庭球部

2018.03.11

三菱電機・早稲田大学フューチャーズ国際トーナメント 3月10日 早大・東伏見三神記念コート

早稲田フューチャーズ開幕!早大勢は全選手が予選1回戦を突破

 三菱電機・早稲田大学フューチャーズトーナメント(早稲田フューチャーズ)がついに開幕。この日はシングルス予選1回戦が行われ、早大からは6人が出場した。先陣を切って登場した安上昂志(スポ2=福岡・柳川)がフルセットの接戦を勝ち切り勢いを与えると、続く木元風哉(社1=埼玉・早大本庄)も相手を寄せつけず、快勝。その後も早大勢の活躍が目立ち、終わってみれば坂井勇仁主将(スポ3=大阪・清風)をはじめ6人全員が初戦を突破した。あすの2回戦ではそれぞれ格上選手との対戦が待っている。1回戦の勢いそのままに、学生の力を見せつけることはできるか。

★「1戦1戦楽しく全力で」。藤井颯は2回戦へ!

得意のストロークで相手を翻弄(ほんろう)した藤井颯

 「1戦1戦楽しく全力で」(藤井颯)——。まさにその言葉を体現する試合だった。先週の亜細亜大学フューチャーズ国際トーナメント(亜細亜フューチャーズ)でも難敵を破り予選ラウンド決勝まで駒を進めるなど好調の藤井颯大(スポ1=京都・同志社国際)が予選1回戦に登場。ファーストセット、第1ゲームでいきなりブレークに成功するとキレのあるサーブと力強いストロークで相手を圧倒。「相手の弱点もわかっていたので強気でいくことができました」(藤井颯)と過去に1度敗戦経験のある相手に対して序盤から集中したプレーを見せ、そのままファーストセットを先取する。セカンドセットも勢いそのままに、ミスを最小限に留めたテニスを見せ相手を寄せ付けない。終始試合のペースを握った藤井颯は最後まで集中した表情を崩すことなく、終わってみれば6-1、6-1の完勝。自身の言葉通り一戦必勝で見事にリベンジを果たし、予選2回戦へと進出した。次戦は同い年の野口莉央と対戦する。波に乗っている藤井颯は、同世代のプロ相手に力を発揮できるか。

(記事 斉藤俊幸、写真 松澤勇人)

結果

▽シングルス予選1回戦

〇坂井勇仁主将6-3、6-2Bang Shuo YIN(台湾)

〇古賀大貴6-1、6-1太田啓輔(SYSテニスクラブ)

〇安上昂志7-6(3)、2-6、6-4田代悠雅(トップラン)

〇木元風哉6-1、6-4熊坂拓哉(亜大)

〇樋口廣太郎4-6、6-0、6-3吉田伊織(日本)

〇藤井颯大6-1、6-1高田航輝(佐鳴台ローンテニスクラブ)


関連記事

「それぞれが成長できた」、早稲田フューチャーズ全日程が終了!/三菱電機・早稲田大学フューチャーズ国際トーナメント(3/18)
早大勢の挑戦は終了。それぞれが収穫を得た大会に/三菱電機・早稲田大学フューチャーズ国際トーナメント(3/16)
シングルスで田中、ダブルスで古賀・安上組が2回戦進出!/三菱電機・早稲田大学フューチャーズ国際トーナメント(3/14)
大会3日目も熱戦続く!/三菱電機・早稲田大学フューチャーズ国際トーナメント(3/12)
坂井主将、古賀が予選決勝へ!/三菱電機・早稲田大学フューチャーズ国際トーナメント(3/11)

関連特集

【特集】『早稲田フューチャーズって、なに?』

コメント

藤井颯大(スポ1=京都・同志社国際)

――先週の亜細亜大学フューチャーズ国際トーナメント(亜細亜フューチャーズ)では予選決勝まで勝ち進みましたが、振り返って

亜細亜フューチャーズでは、こんなに大きな大会に出られるのはうれしいからポイント関係なく一戦一戦楽しく全力でやる中で勝てたら嬉しいという心構えで挑みました。

――今大会での目標というのはどこに設定されていますか

早稲田フューチャーズももちろん全試合勝ちたいですけど、それよりも自分の実力をしっかりと出し切って毎試合楽しく全力でやっていけるのが僕の目標です。

――調子が良いように見えますが

昔から緊張すると自分のプレーが思いっきりできないっていうのに悩まされていて、でもこの大きな大会では守るものも無いから何も意識せずに全力で試合に臨めているのいうのが調子の良さにつながっていると思っていて自分のテニスができていると思います。

――具体的にはどのようなところに調子の良さを感じますか

緊張するとフォアハンドが入れにいってるだけになるので、しっかり守るところは守って攻めるところは攻めるっていうメリハリをつけれているところが調子が良いと思います。

――試合を振り返っていかがですか

きょうの相手は1度負けたことがある相手で、絶対にリベンジしたいなと思っていたので、相手の弱点も分かっていたので序盤から集中して強気でいくことができました。

――ゲーム内容的にはいかがでしたか

いいスコアで勝つ事ができて、しかも内容的にはもう少しスコアを取られてもおかしくない試合だったので6-1、6-1で収めることができたので良かったです。

――明日以降の試合に向けて意気込みをお願いします

あしたは予選の上のシードなので、結構強い相手になると思うので、ここからも意識していた楽しく全力であしたも続く試合も勝てればいいと思います。