卓球部

2018.03.10

第70回東京選手権 3月10日 東京体育館

阿部・徳永組が3位入賞、上村はエンジのユニフォームに別れ

 東京選手権5日目、この日は女子ダブルス準決勝に阿部愛莉(スポ3=大阪・四天王寺)・徳永美子女子主将(スポ3=福岡・希望が丘)組が臨み、シングルスの4回戦以降には男女合わせて5人が出場した。阿部・徳永組はフルゲームの接戦の末に敗れ惜しくも決勝進出とはならなかったが、来シーズンに向けて期待の持てる結果となった。

 女子ダブルス準決勝、実業団ペアとの対戦となった阿部・徳永組は最高の立ち上がりを見せる。徳永の強烈な3球目攻撃や鋭い回転のかかったサーブなどで試合開始から連続10ポイントを奪い相手を圧倒。危なげなく2セットを先行し、勝利が見えたかと思われた。しかし、第3セット以降、相手が先に攻撃を仕掛け始め阿部・徳永組は左右に振られて苦しいラリー戦となってしまい、2セットを取り返されてしまう。迎えた最終ゲーム、なんとかラリーで粘り競り合う展開となったが、要所で攻めにいったボールがミスとなり相手に軍配。悔しい逆転負けで決勝進出はならなかった。女子部が誇るエースペアも来季がラストシーズンとなる。悲願のグランドスラム達成へ、来シーズンへの更なる上積みに期待したい。

準決勝で惜しくも敗れた阿部(右)・徳永組

 偉大なエースがエンジのユニフォームに別れを告げた。男子シングルス6回戦、上村慶哉(スポ4=福岡・希望が丘)は中大のホープと対戦した。序盤から激しい打ち合いとなるが、相手の打球点の早い攻撃が厳しいコースへ次々と決まりゲームカウント1-3と追い込まれてしまう。しかし、「最後まで粘って勝ちにいこうと考えて諦めずにプレーしよう」と、百戦錬磨の上村はここから意地を見せる。バック対バックの打ち合いで相手を押し込み、一番の武器である強力なフォアハンドで得点を重ねて2ゲームを取り返した。最終ゲームもお互い一歩も引かない展開となるが、最後は上村の打球がネットに当たり無情にもコートの外へ。ワセダでのラストゲームは幕を閉じた。試合後上村は「これから今までより厳しい環境に行くので、より一層意識を高めて結果を求めていきたい」と語った。感慨にふけるのではなく、次のステップに目を向ける姿勢は、卓球に真剣に向き合い続けてきた上村らしい幕引き。新たな舞台でも素晴らしい活躍を見せてくれることだろう。

最後までパワフルなプレーを見せた上村

 明日の大会最終日には、シングルスで早大勢唯一のランク入りを果たした阿部が出場する。6回戦の相手はダブルスで敗れた高橋真梨子(十六銀行)に決まり、ダブルスのリベンジを果たして自身初のベスト4以上の成績へ突き進んでいってほしいところだ。

(記事 吉田寛人、写真 下長根沙羅)

3位入賞し、笑顔を見せる阿部(左)・徳永組

結果

▽男子シングルス

4回戦

◯平野3―1金(朝日大)

●葉波1―3姜(KGG人蔘公司)

5回戦

◯上村4―0津村(出雲北陵高)

◯平野4―2飯野(T.O.M&卓球三昧)

◯硴塚4―1上野(神戸卓球クラブ)

●緒方2―4遠藤(野田学園高)

6回戦

●上村3―4弓取(中大)

●平野0―4宇田(JOCエリートアカデミー/大原学園)

●硴塚2―4小澤(琉球アスティーダ)

▽女子シングルス

4回戦

○阿部3―0増田(百十四銀行)

5回戦

○阿部4―1平田(アスモ)

▽女子ダブルス

準決勝

●阿部・徳永組2―3松澤・高橋組(十六銀行)

関連記事

阿部・徳永組がベスト4入り!(3/10)


ダブルス3組が4回戦を突破!(3/8)

コメント

上村慶哉(スポ4=福岡・希望が丘)

――ワセダの選手として最後の試合が終わりましたが率直な気持ちを教えてください

最後良い結果で終わりたかったので負けてしまってすごく残念です。

――追い込まれてから見事な追い上げを見せました

最後まで粘って勝ちにいこうと考えて諦めずにプレーしようと思っていました。

――ワセダのユニフォームにはどのような思い出がありますか

このエンジのユニフォームには相手に威圧感を与えるものだと思うので、これまでユニフォームに勝たせてもらったと言っても過言ではないかなと思います。(笑)

――永山監督に伝えたい気持ちはありますか

大学4年間ずっと永山監督に見ていただいてすごく成長できたと思うので、最後監督にベンチに入ってもらえて良かったです。

――後輩たちにはどのようなことを伝えたいですか

これからリーグ戦、インカレとシーズンが始まるので、この1~3月に合宿などでやってきたことを発揮して優勝を掴めるように頑張ってもらいたいです。

――最後にご自身の今後の目標を教えてください

これから今までより厳しい環境に行くので、より一層意識を高めて結果を求めていきたいと思います。

平野晃生主将(スポ3=山口・野田学園)

――第1シードとの対戦となった6回戦を振り返っていただけますか

全てのセットで先手を取られてしまってやることがなくなってしまいました。完敗でした。

――今大会は苦しい場面で粘り強い卓球ができていました

今大会は逆転勝ちが多くて、今までは逆転負けすることが多かったのでそこは収穫だったかなと思います。

――主将として新シーズンに向けて意気込みをお願いします

上村さんは勝利をしっかり取ってきてくれていたので自分たちがそれについていくことで勝てていたのですが、自分は上村さんと同じようなレベルには立てていないので、リーグ戦ではみんなを引っ張っていけるように、自分がしっかりチームをまとめてチーム全員で勝ちにいきたいと思います。