかたちでポイントを重ね、このセットを6-2で奪った。セカンドセットも積極的な攻撃を緩めず、相手に立ち直る隙を与えなかった坂井。「理想的だった」と語るように、6-2、6-2の快勝で予選決勝へ駒を進めた。あすも格上選手との対戦となるが、坂井は、「主将なんで、絶対負けられない」と意気込んでいる。学生の意地、主将の意地を見せ、本戦に進むことはできるだろうか。

(記事、写真 松澤勇人)

結果

▽シングルス予選2回戦

〇坂井勇仁主将6-2、6-2菊池玄吾(福井県体育協会)

●古田伊蕗副将3―6、6-4、2-6正林知大(中大)

〇古賀大貴3-6、6-3、6-1Jae-Min SEOL(韓国)

●安上昂志0-6、3-6山﨑純平(日清紡ホールディングス)

●木元風哉5-7、6-7(6)逸崎凱人(慶大)

●樋口廣太郎0-6、3-6笹井正樹(SYSテニスクラブ)

●藤井颯大2-6、6-1、2-6野口莉央(明治安田生命)


関連記事

「それぞれが成長できた」、早稲田フューチャーズ全日程が終了!/三菱電機・早稲田大学フューチャーズ国際トーナメント(3/18)
早大勢の挑戦は終了。それぞれが収穫を得た大会に/三菱電機・早稲田大学フューチャーズ国際トーナメント(3/16)
シングルスで田中、ダブルスで古賀・安上組が2回戦進出!/三菱電機・早稲田大学フューチャーズ国際トーナメント(3/14)
大会3日目も熱戦続く!/三菱電機・早稲田大学フューチャーズ国際トーナメント(3/12)
早稲田フューチャーズ開幕!早大勢は全選手が予選1回戦を突破/三菱電機・早稲田大学フューチャーズ国際トーナメント(3/11)

関連特集

【特集】『早稲田フューチャーズって、なに?』

コメント

坂井勇仁主将(スポ3=大阪・清風)

――きょうは格上の選手相手でしたが、どのように試合に入りましたか

相手の選手は僕より戦績も残してますし、先週も1回戦勝って強い相手に結構いいところまでいっていたので、正直どうなるかなという感じだったんですけど、出だしで相手がちょっとしたミスを何本か連続でして、その隙に一気に攻め込んでいけたのはよかったと思います。

――きょうの試合ではネットプレーが多く見られました

なにか変化をつけていかないと勝っていけないと思うので、つまずく前に新しいことにどんどん挑戦しようという感じです。

――サーブも好調のように見えましたが、ご自身ではどう感じていますか

サーブは・・・まあいつも通りです(笑)。

――試合展開としては理想的だったのでしょうか

最後もたついて、マッチポイント取り切れずに0-30までいったときはヒヤっとしたんですけど、あそこで5-3になってたら気持ち的にも違ったと思うんで、6-2で終わらせられたのは理想的でしたね。

――あと一つ勝てば本戦です。あすへの意気込みをお願いします

次の相手も強い選手なんですけど、自分は主将なんで、絶対負けられない戦いがここにあるって感じです。

古賀大貴(スポ2=大分舞鶴)

――きょうはどのように挑まれましたか

 相手が長身で打ってくるのが分かっていたので、自分の持ち味であるしぶとさを生かして、相手を崩していければと思いました。

――ファーストセットは相手のペースで進みましたが、そちらはいかがですか

 ファーストセットはすぐにはリズムが掴めなくて、風もあって、うまくいかないなという感じだったんですが、ファーストセットの途中から自分も相手のボールに合いだして、セカンドセットはやることやれば取れるかなと思っていました。

――では、そのセカンドセットはいかがでしたか

 相手のミスが出だしていたのは分かっていたので、ここでしぶとくいければ絶対に取れると思っていたので、先に自分がブレークしていい流れでいけたので、結果的にセカンドセットは取れました。

――ファイナルセットは圧勝でしたが

 相手が、ダメだ、という感じになっていたので、ありがたかったです。

――ミスを誘うようなプレーをしたわけではなかったのでしょうか

 ミスを誘うというよりも、エースを取られないためにしぶとくいこうと思っていたので、それが結果的にミスにつながっていたので良かったと思います。

――相手は外国人の選手でした

 外国人の選手とやるのは初めてだったので、楽しみな部分もあって、それがいい方向にいって良かったです。

――明日の試合に向けて意気込みをお願いします

 明日の相手の野口選手(莉央、明治安田生命)は無駄の無いテニスをしてくるので、自分が崩れてしまったら、離れたスコアになってしまうと思うんですが、逆にやることをやっていれば勝てない相手ではないのでもう一度やることを整理して、明日に臨みたいと思います。