卓球部

2018.01.19

全日本選手権 1月19日 東京体育館

上村、緒方が4回戦を突破! 阿部は強豪相手に一歩及ばず

 全日本選手権は4日目を迎え男女単複4回戦に選手たちが挑んだ。男子シングルスは上村慶哉(スポ4=福岡・希望が丘)、緒方遼太郎(スポ1=エリートアカデミー/帝京)、女子ダブルスでは田中千秋(スポ4=愛知みずほ大学瑞穂)・加藤結有子(スポ1=東京・エリートアカデミー/帝京)組がそれぞれ突破を決めた。一方阿部愛莉(スポ3=大阪・四天王寺)は単複共に敗れ全日本の舞台から姿を消した。

 女子ダブルスに登場した田中・加藤組は3回戦を突破し4回戦に駒を進めた。序盤から集中力の高いプレーで確実に点を重ね、第1、第2ゲームを連続で先取する。流れにのりたいところだったが相手も粘り、転機となった第3ゲーム。9-9から先に得点しマッチポイント握るが要所で攻めきれない。逆転でゲームを奪われ勝負はフルゲームにもつれこむ。最終ゲームは一進一退の展開となるが、打ち合いになっても冷静さを失わない。ミスをせず、チャンスボールを次々に決め接戦を制した。阿部愛莉(スポ3=大阪・四天王寺)、徳永美子(スポ3=福岡・希望が丘)組はカットマンのペアと対戦。打点の速い卓球で攻めていくが、攻撃と回転量の違うカットを使う相手に苦戦を強いられる。最後まで攻略することはできず、敗れた。

ベスト16入りした田中・加藤結組

 あと一歩で金星を逃した。女子シングルスでただ一人勝ち残った阿部は世界ランクで4位につける石川佳純(全農)を相手に超攻撃卓球を披露。先に攻めこみ、ブロックやツッツキを混ぜることなく次々に球を打ち込んでいく。しかし、百戦錬磨の石川に落ち着いて対処され、逆にミスを増やしセットカウントは0―2となる。焦ってもおかしくない展開だったが、前陣速攻のプレーに戻すと、本来の実力を発揮。「3球目攻撃で攻めていけた」(阿部)。次々にスマッシュを決め、セットカウントをゲームオールに戻す。第5ゲームも勢いそのままにゲームポイントを握るが、石川が追い込まれてから得意のサーブで崩し逆転。ゲームを落とし、流れを失った阿部に盛り返す力は残っていなかった。善戦はしたものの、最後は4回の全日本選手権優勝を誇る石川の底力に屈した。

五輪メダリストを相手に健闘した阿部

 男子シングルスは上村慶哉が出場。最初は相手の台上プレー、速攻に押しこまれたが徐々に対応する。先に攻められても後ろに下がり打ち合いを増やし、自らの得意の形に持っていく。終始圧倒し、勝ち切った。緒方はシード選手として4日目が初の試合となった。しかし、初めから動きが悪く、3ゲームを連続で落とす。「自分の卓球ができていなかった」(緒方)。窮地に立たされたが、慌てない。打球点の速いドライブを軸としたストレート攻撃で立て直す。一気に4ゲームを取り返し、劇的な逆転劇を演じた。

フルゲームの接戦を制した緒方

 大会5日目は水谷準(木下グループ)、張本智和(エリートアカデミー)ら各年代屈指の実力者が顔を揃える。緒方はことしの世界卓球でベスト8にすすんだ張本、上村は強豪の実業団選手との対戦となった。「正直相手のほうが格上」(緒方)。厳しい戦いになることが予想されるが、日本一を決める舞台に明日以降も踏みとどまれるか。早大勢の奮闘に注目だ。

(記事 喜柳純平、写真 吉田寛人)

結果

▽男子シングルス

4回戦

◯上村4―1大矢(東京アート)

◯緒方4―3森本(協和発酵キリン)

●硴塚2―4松山(愛工大)

▽女子シングルス

4回戦

●阿部2―4石川(全農)

▽女子ダブルス

3回戦

◯田中・加藤結組3―2宮崎・宮野組(四天王寺高)

4回戦

◯田中・加藤結組3―2加藤知・加藤杏組(十六銀行)

●阿部・徳永組1―3佐藤・橋本組(ミキハウス)

阿部愛莉(スポ3=大阪・四天王寺)

――試合を振り返っていかがですか

惜しい試合ではあったんですけど、最後は相手の方が粘り強くて、何とかしようという感じだったので、それに対応できる戦術やメンタルが足りなかったことが敗因かなと思います。

――試合前にはどのような意気込みで臨まれたのでしょうか

シングルスでは初対戦だったので、作戦とかは立てていなくて、とりあえず自分のできることを最大限出そうと思って入りました。

――序盤はサーブが効いていましたが

相手も初戦だったので、多少緊張もあったのかレシーブから攻めてくることはなかったんですけどそれをうまく三球目攻撃で攻めていけたのでそこは良かったかなと思います。

――石川選手の強さはどのような部分に感じましたか

技術というよりも、競った場面での粘り強さだったり、戦術の切り替えが素早かったりしたので、やはり世界で戦っている選手なんだなと感じました。

――試合を通して収穫はありましたか

自分が思っていたよりも通用することも多くて、まだまだ勝ちには遠かったですけど、手応えはあったのでこの試合で学んだことを次に生かしたいと思います。

緒方遼太郎(スポ1=東京・エリートアカデミー/帝京)

――試合を振り返っていただけますか

この試合が初戦だったので出だしの部分がすごく悪くて、相手もどんどん前で攻めてきたのでなかなか自分の卓球ができなかったんですけど、第3ゲームの終わりぐらいからやっと自分の卓球ができてきて結果的にうまく逆転できたのであしたにちょっとはつながる試合だったかなと思います。

――途中で戦術的な変更はあったのでしょうか

相手が思ったより台に近いところで振り回してきたので0-3になったところで、思い切ってラリーになったらストレート攻撃をするようにしたら自分の展開になっていきました。

――あすは張本智和(JOCエリートアカデミー)選手との対戦です

正直相手のほうが格上なので、思い切りやって、とりあえず1ゲーム取れるように頑張りたいと思います。