庭球部

2018.02.15

関東学生新進選手権 2月15日 埼玉・立大新座キャンパステニスコートほか

上々の滑り出し。勢いに乗って2回戦へ

 関東学生新進選手権2日目、この日は男子ダブルス、女子シングルスの1回戦が行われた。男子ダブルスは4組中3組が2回戦に進出。女子シングルスは廣川真由副将(社3=埼玉・浦和学院)をはじめ4人が初戦を突破した一方で、下地奈緒(社1=沖縄尚学)ら実力者たちが1回戦で姿を消した。あすは各種目2回戦が各大学テニスコートで行われる予定だ。

★3組がベスト16進出!好スタートを切る

古田(左)・町田組は順当に初戦を突破した

 埼玉・立大新座キャンパステニスコートで、男子ダブルス1回戦が行われ、古田伊蕗副将(スポ3=静岡・浜松市立)・町田亮副将(スポ3=福岡・柳川)組が6-1、6-2で1回戦を突破し、2回戦進出を決めた。ファーストセットは終始圧倒して奪ったが、「簡単な試合ではなかった」と町田が話したようにセカンドセットはいきなりブレークを許す苦しい展開になった。それでも「ダブルスは楽しくやろうと思っていた」(古田)と笑顔で声を掛け合う古田と町田。緊張がほぐれて次第に足が動き始めると、相手ペアのギリギリを攻めるショットも粘り強く拾い続け、自分たちのペースに持ち込んだ。終わって見れば大差での勝利で、古田は「次につながる試合ができた」と振り返った。取材中も笑顔を絶やさず仲の良い二人は、新進では3年連続でペアを組んでいる。自身最高のベスト8、そして優勝へ向けて副将ペアが好スタートを切った。同じく、松本貫太郎副将(社3=東京・早実)・藤井颯大(スポ1=京都・同志社国際)組は6-4、6-0で、一般大会で優勝し勢いのある1年生ペアの木元風哉(社1=埼玉・早大本庄)・樋口廣太郎(スポ1=福岡・柳川)組は6-4、6-4でそれぞれ2回戦に駒を進めた。その一方で、日大会場では佐藤祥次(スポ2=大分舞鶴)・本多映好(社1=岩手)組が惜しくも初戦で姿を消した。

(記事、写真 佐々木一款)

★今村が1回戦突破!下地は接戦を制せず

接戦の末、惜しくも敗れた下地

 日大玉川上水テニスコートでは、2人が女子シングルス1回戦に登場。今村南(社2=大阪・城南学園)は日大の福田夏菜(2年)と対戦した。試合はいきなり相手に3ゲームを連取される苦しい立ち上がりに。自分から立て続けにミスをしていたが、そこで、「とにかくボールをコートの中に入れる」(今村)と意識し、徐々にラリー戦に対応していく。すぐに流れを引き戻し、第7ゲームから4ゲームを連取してファーストセットを奪った。セカンドセットからは、「落ち着いてプレーできた」(今村)と振り返るように、持ち前のフットワークを生かしたテニスで相手を圧倒。ストレート勝ちで2回戦へ駒を進めた2年生は、「一つでも多く勝っていきたい」(今村)と意気込んでいる。

 下地の試合は接戦となった。序盤から柿澤明里(日大1年)のパワフルなショットに押される場面が目立ったが、下地も粘り強いラリーで応戦。ファーストセットはブレーク合戦となったが、第9ゲーム、0-30から追いついた下地が3連続ポイントでキープに成功し、このセットを奪った。そのまま勢いに乗りたいセカンドセット。しかし、第1ゲームで相手にこの試合で始めてサービスキープを許すと、逆に相手に主導権を渡してしまう。調子を上げた相手にエースを奪われるポイントも増え、1-6でセカンドセットを落とした。ファイナルセットも流れが行ったり来たりのシーソーゲームとなるが、ここでも相手の強打に苦しめられる。激しいラリー戦の末、最後は下地が力尽き、敗戦。今季シングルスでも躍進をうかがう下地にとって、ほろ苦い2018年初戦となった。

(記事、写真 松澤勇人)

結果

▽男子ダブルス1回戦

〇古田伊蕗副将・町田亮副将6-1、6-2高柳希旭・大門祐也(中京大)

〇松本貫太朗副将・藤井颯大6-4、6-0金納拓海・本間凌太(東農大)

●佐藤祥次・本多映好6ー7(1)、3-6大石卓和・福田和雅(日大)

〇木元風哉・樋口廣太郎6-4、6-4中村彰宏・高坂裕也(明大)


▽女子シングルス1回戦

○廣川真由副将6-2、6-1大石真珠美

〇今村南6-4、6-1福田夏菜(日大)

○森川菜花4ー6、7-5、7-6(3)髙橋里佳(専大)

〇倉持美穂ー林彩子(法大)

●下地奈緒6-4、1-6、5-7柿澤明里(日大)

●山田菜津子3ー6、3-6斎藤佳穂(明大)

●米原さくら1ー6、4-6西里夏子(山学大)


関連記事

ノーシードから勝ち上がった藤原・米原組が新進優勝!/関東学生新進選手権(2/21)
藤原・米原組が決勝進出!タイトル獲得まであと1勝!/関東学生新進選手権(2/20)
安上と藤原・米原組がベスト4進出!/関東学生新進選手権(2/18)
シングルス3人、ダブルス3組がベスト8入り!/関東学生新進選手権(2/17)
2回戦も熱戦続く/関東学生新進選手権(2/16)

新進開幕!頂点まで駆け上がれ!/関東学生新進選手権(2/15)

コメント

古田伊蕗副将(スポ3=静岡・浜松市立)・町田亮副将(スポ3=福岡・柳川)

――きょうの初戦で意識していたことはなんですか

町田 試合前はあまり考えていなかったんですが、試合が始まってからは二人で声を出していこうと話して、そこは意識していました。

古田 僕は本当に久しぶりのダブルスだったので、声を出して足を動かすことと、重心を低く保つことを意識していました。

――きょうの試合の振り返りをお願いします

町田 スコアは結構離して勝つことができたのですが、セカンドセットは相手に先にブレークポイントを奪われたりして、簡単な試合ではなかったです。初戦ということもあって固さがありましたけど、二人で声を出してほぐしていって、最後はいい形で終われてよかったです。

古田 緊張がある中でこのスコアで勝てたのは初戦としてはよかったですし、次につながる試合ができたかなと思います。

――プレー中も笑顔が絶えないという印象を受けましたが、楽しんでプレーをしていましたか

町田 はい。普段は二人で話すことはないんですが、ダブルス中だけでも楽しくと思って無理に笑顔を作っていました。

古田 普段はドライな関係で全然仲良くないのでダブルスだけでも仲良くしようと思っていました。冗談で、ダブルスは楽しくやろうって思ってます(笑)。

町田 僕がふざけすぎるとすぐ怒るんで、これでも抑えた方です。

古田 うるせえなあ(笑)。

町田 僕楽しくなっちゃうんですよ。ダブルスだと特に2人でやっていて、応援もいるのですぐテンションが上がってしまうんですけど、彼(古田)はそれがあまり好きではないみたいで・・・。

古田 楽しくやるのはいいんですけど、ある程度の節度は守ってほしいですね。

町田 価値観の相違ですね。

古田 こんな感じで楽しくやってます。

――今回のペアリングの意図はなんですか

古田 最初はペア変えない予定だったんですけど、1年生が一般の大会で勝っていたのでこのペアになりました。兄のような気持ちで見守ってます(笑)。

町田 1年生頑張れっていうことですね。

――今大会の目標をお願いします

町田 新進は毎回このペアで出ていて、2年前はベスト16、昨年は初戦敗退だったので、ことしは第7シードとしてベスト8には入りたいですね。

古田 優勝します!

今村南(社2=大阪・城南学園)

――今大会にはどのような目標で臨んでいますか

第一に、一つでも多く勝ってポイントを稼ぎたいというのがあって。それが3年になってからの春関(関東学生トーナメント)、そしてインカレ(全日本学生選手権)出場につながってくると思うので、まずは一つずつ勝ち進むというのを目標にやっています。

――ダブルスはきのうの1回戦で敗退してしまいましたが、その分シングルスに懸ける思いもあるのでしょうか

1日でも長く選手でいたいというのがあるので、私は出られる試合は限られてくるんですけど、そこで1日でも長く残りたいので、シングルスに懸けて頑張っていきます!

――ファーストセットは立ち上がりに3ゲームを連取されましたが、そこからどう立て直したのですか

球が浅くなってしまっていたのと、あとは微妙なアウトが多かったので、とにかくたくさんボールをコートの中に入れようと思って、際どいところは狙い過ぎず、まずは自分のできる範囲でやっていこうと意識しました。

――セカンドセットは動きが良くなった印象です

セカンドからは気持ちが吹っ切れましたね。このままいけば相手もミスしてくれると思ったので、勝てるなと思って、落ち着いてプレーできました。

――次戦以降への意気込みをお願いします

優勝目指して頑張ります!