卓球部

2018.01.16

 全日本選手権 1月16日  東京体育館

全日本が開幕!混合ダブルスはまさかの敗退

 日本一をかけて熱い戦いが繰り広げられる全日本選手権(全日本)がことしも開幕した。大会2日目のこの日は、混合ダブルスと女子ダブルスに早大勢が登場。混合ダブルスでは、前回大会でランク入りを達成した田中千秋(スポ4=愛知みずほ大学瑞穂)・田中佑汰(愛工大名電高)組、そして徳永美子女子主将(スポ3=福岡・希望が丘)・吉田大輔(中大)組がともに3回戦で敗退する波乱の幕開けとなった。

 混合ダブルス3回戦、田中千・田中佑の姉弟ペアは高校生ペアと対戦した。序盤は田中佑の鋭い両ハンドドライブや、田中千の厳しいコースへのバックハンドドライブなどで得点し、第1セットを先取する。しかし、第2セット以降、ミスからの失点が重なりなかなか流れを掴むことができず3セットを連取され、ゲームスコア1-3で敗れた。昨年は田中千が主将として女子部を2冠に導く活躍をし、田中佑は世界ジュニア選手権に出場し、男子団体銀メダルに大きく貢献するなど田中姉弟にとって充実した一年となった。だからこそ全日本の舞台で成長した姿を見せたかったところだが、3回戦敗退という悔しい結果に終わってしまった。

混合ダブルス3回戦で姿を消した田中千・田中佑組

 女子ダブルス2回戦では田中・加藤結有子(スポ1=東京・エリートアカデミー/帝京)組が上々の滑り出しを見せた。ランク入りという目標を掲げて、今大会に向けて練習を重ねてきた田中・加藤結組。混合ダブルスで敗れ、さらにこの日3試合目となる田中の心身の疲労が心配されたが、ルーキーの加藤結が伸び伸びとしたプレーを見せて田中を盛り立て、序盤から試合のペースを握った。昨年の関東学生秋季リーグ戦では不調に苦しんだ加藤結だが、全日本に向けてしっかりと調整して自信と、そして持ち前の笑顔が戻ってきた。試合を通して加藤結がチャンスを作り田中が決める、という得意のパターンを軸に得点を重ね、危なげない勝利を収めた。

女子ダブルス2回戦で快勝した田中・加藤結組

 大会3日目からは男子・女子シングルスが行われる。早大からは、全日本学生選抜選手権で優勝し勢いに乗る阿部愛莉(スポ3=大阪・四天王寺)や、早大の選手として最後の全日本となる上村慶哉(スポ4=福岡・希望が丘)など男女計12人が出場する。全国の猛者たちを相手に早大勢がどこまで食らいつくことができるか、あすも熱戦から目が離せない。

(記事、写真 吉田寛人)

結果

▽混合ダブルス

2回戦

○徳永・吉田(中央大)組3―0佐藤(秋田商高)・奥山(秋田商高)組

○田中千・田中佑(愛工大名電高)組3―0髙橋(東経大)・関口(青藍泰斗高)組

3回戦

●徳永・吉田組2―3大西・小脇組(関学大)

●田中千・田中佑組1―3沼村(野田学園高)・中村(岩国商高)組

▽女子ダブルス

2回戦

○田中・加藤結組3―0石山(金城大)・川崎(東洋大)組

コメント

田中千秋(スポ4=愛知みずほ大瑞穂)・加藤結有子(スポ1=東京・エリートアカデミー/帝京)

――2回戦の試合を振り返ってみていかがですか

田中 結有子ちゃんが、初戦とは思えないようなプレーをしていて、レシーブや4球目(攻撃)など細かいところまでミスが少なくて、私は3試合目だったんですけど、私の方が初戦みたいな感じになってしまいました。(笑)

加藤結 私はチャンスを作ることしかできないんですけど、田中さんがそのチャンスを待ってしっかり決めてくれて点数に結びついたので、お互いの役割がしっかりと果たせていたかなと思います。

――今大会の女子ダブルスでの目標を教えて下さい

田中 ランク入りを目指しているんですけど、実業団の選手や世界で活躍する選手もたくさん出場しているので、強気で向かっていけるかが大事かなと思います。

――大会に向けて練習は十分に積めましたか

田中 部の練習には私もずっと行っていたので細かく練習できました。

加藤結 私もしっかりダブルスの練習ができていたので思い切っていけたかなと思います。

――田中選手は混合ダブルスの敗戦からの切り替えはできましたか

田中 混合ダブルスはやはり戦ってみないと分からないことだらけなので、しっかり切り替えて女子ダブルスはしっかりと向かっていこうと思っていました。

――加藤結選手にとって秋のシーズンは苦しい時期でしたが

加藤結 秋はすごく悔しい思いをしたので、全日本に向けて自分のプレーを一つ一つ確認して調整をしてきました。

――3回戦以降に向けて意気込みを聞かせて下さい

田中 ここからは簡単にはミスをしてくれないような相手ばかりなので、自分たちから積極的に仕掛けて攻めていくという展開をできるように頑張りたいと思います。

加藤結 どんどん相手が強くなっていくので、私たちが強気なプレーで向かっていけたらいいかなと思います。