庭球部

2018.02.16

関東学生新進選手権 2月16日 立大新座キャンパステニスコートほか

2回戦も熱戦続く

 関東学生新進選手権(新進)は3日目を迎えた。この日は各種目2回戦が行われ、早大からも多くの選手が出場。シングルスは男女共に3人がベスト16入り。ダブルスは男子部からは古田伊蕗副将(スポ3=静岡・浜松市立)・町田亮副将(スポ3=吹福岡・柳川)組ら2組、女子部からは1組がベスト8に進出。後半戦を迎えようとしている新進。タイトル争いも本格化してきそうだ。あすは男女シングルス3回戦が行われる。

★安上がネットプレーで躍動

安上は好調を維持している

 シングルスでの優勝を狙う安上昂志(スポ2=福岡・柳川)。今大会は、「プレー質自体はよくなってきている」(安上)と好調を維持している。特に際立つのがネットプレーだ。きょうの2回戦でもフォアハンドで相手を揺さぶり、隙あらば前に詰めてボレーでたたくというパターンでポイントを積み重ねた。また、サーブアンドボレー、リターンダッシュなど速い展開で仕留める攻撃も多彩で、終始相手を翻弄(ほんろう)。6-3、6-4のストレート勝ちでベスト16入りを果たした。それでも、緊張で思ったようなショットを打てなかった場面もあったようで、「試合で出せるプレーが実力だと思うので、そこをもっと上げていかないと」(安上)と課題を口にした。次戦以降も得意のネットプレーに磨きをかけ、まずはあす、ベスト16のカベを越えてみせてほしい。

(記事、写真 松澤勇人)

★女子シングルスは3人が3回戦へ

サービスブレークを許し、悔しそうな表情を見せる森川

 朝一番に行われた廣川真由副将(社3=埼玉・浦和学院)の試合。ストロークで積極的に攻めてくる相手だったが、「ここで離したいというところでしっかりとゲームが取れた」と振り返るように、廣川は冷静に対応した。リターンゲームから流れをつくりファーストセットを奪うと、続くセカンドセットでもしつこく粘るテニスで相手のミスを誘う。大事なポイントをしっかり取り切り、セカンドセットは6-1でゲームセット。3回戦進出を決めた。次戦以降も「一つずつ勝っていきたい」(廣川)と意気込んでいる。

 続いて登場したのは森川菜花(社2=山口・野田学園)。法大の竹内あやか(1年)との試合は序盤から長いラリー戦となる。お互い我慢の時間が続いたファーストセットだったが、相手の粘りが上回り4-6で落としてしまった。それでも、セカンドセットはフォアハンドで積極的に攻めた森川が徐々に調子を上げ、6-4で奪う。勝敗はファイナルセットに委ねられた。ここで攻め急ぐあまり立て続けにミスが増えた森川。逆に相手を勢いに乗せてしまい、差を広げられてしまった。フルセットの接戦の末勝利とはならず。ベスト16入りを逃し、森川は肩を落とした。また、明大会場では今村南(社2=大阪・城南学園)、日大会場で倉持美穂(商1=東京・早実)が3回戦進出を決めている。

(記事、写真 松澤勇人)

★辻・大河組は2度のタイブレークを勝ち切れず

あと1ゲームが遠かった辻(左)・大河組

 立大会場では、辻紘子(教3=東京・早実)・大河真由(スポ2=千葉・秀明八千代)組が2回戦に登場。慶大の中村礼(2年)・大村千乃(1年)組と対戦した。試合は序盤から一進一退の攻防が続く。なかなかサービスキープができず苦しい展開となったが、要所では粘り強さを見せ、タイブレークに持ち込む。しかし、タイブレークでは相手の勢いに押され、7連続ポイントを許し、このセットを落とした。セカンドセットは大河のネットプレーが決まり、先にブレークに成功。4-1とリードを奪ったが、ここから追いつかれてしまう。主導権を握ることはできず、再び突入したタイブレークでは、またもやミスが続く。相手ペアを勢いに乗らせてしまい、最後は追い上げたが一歩及ばず。悔しい敗戦となった。

 日大会場では倉持・山田菜津子(文構1=石川・大聖寺)組が接戦の末、敗退。その一方で、明大会場では藤原早気(社1=大阪・城南学園)・米原さくら(スポ1=埼玉・秀明英光)組が1回戦の勢いそのままに2回戦でも勝利した。

 

 

(記事、写真 松澤勇人)

結果

▽男子シングルス2回戦

●町田亮副将3-6、0-6山崎瑛二(慶大)

〇佐藤祥次1-0(RET)安増篤史(明大)

〇安上昂志6-3、6-4ディサナヤカ玲生(専大)

●木元風哉3-6、6-2、3-6福田真大(慶大)

〇藤井颯大6-3、6-4南翔太(青学大)


▽男子ダブルス2回戦

〇古田伊蕗副将・町田亮副将7―6(4)、4-6、10-6宇佐美皓一・小峰良太(中大)

●松本貫太朗副将・藤井颯大4-6、7-5、1-10服部未蘭・松田広人(青学大)

〇木元風哉・樋口廣太郎6-4、6-2渡邉裕輝・吉井雅(青学大)


▽女子シングルス2回戦

○廣川真由副将6-3、6-1井上若菜(慶大)

〇今村南6-1、6-4宮田みほ(明大)

●森川菜花4-6、6-4、1-6竹内あやか(法大)

〇倉持美穂6-1、6-4竹元琴乃(明大)


▽女子ダブルス2回戦

●辻紘子・大河真由6―7(0)、6-7(4)中村礼・大村千乃(慶大)

●倉持美穂・山田菜津子6-3、4-6、10-12野田凪葉・加藤慧(日大)

○藤原早気・米原さくら6-2、6-4楚南美波・南文乃(亜大)


関連記事

ノーシードから勝ち上がった藤原・米原組が新進優勝!/関東学生新進選手権(2/21)
藤原・米原組が決勝進出!タイトル獲得まであと1勝!/関東学生新進選手権(2/20)
安上と藤原・米原組がベスト4進出!/関東学生新進選手権(2/18)
シングルス3人、ダブルス3組がベスト8入り!/関東学生新進選手権(2/17)
上々の滑り出し。勢いに乗って2回戦へ/関東学生新進選手権(2/15)
新進開幕!頂点まで駆け上がれ!/関東学生新進選手権(2/15)

コメント

廣川真由副将(社3=埼玉・浦和学院)

――今大会はどのような目標で臨んでいますか

これまで初戦突破をしたことがなかったので、まずは初戦で勝つことを目標にしていました。初戦勝てたので、あとは一つずつ勝っていきたいです。

――今大会に臨むにあたって調子はいかがですか

シングルスの練習しかしてないので、体は動けていると思います。

――きょうの試合を振り返って

ここで離したいというところでしっかりとゲームが取れたので、そこはよかったと思います。悪かったところとしては、リードして余裕があるときに自分からダブルフォルトとかで自滅してしまったことがあったので、そこはもったいなかったなと思います。

――次戦以降どんなプレーをしていきたいですか

まずはサーブをしっかり入れて、あとは自信を持ってラケット振って深いボールを入れていければいいなと思います。

安上昂志(スポ2=福岡・柳川)

――今大会にはどのような目標で臨んでいますか

シングルスはあんまり得意じゃないんですけど、でもチャンスはあると思うので、優勝を目指してます。

――今大会に臨むにあたっての調子はいかがですか

最近の練習でフォアハンドの調子がよくなってきて、フォアで攻めてネットプレーに近づけられるようになってきたので、プレーの質自体はよくなってきていると思います。ただ前から試合になるとすごく緊張するタイプで、1、2回戦を終えてまだまだ試合の中でうまくプレーができていないと感じました。相手に助けられながらという感じで、やっぱり試合で出せるプレーが実力だと思うので、そこをもっと上げていかないとなと思います。

――サーブアンドボレーやリターンダッシュなど、前に出るプレーが目立ちました

そうですね。僕はダブルスが得意でボレーが好きなので、ストロークで攻めるよりは前に積極的に出てボレーで決めるというのが僕のプレースタイルだと思っています。他の人がしないようなプレーをして、ネットにつなげてチャンスがあればすかさず前に出るというのをモットーとしてやっています。

――きょうの試合を全体的に振り返って

緊張してあまりストロークはしっかり打てなかったんですけど、その中でもネットプレーにつなげて、ネットプレーでたくさんポイント取ることができたので、その点に関してはやるべきことはしっかりできたかなと思います。でも甘いボールをストロークでたたいたり、振ってつなげたりできていればよかったかなというのは感じます。

――次戦以降への意気込みをお願いします

新進は上位20人出ていないというのはあるんですけど、今までシングルスはベスト16までにしかいったことがなくて、次勝てばベスト8なので、まずはそのカベを越えて、そこからは一戦一戦全力を尽くせればいいかなと思います。