柔道部

2018.02.28

第30回全国体育系学生体重別 2月24日、25日 東京・講道館

佐藤が優勝、空が3位!新たな柔道部の始動

 講道館を舞台に、全国体育系学生体重別選手権大会が2日間にわたっておこなわれた。早大からは9人が出場。激戦の末、73kg級に出場した佐藤竜(スポ2=東京・修徳)が優勝した。また、100kg級に出場した空辰乃輔(スポ1=広島・崇徳)も3位入賞を果たした。

 大会1日目は、66kg級、73kg級、81kg級の試合がおこなわれた。81kg級には、松下弘樹(スポ3=静岡・韮山)と間瀬勇希(スポ2=神奈川・相洋)が出場したものの、松下は2回戦、間瀬は1回戦で敗退。一方、73kg級に出場した佐藤竜が好調だった。佐藤竜は、前回大会で決勝まで勝ち進んだものの、負傷による途中棄権で無念の第2位に終わっている。「勝敗よりもケガをしないこと」を目標に掲げていた佐藤竜だが、得意の寝技で着実に勝利していく。激戦となった4試合のうち、3試合で一本勝ちを収める強さをみせた。ついに迎えた決勝。途中、相手の攻撃にひやりとする場面もあったが、佐藤竜は積極的に技をかけていく。そして決勝でも持ち味の寝技で相手を圧倒。最後は横四方固で抑え込み、そのまま一本勝ちを奪い優勝をつかんだ。

前回大会での負傷を乗り越え優勝した佐藤竜

 佐藤竜に続きたい2日目。60kg級、90kg級、100kg級、100kg超級の4回級の試合がおこなわれた。90kg級の平沼義浩(スポ3=埼玉・早大本庄)と100kg超級の伊藤哲(スポ2=秋田)は1回戦で敗退。100kg級に出場した瀨川勇気(スポ2=北海道・東海大第四)は、2回戦での接戦の末判定負けとなった。坂田豊志(スポ3=富山・小杉)は100kg超級に出場。目標に掲げたベスト4を目前にした3回戦。序盤から坂田のペースで試合が展開されていたしかしゴールデンスコアにまでもつれ込むと、相手にポイントを奪われ優勢負け。坂田は「このままだったらいけると安心してしまったところで相手がペースを変えて前に出てきたので取られてしまった」と敗因を振り返った。早大で勝ち残ったのは空。1日目に優勝した佐藤の姿を目の当たりにし、「自分も優勝」することを目標に掲げて試合に挑んだ。裏投で相手を翻弄していく。しかし準々決勝の対戦相手には、序盤からペースを握られてしまう。ゴールデンスコアに突入するが、空の大内刈の隙を返され優勢負けとなり、第3位という結果に終わった。

準々決勝の対戦相手に挑む空

 今大会は、4年生が引退してから初めての公式戦であった。佐藤竜は優勝、空は第3位と今後に弾みをつけることができた。一方で、佐藤竜は「立技」、空は「上半身のパワー」に課題を見出している。5月に始まる団体戦に活きる貴重な経験となっただろう。新しい早大柔道部の活躍が楽しみだ。

(記事 赤根歩、写真 高橋里沙、赤根歩)

結果

▽73kg級

佐藤竜 優勝

▽81kg級

松下 1回戦敗退

間瀬 1回戦敗退

▽90kg級

平沼 1回戦敗退

▽100kg級

空 3位

瀨川 2回戦敗退

▽100kg超級

坂田 2回戦敗退

伊藤哲 1回戦敗退

コメント

坂田豊志(スポ3=富山・小杉)

――新体制になって初めての試合でしたが、どのような意気込みで挑まれましたか

僕自身があまり結果を残せていなくて、それで今回結果を残したいなというのはありました。出るからには上を目指そう、と。

――具体的な目標はあったのでしょうか

ベスト8になって、ベスト4をかけた戦いで強い選手と戦う組合せだったので、そこまで上がろうというのはありました。

――2回戦は自分が押している中で、最後取られてしまったと思いますが、その時の心境はいかがでしたか

やはり自分の甘いところが出てしまったな、と思います。

――甘いところというのはどういったところですか

最後まで自分のペースを変えずに、自分の柔道をしていれば勝てたと思うのですが、このままだったらいけると安心してしまったところで相手がペースを変えて前に出てきたので取られてしまったと思います。

――試合前に音楽を聞いている姿が見えたのですが、試合の前にはいつも音楽を聞いているのですか

そうですね、モチベーションわあげるのもそうですし、緊張をほぐすために聞いています

――ちなみにどういった曲を聞かれるのですか

アニソンです

――アニメはお好きなのですか

そうですね。アップテンポのアニソンを聞いています。昔アニメが好きで最近あまり見てないんですけど。

――下級生の活躍についてはどう思われますか

空(辰乃輔(スポ1=広島・崇徳))とかが上まで上がっているのを見て、僕もがんばらなきゃいけないなと思いました。

――3年生で行かれた台湾遠征では何か得られたものはありましたか

通常の練習では自分より大きい選手と戦う機会がないのですが、自分と同じ大きさの選手や自分より大きい選手と練習をして、自分より大きい選手への対応が苦手であることを実感しました。今回その試合の成果が少しは出たのではないかなと思います。

――4年生になるにあたっての目標をお聞かせください

団体戦ではポイントゲッターになることです。個人戦ではまずは全国に向けて練習をして、またそこでどれだけ頑張れるか力を試したいです。

佐藤竜(スポ2=東京・修徳)

――優勝おめでとうございます。きょうはどのような目標で挑まれましたか

きょねんのこの大会の決勝で股関節を脱臼して負けてしまいましたが、この1年間で復帰して、今回は勝敗よりも怪我しないことを目標に頑張っていました。

――怪我をしてからの1年間、治療や練習の際はどのような気持ちでしたか

半年以上、柔道をできない期間が続いたので、けっこうピリピリしていました。きょねんの9月に復活して結果は思うようにはいかなかったんですけど、柔道できるようになったので、そこからは遅れを取り戻そうという気持ちでした。トレーナーさんがよく指導してくれたので、ここまで戻ってこられたかな、という感じです。

――今回の試合を振り返って順調だった点はどこですか

立技よりも寝技の選手なので、きょうはその寝技がよく出ていたのがよかったと思います。

――一方で、課題は見つかりましたか

立技でポイントが取れたらもっと楽になると思うので、そこを意識していきたいです。

――部としては、4年生が引退して新体制となりました。部の雰囲気に変化はありましたか

田中(大勝、社3=青森北)さんが新キャプテンで、リーダーシップのある人なので、みんなついていってる形です。でも、従うだけでなく意見もしてやっていこうかな、と思っています。

――最後に、次の大会に向けて抱負や目標をお願いします。

5月に団体戦が始まるので、体の小ささに関係なく、他校の強い選手と勝負できるように準備していきたいと思います。

空辰乃輔(スポ1=広島・崇徳)

――今大会の目標はなんでしたか

目標は優勝でした。

――準決勝で敗れてしまい、その目標を達成することができませんでした。敗因はどのように分析されていますか

パワーの違い、体づくりがまだ足りていなかったというのがあると思います。

――裏投で勝ち進む場面が何度かありましたが、何か作戦があってのことですか

裏投が一番一本を取れる技なので、裏投で勝とうということは考えていました。

――きのう、73kg級に出場した佐藤竜さんが優勝されました。その姿を見て、どのような気持ちになりましたか

先輩は、きょねんケガをして負けてしまって、ことしは優勝したので、その姿を見て自分も優勝しなきゃな、と思ったんですけど、負けてしまいました。先輩はすごくかっこよかったです。

――今回敗れてしまった経験を、今後の練習や試合にどのように活かしていこうと考えていますか

練習は、今まで通りやっていくのですが、ウエイトトレーニングやパワーをつけるメニューをもっと増やしていきたいです。特に上半身にもっとパワーをつけないと勝負できないと思います。

――4年生が引退し、今後は新入生の加入もあると思います。気持ちの面での変化はありますか

頼りにできる4年生が結構な人数いなくなってしまうので、自分は2年生になるんですけど、それでもチームを引っ張っていけるような試合をできるようになりたいです。

――最後に、今後の大会などへの目標や抱負があればお願いします。

久しぶりの試合で課題がはっきりしたので、あさってから合宿も始まるので課題を克服していきたいです。そして、全国大会の個人戦で優勝もしたいですし、団体戦でも自分が引っ張ってチームの目標を達成できるように頑張りたいと思います。