スケート部

2017.12.22

第86回全日本選手権 女子SP 12月21日 東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ

永井、笑顔でFS進出を決める

 涙のフリースケーティング(FS)から1年。笑顔の永井が全日本選手権(全日本)に戻ってきた。来年2月に開催される平昌五輪への出場枠を懸けた4年に一度の特別な場となっている今大会で、早大のルーキーが後半グループで見事な演技を披露した。

 第4グループの4番目に登場した永井。コーチと言葉を交わし、リンクの中央へ向かった。会場に音楽が流れると、滑らかな動きで演技を始める。一気にスピードを加速し向かうのは、冒頭のトリプルトーループ-トリプルトーループ。最初のジャンプがオーバーターンとなったが、セカンドジャンプにトリプルトーループを付け最小限のミスで抑えた。次に予定されていたのは、フリースケーティングに進むためのかぎとなるトリプルループだ。「絶対に(脚を)締める」と思って跳んだというこのジャンプは加点の付く出来で成功させる。またレイバックスピンでは、東京選手権、東日本選手権に続いてレベル4を獲得し着実に点数を獲得すると同時に、その優雅さでプログラムを彩った。

美しいレイバックスピンを披露

プログラム中盤に迎えるステップシークエンスは、レベル2となった。しかし丁寧かつ壮大な滑りで自らの魅力を大観衆にアピールしていく。そして曲が盛り上がりを見せる演技後半のダブルアクセルも成功させ、その流れのまま至高のスパイラルを披露。コンビネーションスピンでもレベル4を獲得し、最後まで滑りきった。

後半のダブルアクセルも決めた

  ここまでの道のりは平坦ではなかった。環境が大きく変化する中でスケートを一から見直し、自分と向き合う。そしてブロック大会を経て東日本選手権女王となり、今大会への出場権をつかみ取った。一番滑走で登場するFSでは「この場に立つことができて嬉しいと思えることを感謝して滑る」と意気込む。この1年で大きく成長した19歳は、FSでも再び笑顔を見せてくれるだろう。

(記事 糸賀日向子、写真 石黒歌奈恵)

結果

▽女子SP

永井優香 20位 55.25点

コメント

永井優香(社1=東京・駒場学園)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

きょうは、ちょっと失敗はあったんですけど最小限に抑えてFSには進めそうなので良かったかなと思っています。

――演技前にコーチと笑顔で言葉を交わしているように見えたのですが、どういうお話をされましたか

緊張していてあまり覚えていないんですけど…今ちょっと覚えてないです。

――滑る前は緊張が大きかったですか

やっぱりどこかで緊張していていたかなと思います。

――コーチが変わったり、環境が変わったと思うのですが、そういう点に関して今季はどのような印象ですか

手応えとかはまだあまり分からないです。でもすごく前向きにスケートに取り組むことができているので、そんなに辛くないシーズンになったかなと思います。

――何か新しい気持ちになっているのでしょうか

そうですね。コーチ以外にも学校であったり、他にも色々と環境が変わったので心機一転という感じで伸び伸びと練習などもできてきたかなと思います。

――全日本選手権に向けてどのような目標でやってきましたか

東(東日本選手権)が終わった後とかは全日本が楽しみという気持ちだけでした。でも直前になってやっぱり不安な部分とかも出てきて。きょうもちょっと不安はあったんですけど、色々なことを経験してきてこの試合もその一部に過ぎないんだろうなと思いました。だからそんなに気負わずにできたかなという感じです。

――スケート以外のことも経験の一つとして整理していく為の、こつはありますか

気持ちを整理するのは苦手なほうだと思います。でも試合だけでなくて、今まで自分が選んできたこととかも最初から決まっていたことなのかなとか思って、あとは最終的には流れに任せてやるだけかなと思って色々なことをやっています。

――ループを朝の公式練習でも重点的に練習していたと思うのですが、試合のループを振り返っていかがでしたか

一本目がオーバーターンはあったんですけど、回ったのでちょっと安心しました。でも二本目をパンクしたらあさって(のフリー)が危ないと思っていたので、絶対に締めると思っていました。本番前に「友達にどうしたらパンクしないかな」という話をしたら、「脚を締めればいける」って言われました。だから「絶対脚締めるぞ」とその子のことを思って頑張りました。できて良かったです。

――調子に波があるというお話でしたが最近の調子はいかがでしたか

二週間前と先週の週の初めのほうはすごく調子が良くて、「きょう全日本だったらバッチリだったのにな」みたいな。気持ち的にもすごい乗っていたし、「ジャンプもなんでこんなに跳べるんだろう」っていうくらい跳べていたので良かったんです。でも先週の後半くらいから突然あまり跳べなくなりました。ひどく跳べなくなる訳では無かったので、どうにかなると思ってやってきたんですけど、こっちに来てもそんなに(調子が)上がらずきょうを迎えてしまいました。だからちょっと悔しいような気もするんですけど、インカレ(日本学生氷上競技選手権)くらいには良くなるかなと思います。

――きょうの演技の手応え、感覚はいかがでしたか

緊張してところどころで脚が震えてしまったりとか、スピードが最初の方とか無かったりしたので、そういう部分がまだ弱いなと思いました。それと同時に、まだ(演技を)まとめることができた方だとは思うので、一歩一歩今後もステップアップ出来たら良いなと思いました。

――調子は今どれくらいなのですか

中の中くらいですかね。調子が良い時はもっとできる自信があるので、その自信がある限りは上を目指すことができればいいなと思います。

――FSに向けての意気込みは

FSを滑ることができるのはすごく嬉しいです。だから緊張すると思うんですけど、この場に立つことができて嬉しいと思えることを感謝してただ滑るだけだと思います。