バドミントン部

2017.11.30

全日本総合選手権 11月29日 駒沢オリンピック公園総合運動場体育館

全員が1回戦を突破!あすの2回戦へ駒を進める

  ついにこの日からは全日本総合選手権(全日本総合)の本戦が始まった。本戦には全日本学生選手権でベスト4以上に入らないと出ることができない。しかし早大からは全種目で出場者を輩出。ことし1年間が躍動した年であったことを象徴した。また、この日の出場者全員が1回戦を突破するなど、ワセダの活躍が光った。

 昨年に引き続きシングルスに出場した古賀穂主将(スポ3=福島・富岡)。序盤は相手の勢いに押され、点数を先行される。しかし中盤から古賀の得意とする粘り強いラリーと強烈なスマッシュが炸裂。連続得点を決めて相手を突き放し、第1ゲームを取った。続く第2ゲームでは、スタートダッシュに成功。一時は9点差をつけるなど古賀の勢いは収まらず、そのまま勝利をつかんだ。また、日本ユニシスの岡村と組んで出場した小野寺雅之(スポ1=埼玉栄)とミックスダブルスに出場した古賀・中西貴映(スポ4=埼玉・大宮東)組も実業団の選手をストレートで下した。

昨年果たせなかった2回戦進出を決めた古賀

 シングルスに出場した中西。試合は大学生王者と高校生王者の直接対決となり、ファイナルゲームにもつれる接戦となる。しかし中西が大学生王者としての意地を見せ、白星を挙げた。ダブルスの中西・吾妻咲弥(スポ1=福島・富岡)組は第1ゲームを先取し、幸先の良いスタートを切る。一方、第2ゲームでは相手が実業団としての意地を発揮。好レシーブが連発しなかなかスマッシュを決めさせてもらえず、長いラリーが多くなる。苦しい試合展開の中で点数を挙げることができず、このゲームを落とした。しかし迎えたファイナルゲームでは、「攻撃しすぎず守りに徹底して我慢とアドバイスを頂いてすこしラリーが楽になりました。」と吾妻。長いラリーに少しずつ対応し、前半を11―6で折り返すと、後半は相手に流れを渡すことなく21-11と大差をつけて勝利を決めた。

接戦を勝ち取った中西・吾妻組

 昨年は2回戦進出者がゼロだったが、ことしは出場選手全員かつ全種目で1回戦を突破。明日からは世界で活躍する日本ランキング上位者との戦いが始まる。格上相手にどこまで力が通用するのか。あすも早大の活躍が楽しみだ。

(記事、写真 佐藤菜々)

結果

▽男子シングルス本選1回戦

古賀穂主将(スポ3=福島・富岡)〇2-0(21-14、21-13)

▽男子ダブルス本選1回戦

小野寺雅之(スポ1=埼玉栄)・岡村(日本ユニシス)〇2-0(21-15、21-19)

▽女子シングルス本選1回戦

中西貴映(スポ4=埼玉・大宮東)〇2-1(21-16、14-21、21-18)

▽女子ダブルス本選1回戦

中西貴映(スポ4=埼玉・大宮東)・吾妻咲弥(スポ1=福島・富岡)〇2-1(21-15、16-21、21-11)

▽ミックスダブルス本選1回戦

古賀穂主将(スポ3=福島・富岡)・中西貴映(スポ4=埼玉・大宮東)〇2-0(21-18、21-15)

関連記事

全日本総合選手権が開幕!格上に対し戦いを挑む/全日本総合選手権(11/29)

コメント

吾妻咲弥(スポ1=福島・富岡)

――きょうは、どのような気持ちで試合に臨みましたか

大学の試合とは違ってチャレンジするだけだと思って臨みました。

――関東新人選手権の際はコンディションが良くなかったとおっしゃっていましたが、きょうはいかがでしたか

自分の今できることを全力で出し切ろうと思っていました。コンディションは体も良かったですし何より勝ちたかったです。

――実業団の方が相手で苦労した点や、いつもと違うと感じた点はありましたか

自分が攻撃しても決まらないので我慢勝負でした。久々にこんなにラリー戦になってすごくきつかったです。我慢するしかないと思いました。そして何よりパートナーの先輩に助けられました。

――ファイナルゲームでは大差をつけて勝利しましたが、何か改善したことなどありますか

攻撃しすぎず守りに徹底して我慢とアドバイスを頂いてすこしラリーが楽になりました。最後は先輩に声を掛けて頂き我慢すると思いプレーしました。

――2回戦進出という結果についてはいかがですか

自分のやるべきことは変わらないのでやるべきことできることを出すのみです。そして先輩と組める最後の試合なので試合中にいろんなことを吸収したいです。

――あすに向けて意気込みをお願いします

勝つために2人でできることを全て出しきりたいです。