野球部

2018.02.24

春季オープン戦 2月24日 安部球場

投打がかみ合い、オープン戦初勝利!/桐蔭横浜大戦

TEAM
桐蔭横浜大
早 大 ×
(早)小島、藤井寛、柴田、早川-中林、小藤
◇(本塁打)山田(三塁打)中林(二塁打)山田×2、檜村

 澄んだ冬晴れの空の下、春季オープン戦2戦目が行われた。対戦相手は神奈川の名門・桐蔭横浜大。この日先発した小島和哉主将(スポ4=埼玉・浦和学院)が3回無失点と好投する。そして3回裏に山田淳平(教3=東京・早実)の本塁打で3点を先制。その後も打線は得点を重ね、救援陣は1失点のみに抑えた。終わってみれば8-1の快勝。春季オープン戦初勝利を挙げた。

圧巻の投球を見せたエース小島

 先発の小島は立ち上がりから好調だった。キレのある直球と変化球を駆使し、初回は上位打線を三者連続三振に切って取る。2、3回にはそれぞれ四球で走者こそ出したものの、安定した投球で安打を許さず、3回無安打無失点6奪三振。エースの貫禄を見せた。するとそれに応えるかのように、2回まで沈黙していた打線が躍動する。3回裏、先頭の吉澤一翔(スポ2=大阪桐蔭)が内野安打で出塁すると、続く中林健吾(スポ4=三重)が犠打に成功。期待のルーキー丸山壮史(スポ1=広島・広陵)も中前打で好機を拡大し、ここで打席に立ったのは1番・山田。6球目の高めの直球を振り抜くと打球はライナーでフェンスを越え、3点右越え本塁打に。待望の先制点が生まれた瞬間だった。

3回に右越え本塁打を放つ山田。4安打をマークし打線をけん引した

 小島の後を継いでマウンドに上がった藤井寛之(法3=福岡・東筑)は4回、2死二塁から適時打を打たれ失点を喫す。その後も連打を浴びあわや失点という場面だったが、二塁走者を挟殺プレーで刺し、ピンチをしのいだ。そして5回、1死三塁の好機で先制本塁打を放った山田が適時二塁打を放ち、追加点を挙げる。さらに6回、1死満塁から押し出し四球で1点を追加し、好機でまたも山田に打席が回る。ここでも山田は右中間を割る適時二塁打で2打点を挙げた。この日山田が挙げた打点は6。勝利に大きく貢献した。続く宮崎廉人(社3=東京・早実)の三ゴロの間に三塁走者の丸山が本塁に生還し、ダメ押しとなった。投げては6、7回を柴田迅(社2=東京・早大学院)、8、9回を早川隆久(スポ2=千葉・木更津総合)がどちらも2回無失点。危なげない投球で開幕へ上々の仕上がりを見せた。

 打線は制球に苦しむ相手投手の隙を見逃さずに得点を重ね、投手陣は失点を最小限に抑える。守備では細かなミスも見られたが、投打のかみ合った理想的な試合展開だった。このような試合運びが東京六大学春季リーグ戦でもできれば、頂点も見えてくるだろう。昨秋の悔しい思いを胸に、覇権奪回への一歩を今踏み出した。

(記事 宇根加菜葉、写真 村田華乃、金澤麻由)

※記事中の学年は新年度のものです。

関連記事

オープン戦、黒星スタート/駒大戦(02/23)